衣類の交換会

豆まきしましたか?
今朝は、謎の(たぶん軽いメニエールなのですが)
めまいになって、寝ていてふらふら(って変だけと)
ぎぼぢわるぐて起きられず、一日休息に。
五苓散飲んで、お水をたくさん摂って。
晩までには、何とか豆が撒けるくらいになりました。
おにはーそとーー。(弱め)

昨日一昨日の雪は、今度は積もらず、むしろ雨の時間が
長かったので、こないだの雪も解けました。

そのこないだの大雪の日は、電車に乗って、
「消費生活センター」というところへ出かけたのでした。

f0367170_23161844.jpg



自分の「好きだけど着る機会が減少」な服などを
持ち込んで、集まった中から欲しいものは少しお金を払って
持ち帰る、というシステムです。
初めて行ったので、ドキドキして行ったら、会議室に
ボランティアなのでしょうか、「中高年の皆さま」な女性たちが
引き取ったり並べたり、してくださっていました。
曰く「いつもは凄い並んじゃうのよ、今日は雪だからねぇ」とのこと。
私の持って行ったものも、すぐに部屋に並んだハンガーやデスクに。
イヤーマフは、その係りの方が気に入られて、
その場で仕舞っておられました(笑)

あまり着ないシャツやあんぱんまんになって履けないパンツとか、
出してきました。
洋服、安物しか着ないけれど、好きなので、どうしても増えます。
買取に出したり、救世軍みたいなのに出したり、していますが、
この方法も活用しよう、と思いました。

雪の中、持てるだけ持って行って、やっと減らしたのに、
なんでか、不思議なセータを貰ってきてしまった・・・。

f0367170_23161895.jpg



こんなの。
生まれてこの方、着たことも持ったこともないタイプのものです。
なんとなくこういう、割り切れないものが、近年気になります。
きちっと割り切れるものが好きでした。ずっと。
このところ、なんといえばいいのか、フリーダム傾向ですw
きめきめの服とか、なんというか、むしろダサイ・・・
と思ってしまう・・・。

f0367170_23161889.jpg




モヘアで、アクリル。ざぶざぶ洗えます。
女性用なのか、男性用なのかもわからない。
タグは韓国製となっていました。
「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」という映画で
彼女が着ていたセータに好きなのがありました。
グレイっぽいシンプルなセータなのに、
両方の袖口だけ、いろんな毛糸でランダムに編んである、
そういうセータでした。いいなー、と思いました。
それにちょっと通じる魅力でした、このニット。
100円払って、頂いてきて、洗って着ています。
消費生活センター主催ということは、いろんな町でやってるかも。
持ち物整理の一助になりますから、調べてみてください。












第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by tsunojirushi | 2018-02-03 23:41 | 日々の出来事 | Comments(2)

図書館へ紙袋を

先日図書館に行ったとき、
紙袋の箱(借りた本を持ち帰るのにご自由にお持ちください)が
すかすかなのを見て、窓口の方に、
「これは、持ってくると役に立ちますか?とお尋ねしました。
すると、「是非」というお返事でしたので、
さっそく、

f0367170_15405636.jpg



出してみて、本によさそうなサイズのものを選び、
持っていく前に、記録写真を撮ってみました。
頂いたもの、買ったもの、懐かしいもの・・・これも思い出。
丁が参加しました。こういうとこによく見切れたがる。
君は寄付しないからね。

昨日、晴れたので自転車に乗って持っていきました。
とても、喜んでいただけて、良かったなぁ、と思う。
ずっと前から、これ、こうしたいと思っていました。
昭和の人だから、傷んでいないものは捨てられない。
でも、溜め込んで活かせないでいたらただのゴミ。
役立つ場所へ。とても気持ちが良かったです。
いろんな問題を抱え、いつまで生きられるか、
とかんがえる今、
欲しいものがあっても、「死んだらゴミ」と唱えます。
それでも欲しいのか、真剣にかんがえるべきだと。
ちゃんと跡継ぎがいらして手渡せる方は良くても、私
のような者は、引き継ぎも、欲しがる人も居ないので。

ほんのちょっとすっきりした後、頑張ってそのまま自転車こいで
駅四つ先の都会(当社比)まで。
(注:うちの村の電車は間隔が狭いのです、念のため)

遅いお昼に、せっかく都会に来たから、と

f0367170_15405631.jpg



石焼きピビンバいただきました。何年振りだろうか。
たぶん、10年ぶりくらいです。なんと・・・。
でも、熊谷守一の、30年間でたった一度、
家の前の道に出ただけ。には負ける。元祖引きこもりだ。

韓国のごはん屋さんには、とうもろこしのお茶がある。

f0367170_15405774.jpg



なんとなく好き。そして、このお茶は、マキヲの
肉球のにおいがします(え)。
肉球フレーバー、って飲むたびに思います。
いや、もちろん私見です。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-12-10 16:04 | 日々の出来事 | Comments(4)

わらしべFRIL

楽天のやっているフリマ「FRIL(フリル)」を始めてみました。
活用できていないもので新しいものなどを売って、
中古品のおもしろいものをちょこっと買ったりしています。
ヤフオクにも出したりしましたが、フリルの方がシンプルで簡単です。

昔買って着ていない無印のパーカを

f0367170_17555558.jpg



こんなのでした。岡山県の方に買っていただいて、
「まいどありー」
そのお金で、

f0367170_17555590.jpg



目黒の方からこのポットを買いました。
昔持っていたものとおんなじものでした。
でも、このノベルティ仕様が良い。
何しろ、ノベルティにめっぽう弱いので。

ネットで買ったジュニア用リュック。
猫(違う)が描いてあったから。

f0367170_17555515.jpg



お財布とかちょっと入れて背負ったらいいかな、と
かんがえたのだけど、やっぱり背負う部分が華奢だった。
のを、那須の方の方に買っていただいて、
(遠足用だって。かわいいねぇ)
そのお金で、狙っているのが、

f0367170_17555612.jpg

この帽子。まだ買っていません。検討中。
くたっとした恰好がいいな、と。

まだまだそんな程度なんだけれど、でも、
使わない物がどこかで生きて、
誰かの使わないものを使ってあげられる、って、
なんかこう、とても気持ちが良いです。



More は近況です。



More
[PR]
by tsunojirushi | 2017-10-28 18:16 | 日々の出来事 | Comments(2)

美味しかったハガキ

究極に「ないものをあるもので」なネタです。しばらく前に、レトルトカレーを頂きました。今たいへん人気のある「ご当地カレー」ですね。友人を介しお二方から、わたくしのカレー好きを認定くださっての賜りものでした。
一個は佐賀県のビーフカレー。一個は石川県のトマトカレー。しばらく前に千葉県のピーナッツカレーも頂きました。これは直接感想とお礼を申し上げたのですが、遠方ですとそうもいかず。そこで。今回はお便りを出しました。「感想ハガキ」を作って出す、です。
まず、パッケージからハガキのボディを切り出す。

f0367170_17575994.jpg

そしたら、ハガキ用の用紙を糊で貼って裏打ちする。しなくても書けますけれど、色が大体にして再生紙の色なので、ちょっと美しく。そして頑丈に。

f0367170_17575899.jpg

美味しかった感想と御礼をしたためて。切手を貼って投函。

f0367170_17575951.jpg

佐賀県のカレーは、もっと濃厚なのを予想していたら、意外にも非常に優しいまろやかなカレーでした。石川県のはトマトの旨みが効いてこれはなかなかの名品です。
パッケージ、ほんとにマニアな方はきちんと保存なさるのでしょうが、そこまでは。しかし、捨ててしまうのでは惜しい。しっかりした紙だし・・・と考えていて、「美味しくいただきましたハガキ」にしたら、少しく活かされて良いのではないか、と発想しました。

年賀状の売れ行きは年々減って大変そうですが、ハガキって、封書ほどの圧迫感がなく、郵便受けにヒラリと入っていると嬉しいものです。私は好き。そうそう、大好きなハガキがあります。鎌倉は六地蔵の古書店「公文堂」さんで売っているもの。

f0367170_18224146.jpg

夏に使う前に記念撮影したもの(出すとなくなるので←当たり前)。「手摺木版はがき」というようですが、鎌倉に行くと買ってきます。ひとつひとつに作家さんの落款があるのですが、私はこの「朝」の落款のが好きです。センスが素晴らしい。いろいろある中からなんとなく「いいな」と思うものを手に取ると、同じ落款なのです。作者など詳しいことを調べたもののよくわからず、引っ込み思案なので本屋さんにも訊けず。ひっそりとファンをやっています。本屋さん自体も、とても素敵なのです。また鎌倉行きたいな。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-11-05 18:26 | 美味しいもの | Comments(0)