父の燕と縫った帽子

父は燕が来るのを楽しみにしています。毎年毎年。もう10年以上も、春にやってくると玄関に巣をかけるのを楽しみに待ち、入居者が決まって子育てが始まると、成長記録を入魂で写真に収めてきました。いろいろ面白い生態の話も聞きました。
ここ数年は、「来たけどやめちゃった…」ということが続き、寂しがっていたのですが、今年は、「抱卵」という名前が付いた写真がメールで届きました。

f0367170_14332833.jpg


写真自体は、被写体が警戒しないように、まだ玄関の中側から撮っているので良くはない。今までの写真にはもっと良いものはいくらもあるんだけど(超グロいのもある)、せっかく2017春版なので、新鮮なものを。夫婦で卵を温めているもよう。
お向かいのおうちにも巣があって、そちらではなんと、卵を残して親が出奔(正確には片方が出奔して交替制の抱卵続けられず)、別のカップルがやってきて、卵はどけちゃって、自分たちの子育てを始めたそうです。シビアだけど、自然の中の営みは興味深い。

さて、離れた場所にいる父の雛(もういい年)である私は、近年、帽子を縫っています。最初に縫ったのはこれ。


f0367170_13430827.jpg


自分のです。本当は平面の物をたたんでクラウンを作る帽子だけど、どうも高さがありすぎるので、中からぐるっと摘まんで縫い、低く。そのため、不思議なデザインになっています。が、かぶりやすく、愛用してい・・・たら、殿様が「縫って」というので好きな生地をご用意されたし、と言いました。
ヒッコリーストライプのデニムを指定されたのですが、裁ってみたら、裏側の方が良い。そこで、全部、生地の本来の裏を表にして仕立てました。(縫っていてちょっと混乱するw 中表って、えーと、ってなる)


f0367170_13430807.jpg


↑ 製作途中。 何しろ頭が巨大。聞いて驚け、60㎝超だ!!! そんな人いるのか、と思った。いや、いらっしゃると思いますすみません、大きな頭脳の人なんだと思う、発達しているということだ。わたしは並以下の脳みそなので57㎝弱です。で、本当に入るのか、この ↑ 段階で試着してもらった。かぶれないと困るので。


f0367170_13430946.jpg


で、仕上げた。かぶれました。60㎝超えだとなかなか売ってないって言ってました。じゃあ、まぁ、良かった。
・・・・それで頼んだんだな。うん。


父の昨年の誕生日に、ふと思いついて、父にも縫ってあげました。

f0367170_13430747.jpg


とうちゃんは、燕が好きだから、燕の刺繍をしてあげました。

f0367170_13430983.jpg


生地はその昔、三茶の路上で買ったデニム。カバンの記事←ここで縫ったバッグと同じ生地です。
送ったら大変喜んで、毎日かぶってもうダメにしてました。早! また縫うか・・・。

ずっと元気でやってきた父がさすがに年齢からそうそう元気ではなくなって、何より本人が、その状態に慣れるのが大変だった、そんな感じの昨年来です。今は、少し落ち着いてゆっくりやっているようです。
先のことをかんがえると、ふがいない子どもの自分のことを主に、すごく悩むけれど、悩みすぎても仕方ない、と自分に言い聞かせ、まずは今年の「燕通信」を楽しみにしているところです。
どんな人も、世の人みんな、生きるのは大変だ、と日に何度も、かんがえます。たとえ、表面上はそう見えていなくても。


[PR]
# by tsunojirushi | 2017-06-04 14:11 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

簡単マーマレード

紅生姜の記事を、今時分ご覧になられる方がおいでなので(今が近江生姜の時期なので)、夏みかんのことも今でしょ今、と書いておきます。夏みかんでなくっても、冬は柚子とか、どんな柑橘類でもだいたい作れます。つまり年中できるともいえるのですが。
多くの先達の教えを参考にして、わたくしのようなズボラ流でもできる作り方を書きます。みかん類は何でも。これは夏みかんです。

まず、皮はよく洗います。無農薬が望ましいです。そして、普通に皮をむき、袋から実を取り出します。やりやすい方法でどうぞ。しかし、実から出るおつゆは大事に。
作業の順番としては、まず、皮をむいてそれを刻みます。刻んだものは沸騰したお湯で、茹でます。


f0367170_23441706.jpg


ぐつぐつ。その間に、袋・実・種の三部門に分けます。(茹でている方は、しばらく茹でたらざるに上げ、またお水を溜めて火にかけます。)


f0367170_23441733.jpg


袋は刻んで入れれば無駄がないですが、あまりお勧めしません。ざっとでも剥がした方が美味しいです。剥がした袋もしぼっておつゆだけは実と一緒に。で、もっとも重要なのが、種です!! 種、大事です。ペクチンという成分は主にここにあるので、これを活用しないとトロンとしたマーマレードになりません。


f0367170_23441892.jpg


お茶パックに入れると便利です。
さて、同時進行で茹でている皮は、何度くらい茹でこぼすかというと、「好きな苦みになるまで」です。これはみかんの種類にも大きく関わってきます。夏みかんなら、二回くらいでOKなのもありますが、柚子なんかだともうちょっとやらないと苦いです。食べてみるのが確実です。最後はしばらくお水に浸けて苦みを抜きます。

さて、種部門。お茶パックに入れた種を、少量のお水で煮出すところから始めます。


f0367170_23441888.jpg


ペクチン出ろ出ろ。そして、ここへ、実(とおつゆ)、茹でて苦みを抜いた皮、適量のお水(入れない方もおいでかもしれません。)を入れて、煮て行きます。このお鍋はホーローです。酸なので、ホーローが宜しいかと思います。


f0367170_23441827.jpg


最初はこんな感じ、だんだんにくたくたに柔らかくなってきます。透明感が増した感じになったら、お砂糖を少しずつ入れていきます。これは、本当にお好みです。甘くないのが好きな方もいらっしゃるし、しかし、ある程度甘くないと美味しくないしもたないし。様子を見つつ、足していってください。
お砂糖は白砂糖、グラニュー糖、三温糖、何でも。色が綺麗なのは精製されたタイプですが、キビ砂糖のマーマレードも私は好きです。

小一時間煮ると、大体煮えてきます。


f0367170_23441809.jpg


こんな感じ。全体につやっぽくなったら大丈夫です。まぁ、これも食べてみるのが確実です。少し休ませて、冷めてから味見をすると正確な甘さが判ります。温かいと難しいです、味見。そして、冷やすと固まり具合も判ります。急ぐなら、小さな器に少しとって、冷ましてテイスティングを。


f0367170_23441919.jpg


わたしはある程度煮えたら、そのまま翌朝まで冷まして、それから調整して再び沸騰させて瓶に詰めることが多いです。瓶は煮沸します。そして、熱いうちに熱いマーマレードを詰め、ふたをしっかりしてひっくり返し、そのまま冷まします。長期保存したい場合は、しっかり締めた瓶を煮沸すると完璧です。
あ、申し遅れましたが、種はある程度のところで取り出してください。ずっと入れておいても大丈夫です。袋に穴を空けないようにだけ注意。

この記事では、拾った蜜柑一個で作っていますが、夏みかんが一つあれば、小ぶりの瓶に三つくらいできます。経済です。冒頭に書きましたが、柚子のマーマレードなんて、とても美味しいですよ。無添加ですしね。今の時期なら、日向夏なども。そもそも白い部分がたべられるようなお蜜柑ですから、皮の下処理が簡単です。
完成したら最後にお鍋を洗いますが、もったいないので少しお水入れて、お鍋の内側、スプーンなどをゆすいで、それをホットドリンクとして飲みます。これが製作者のご褒美です。夏は冷たくして。梅ジャムやイチゴジャムの時もこの「ご苦労さんドリンク」が美味しいんですよ。

もっと正式な、ちゃんとした作り方があるとは思います。でも、こんなんでも、まぁ、できますし、美味しいです。というご参考までに。


[PR]
# by tsunojirushi | 2017-06-03 00:21 | 料理 | Comments(2)

服と歳

いつか、ゆにくろうの店頭にいた時に先輩に、「あ、あのワンピースいいな、着たいな、でも、ばあさんじゃあれかな」となんとなくつぶやいたら、「・・・ギリギリかな」と非常に真面目なお答えを賜った。
やっぱり、年を取ると似合わなくなるものは、ありますよね。うーん・・・。近年気を付けなきゃ、と思うのは「渋い色」のものと、「ロックな(当社比)」もの。
若くて血色がよくピカピカしている時の渋い色は、却って綺麗に見える。でも、元気さがなくなると(特に私は病気)ただの「地味な服」になって、シックという路線にするためには工夫が要る。筋トレとかも。
ロックなものは、簡単に言うとボーイッシュでやや攻撃的なもの。初老でもパンク服がすごくお似合いの例外的な方もいるけれど、無理して若作りしているみたいになりそうで警戒している。

昨年夏に縫ったTブラウス。

f0367170_12501168.jpg


殿様にステテコ縫ったあまり布なので、あちこちつぎはぎして、なんとか形にしたもの。フレンチスリーブのかぶるシャツです。これに、レースの小さな襟を「つけるべきかつけざるべきか、それが問題だ」と悩み、まだ着ていません。


f0367170_12501105.jpg


単体で見れば、素敵だと思う。襟一枚で、濃い色の本体が夏向きに涼しげになる。ただ、着るのが私となると、上記の「ギリギリ」のワンピースよりはるかに危険なゾーンに入っている。気がする…。これ、付けて大丈夫かな。


錦糸町に打ち合わせに行ったのです。


f0367170_12501116.jpg


ここの公園好きです。ひろびろして気持ちがいい。そして、この向こうに小さな商業施設があり、お買い物に寄りました。


f0367170_12501280.jpg


友人曰く「子供服やさん」のアース(この時点で既にそぐわない)にあった長袖のボーダーシャツ。この太いヘムがいい。長袖ですからバーゲン価格、税込で約1000円。珍しく、即決で買いました(無駄遣い禁止だからいつもは熟考)。しかし、帰りの電車の中で、ばあさんになってもついつい好きなものを買っているが、もっとこう、冷静に、客観的になった方がいいのだろうか・・・とかんがえる。
でもさ。
縞々のシャツを着たお婆さん(生きていた場合)が居てもいいのではないか、とも思う。お向かいのマクラスキーさん(あだ名)はもうじき90という大先輩だけど、夏はお花模様の木綿のワンピースをお召しだ。とても可愛い。自分自身は可愛くはないので一緒にしてはいけないが、お婆さんぽい服を着なくたっていいよね。って思う。

とりあえず、こないだの横浜に着て行った。
この写真、アーチの様子が良くわかるので載せたかったが、人間が邪魔で見合わせていました。薔薇のアーチ綺麗でしょう。天蓋みたいにたくさんあるの。

f0367170_12501267.jpg


街で、同世代に思えるマダムな感じのエレガントな女性を見かける。この時も薔薇を見にそういう方がたくさんいらしていた。若い頃、自分も年を取ったらそんな感じになるのかな、と漠然と思っていた、そういう素敵な大人の方たち。
でも、実際は、↑ こうだ(縞々で古道具のカバンを背負っている)った。
駅の階段を登る後ろ姿はJKで、電車に乗って前から見たらお婆さんでビックリ。という方も見かける。自分も、もしかしたら既にそうなっているのかもしれない、と最近はしばしば思うけど、急に「年配の服」になるのも無理だしね、といろいろかんがえる今日この頃なのです。



[PR]
# by tsunojirushi | 2017-06-01 13:35 | 日々の出来事 | Comments(2)

靴ひもを縮める

長らく履いていない靴がありました。病気で変形した足なので、どうかな、と思いましたが好きなので、出してみて、しかし、紐がよろしくない。と思う。そこで、手持ちの別の靴ひもにしようか、と結んでみたら、長すぎる。短くする方法をいろいろ考えたのですが、アマゾンPOS(kindle をこう呼んでいますw)で調べたら、こんなのがあった。「収縮チューブ」。取り寄せてみました。


f0367170_13515620.jpg

靴ひもの端っこの「留め」が自分でできるツールです。便利。やってみました。の記録です。チャレンジされる方のご参考に。

f0367170_13515429.jpg


↑説明書。要するに、接着シートを巻いて、その上からチューブを通し、アイロンで熱を加えて縮める、という方式です。


f0367170_13515491.jpg


下が接着シート、上がチューブです。
紐の切りたいところにまず接着シートを巻き、チューブを通します。想定したらわかることですが、先に紐を切るのは得策ではありません。まず固める。


f0367170_13515591.jpg


↑シート(左の白いの)は剥離紙を剥がして巻きます。そして、チューブ(右の)をスライドしてかぶせます。
そして、ガーゼの手ぬぐいで包んでから、高温のアイロンで手ぬぐいの中を転がす感じで動かしながら熱を加えました。(お寿司の海苔巻を巻く時の巻き簾の動きに似ています) 熱くなっている時はちょっとベタベタします。が、冷えると固まります。
固まったら、紐の要らない方を(ここ意外に危険w)切り落とします。


f0367170_13515597.jpg


手前が作った方です。ちょっと太くて短いかな。でも、ちゃんとできました。(下に敷いたのが当て布にした手ぬぐいです。)
で、出来上がった紐を靴に通してみます。


f0367170_13515524.jpg


気持ちがいい。
余った紐を(靴に通しながら)編みこんだりする方法もあるようですが、今回は30センチほども長かったので、切った方がすっきりします。まだ履いていませんが、そのうちに。もともとは、登山靴みたいな「まだらの紐(by.コナン・ドイルの名作)」が付いていました。この方がデニムなんかに合うかなー、と思っています。もう20年以上前に買った靴です。
このツールがあったら、靴ひもではない、自分の好きな紐を(ものによるが)靴ひもにこしらえることも可能なわけだ。それも楽しいかも、と思います。




[PR]
# by tsunojirushi | 2017-05-30 14:07 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

裏庭に蕗が茂っていることを先日書きました。→野蕗レシピ・その1
何しろ、たくさんあるので、一部まずフリマに持っていきました。「知らない人の庭に出たものなんて、嫌がる人もいるかな…」と心配して。そしたら、一瞬で売れました。杞憂でした。そこで、それなら、と、毎日刈り取って、段ボールに入れ、家の前に出してみました。


f0367170_15245569.jpg


おっかなびっくり出したのですが、初日から完売御礼でした。翌日、外に出て洗濯物を入れていたら、可愛いわんこを連れたすんごいお洒落なマダムがニコニコして蕗の束を私に見せ、「いただいていきますね♪」とおっしゃるので、もう少し足しましょうか?「いえ大丈夫」とか少しお話して、お住まいの辺りなどを控えめに聞きました。(最近は個人情報デリケート) マダムが立ち去ると、今度はカートを引っ張った年配の女性がやってきて、「売切れちゃった・・・」と残念そうに。あっ、獲りますよ!と言ったのですが、「また来るわ」とおっしゃるので、翌日また出してみたり、そんなことをしていたら、
翌々日、なんと!あのマダムが、ピンポーンといらして、にゃにゃにゃんと、「蕗をご馳走様でした。はまぐりをたくさんいただいたので、お礼におすそ分けです」ってーーーー!!!

f0367170_15245533.jpg


ここここ高級品だ・・・。海老鯛というが、これは、ふきはまぐりだ--!!・・・・。←わからない
受け取ったのが呑気なお殿様でしたので、お名前も訊かず(初回は遠慮しても、頂きものしたら訊こうよね…)どなただかわからず、お礼状も書けず、なのですが、美味しくいただきました(とここに書く)。初日はグリルで焼いて王道の「焼きはまぐり」に。
次の日は、スキレットでお野菜と、オリーブオイルで。


f0367170_15245697.jpg


おつゆが激ウマ。後は、スタンダードに、うしお汁にして。


f0367170_15245669.jpg


出汁の出方がすごいんですよ、あさりでも美味しいけれど、違うねぇ…(体感)。 最後は、殿様のお国の味にして、おみおつけに。


f0367170_15245679.jpg


ちょっと赤だしじゃもったいないみたいに関東の人間は思うのですが、はまぐり、旨みが強いので、却って負けませんでした。大したものだ。

村の交流の一助にと出した「蕗Take Free」、何でも、やってみるものだなぁ、と思います。今まではきゃらぶきにして差し上げたり、していたのですが、こうすれば、好きな調理法で召し上がっていただけるし。
なのですが、実は、四日目くらい、私が千葉県に仕事に行った日に、殿さまから「箱ごと持ってかれちゃった・・・」と悲しいメールが・・・。冒頭に上げたのは殿様が「経過観察」をしようと楽しみに撮った写真でしたが、これが最後の姿になりました。
蕗はちゃんと束にして葉を落とし、紙で10本ずつくらいにくるんでありました。書いてはなくったって、それまでの方は一束ずつ、ちゃんとお持ちになった。空になった箱を見て嬉しかったのです。箱ごと持ってくって、どういう状況、どういうかんがえ方なんだろうね、後のことは気にしないの? 少なくとも思いやりのない人だなぁ、って思います。蕗もあらかた刈りつくしていたので、それをしおに「Take Free」はおしまいにしたのですが、何だか、残念な気持ちにはなりました。

でもね。
はまぐりのマダムのような方もいらっしゃるし。きっと喜んでくれた方が居るし。あれだねぇ、世の中には、ピンからキリのひとが混在しているのだと、いつもかんがえていないといけないんだね。残念だけれど。そういう教訓になった出来事でした。

あ、そうだ。レシピですが、「簡単きゃらぶき」の煮方です。いろんな方のを参考にして、こんな風に似ています。

1.蕗をお塩を掛けていたずりします。皮のままです。洗って、それを4~5センチの長さに切りそろえます。
2.沸騰したお湯で3~4分茹でて、水にとって、小一時間から数時間浸けておきます。再度書きますが皮のままです。
3.圧力鍋または普通のお鍋に、お水少しと昆布、鷹の爪を入れ、お酒、みりん、お醤油、お砂糖などお好みの煮汁を作ります。
4.水を切った蕗を入れて、圧力鍋でしたら「低圧」で6~7分、普通のお鍋でしたら、1時間くらい気長に煮ます。

というのが基本です。
私は、甘くないのが好きなので、お砂糖を入れません。そして、昆布は塩昆布で代用します。おつゆが無くなって出来上がったら、最後にかつおぶしを加えて混ぜます。これは残った汁けを吸い取ってくれる役目も果たします。
ご飯のお供に、お弁当の隅っこに、美味しいので作ってみてください。一応、参考画像↓


f0367170_16044669.jpg





[PR]
# by tsunojirushi | 2017-05-27 15:53 | 美味しいもの | Comments(2)