眼科で絵本

父や母の眼科などいろいろ検査したり、しているのに自分の眼はほったらかし。でした。
リウマチの病院の眼科が(かかりつけという観点でそうしたのですが)あまりにも混んでいて、6時間とかかかる。
身体の辛い人間には無理だ…ということで、ゆかなくなってしまいました。
でも、中心性網脈絡膜症という異常が右に、左はステロイドの服用による急性の白内障、という状態は、1年以上放置は宜しくない。
自分のこともちゃんとしようね。とかんがえて、殿様が通っている町の眼科を訪ねてみました。
町のお医者さんだけど検査機器もある程度揃っていて、眼底の写真なども撮ってくれました。
結果としては、右の「網膜の水ぶくれ」は、黄斑部をそれているので著しい悪化がなければ経過観察でも。黄斑変性などの異常はなし。
ただ、左の白内障は眼底の観察や撮影が難しいところまで進んでいるので(ほとんど見えない)、そろそろ切ってレンズを入れた方がいい、とのことで、もう少し詳しい先輩のお医者さんを紹介してくれることに。那須から戻ったら行こうかな。しかし、不調&介護の日々で、オペとかできるんだろうか…。


元気な方には退屈なお話なのでそれはともかく、眼科で絵本を読みました。

f0367170_18461653.jpg


子どもたちも来るからたくさんある。雑誌もあったけど、瞳散目薬でじわじわ見えなくなる眼では絵本の方が読める。
どんどん読む。6冊くらい。子どもを持てなかったから「はらぺこあおむし」とか著名な作品も読んだことがなく、初めて読みました。
絵本のコンクールに参加したくせに無知。ちなみに、画を描いたSちゃんはすごく詳しいです。本気の人は違う。
急いで読んだけれど、すごく勉強になった。絵本は子どもの心で書かないとダメだ。理屈はいかん。
どんな場所にも、学べるものはあるんだな、と思いました。

痛くて動けないからお殿様に借りてきてもらってDVDを観ています。
こないだここに書いた The Cinematic Orchestra の好きな曲「The Arrival Of The Birds」がサントラ曲だと知った「博士と彼女のセオリー」とか。


f0367170_18461608.jpg



昨年亡くなったホーキング博士の評伝。曲を別としても、良い作品でした。劇中の「どんな不運な人生でも、何かはできる」という言葉は胸に沁みました。シズコさんは「ひとは生きているのではなく生かされている、と我々は考えるのよ」とおっしゃる。
幸運なひとばかりを見たら絶望する。でも、そういう人だけで世の中はできていない。映画の最後、ペンを拾うイメージの部分に共感。
このほか、那須で母が観ていて(むうさまも観ていて勧めてくださった)「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」も。これも良かった。
奇しくも両者、ハンディと生きる人のお話だけど、選んだのではなくて偶々。私にできることもあるだろうか、とかんがえつつ、これを書いています。








曲はこれです。



# by tsunojirushi | 2019-01-26 19:22 | 音楽・映画 etc | Comments(11)

続・どんど焼き

どんどの続きです。

Sちゃんのブログで紹介されたコレ。


読んだら食べたくなりますよねぇ。
どんどの帰りに殿様が恵んでくれました。

f0367170_17514980.jpg



Sちゃんはうどん、私はせいろで。
辛味噌に野菜いろいろ。
煮込んであるものと、さっと煮て
歯ごたえを残したものと。
上に載っているのは鶏ハムです。
たいへん、美味しかったです。

おまたさん、ちっちゃな、
ご夫婦でなさってるお店なので、
どんどの日は週末でてんてこまいでした。
遠くからもお客さんがくるんだね。
美味しいものって、ひとが
ほっとかないな、って思います。

その商店街で駅に向かう途中、
酒屋さんの前に
「酒粕入荷しました!」的な
看板を発見。そういう季節だ。
最近、毎日、酒粕甘酒を飲むので、
思わず入店、すると、

f0367170_17515464.jpg



澤乃井の大吟醸の酒粕。
わたしは酒粕と言えば「板」
かと思っていて(無知蒙昧)、
酒屋さんが「これは板粕じゃないんです」
と言うのをよく解らずに聞いていました。
帰宅して、開けてこれを見て
「板じゃない!」と理解。
機械で絞るのではなく(たぶん)
手作業的に絞るのかな、大吟醸さまは。
勉強になりました。

で、その大吟醸の酒粕は、
もー、開けただけで果物みたいな
吟醸酒のイイ匂いがします。
梨みたいな香り。そして、溶かす時も
かんたんに溶けます。
ただ。
実は、美味しすぎた。という結果に…。
香り高杉、旨み高杉、
という感じなんです。贅沢な話。
お魚漬けたりしたら、
出来栄えや美味しさが倍増、
するんだと思うのですが、
貧乏舌のわたしの甘酒には、
フツーでいいかも・・・なのでした。
ただしそこそこの質は必要。






# by tsunojirushi | 2019-01-24 18:12 | 美味しいもの | Comments(6)

昨日と今日の買い物

f0367170_23203586.jpg

ものさし。
古いものを漫然と使ってる。
でもステロイド性白内障で
視力が片方になった目では、
数字も見えず使い難い。
百円屋さんでこれを見て、
「なんて見やすいんだ」
&エッジがゼロ に惹かれて
買うことにした。
ないものをあるもので、だけど、
こういうアップデートは
してもいいんじゃないかと。
端っこがゼロって便利だ。


f0367170_23303105.jpg

バター飴。
今日は絵本の打合せで街に出た。
ぽこ先生がバーゲンのチョッキを
買ったお店に案内してくれた。
そこに北海道グッズがあって、
北見のハッカなどと一緒にあった。
缶に弱い&しばらく前から
「バター飴って何だか食べたいな」
と思っていたので凝視していると、
殿様が買ってくれた。

写真はその後の会議の事務所で。
紙の束は、これは「紙見本」、
印刷に使う紙の現物見本帳です。
同じ紙でも色や重さがいろいろ、
こんなに厚い固まりになる。
差し入れのおやつなども写った。

肘を中心に痛いのは痛いまま。
でも、注射が少し効いたのと、
仕事には責任が一応あるから、
無理やり動いています。
ご心配いただいて、すみません。
ありがとうございます。

余談 ですが、バター飴は、
ちょっと食べたかったのと違う…。
食べたいと思ったのは、
丸くなくて、ちょんと切った
みたいな形をしてて、
ザラザラした、う~ん、
あれは、どこのだったのかなあ。




# by tsunojirushi | 2019-01-22 23:20 | 日々の出来事 | Comments(2)

湯たんぽカバー

f0367170_16015738.jpg


いやー、痛い痛い。
冬枯れの庭が暮れてゆくのを
毎日、「今日も動けなかったな」
と無念に眺める日々です。
左の肘の破壊が酷くて動かすと
ボキボキ云って激痛。
骨同士が当たり神経に来る痛みだから
口も利けないときがある。
頸と肘がこうなっていると、
着替えから何からみんな痛いわけで、
しかし、
じっと大事にしていても、
一生このままだ。という。
治らないからね…
医者を探してみようとは思います。
このままでは辛すぎる。

すばるさまからいただいたタオルを
内側にして、

f0367170_16015758.jpg


湯たんぽのカバーを縫いました。
外は着なくなったパジャマの襤褸。
残ったタオルは台拭きにした。

大事に活かしました(報告)。

f0367170_16015784.jpg


紐を通すのが今は体力的に無理で、
ゴムで止める、にしちゃった。

とりあえず、これから注射してみる。
いたいいたい。



# by tsunojirushi | 2019-01-20 16:10 | 縫いもの・拵えもの | Comments(7)

朝焼くパン

f0367170_11441494.jpg


夜のうちに発酵して寝かし、
朝、成形して焼いてみました。

美味しい「お供」があったから。

f0367170_11441518.jpg


レモン好きなのを想ってくれた
海の向こうの画伯が下さった
レモンのマーマレード。
左はいつもぽこ先生に頂いている
絶品ピーナツバター。
千葉でしか買えない。

f0367170_11441593.jpg


マーマレードはシチリア産。
アメリカから来たけれども
イタリアのひと。蓋が綺麗。

f0367170_11441507.jpg


さすがの色遣い。で、年号が
1934とはすごい。

f0367170_11441524.jpg


名ブロガーさまの命名では
「オ・ナ・ス」パンでしたね。
えーと、
Over night Sleep パンてことかな…。

f0367170_11441597.jpg


覚書として、
北海道産フランスパン専用粉80g
お湯をミルクで冷まして70cc
粉の方に花藻塩、
水の方にお砂糖・イースト共に少々。
レンジ発酵で初速をつけパンチ、
冷蔵庫保管(濡れ布巾を掛ける)。
朝、レンジ500w20秒でゆるめて成形。
少し発酵させてる間にオーブン予熱。
180℃で13、4分焼成。

レモンマーマレードは、
レモンなのに琥珀色をしていて、
香りが高くしっかり甘い。
おいしくいただいています(礼)。







# by tsunojirushi | 2019-01-18 12:01 | 料理 | Comments(2)