朝の定番

f0367170_21003887.jpg


母が居るので三人前。

拙宅では「ルクエチン」と呼ぶ
朝ごはんの定番メニュ。
ルクエではなくキャラものなんだけど。
リサとガスパールが好きで、
パスコのオマケを集めたもの。
オークションサイトでも買って、
妹にもあげたりしている。
サイズがとても使いやすいので。

上のはお芋と人参玉ねぎヤングコーン、
ベーコントマトアスパラなんかかな、
塩胡椒してオリーブオイルを垂らして
チンする。それだけ。
カンタンで、季節を問わず作る。

f0367170_21003804.jpg


これは別の日。
カボチャしめじ人参など。
青味は小松菜。

固い野菜は下に。上に行くほど
水気の多い柔らかいものに。
このサイズで500wで2~3分くらいか。
時間はやってみて掴む。感じ。

あれこれ入れなくても、
菜の花とベーコンとか
夕飯のおかずにシンプルなのも
十分おいしいです。



[PR]
# by tsunojirushi | 2018-09-29 21:10 | 料理 | Comments(2)

新しい歯ブラシ

貧乏なため、長らく仮歯だったとこに、2年ぶりくらいに(え)歯が入りました。お高い歯医者さんでは、けちょんけちょんに言われる保険のクラウンです。でも、仕方ないもの。治療はできる範囲でしかできないもの(;ω;)

CAD/CAM冠、あってるかな、セラミックと樹脂のハイブリッドです。耐用年数は短いけど、今行っている歯医者さんの説明では「銀歯よりは虫歯になりにくい」という説明でした。金属は酸で溶けるから自前の歯との接着面に隙間ができ、そこが弱点に。その点においてはハイブリッドの方が上。ただ、吸水性があるため汚れが付きやすい、心がけてブラッシングを。とのことでした。
リウマチ他で高額の治療費がかかるから、これが限界です。高級な歯医者さんでは「銀歯かセラミックです」言われて、そのセラミックったら、中古のオートバイが買える値段でしたもの…。

で、お安い歯、初体験で記録をしたいとこれを書いています。
このクラウンは3Dプリンタみたいな機械で削り出すので、不思議な型どりをします。旧来のスライムみたいなのをガッと嵌めて固まるのを待つ、という「おえ」な工程がありません。なんか、風の出るシュンシュンシュンと音のする機械を当該の上下の歯に当てて数秒、この立体データをもとに歯をこしらえるらしい。
で、削り出したクラウンを接着剤で付けておしまいです。歯医者さんによっては、数時間後に再訪して付けて貰って即日完了、ってとこもあるみたい。すごいね。
もう少し贅沢なセレック(こちらはセラミック)も原理は同じです。売り文句としては、アナログの型どりよりも正確で、自前の歯との密着度が高いので、二次虫歯になりにくいって。
いろんな技術が進化してゆくので、創意工夫の好きなお医者さんと、そうでない場合と、だいぶ違ってきちゃうなあ、と感じること、多いです。

クラウン装着後、口の中の細菌分布を「ライブ映像で」見る、って検査があって、
「え、やりたくない。バイ菌の生中継って、何の罰ゲーム?!」と抵抗したが見せられて(病院の名誉のために書いておくと、どうしても嫌なら見なくていいそうです)、モニタに出たまるっこい虫歯菌と細長い歯周病菌(しかも動いている)の映像に、

つ「居るじゃないすか!(震)」
衛生士さん「少ないです。みんなのお口にいるんです」
つ「でででも退治しないと!( ゚Å゚;)」
衛「それは無理なんです」
つ「いや、例えば強力な歯磨きで全員殺菌…」
衛「菌はいても、虫歯を作らせなければいいんです、だからブラッシングが重要なんですよ」
つ「・・・・」
衛「tsuno(仮)さんは歯周病菌は少なくて虫歯菌はいます。ブラッシングのチェックをしましょう」

と、それから歯磨きのダメ出しを受けました。
ちょうど歯ブラシみんな傷んでたので、受付にあった面白い歯ブラシ一本買いました。

f0367170_17155709.jpg

持ち手がとても幅広で、ヘッドは先細で変わってる。でも、北欧だから日本と違って色が素敵。迷いに迷って欲しい色を一本選びました。

そういえば、こんな歯ブラシも持っています。

f0367170_19422216.jpg

歯磨きの練習用に色が替えてあるのです。「ピンクの部分を〇〇に当てて…」みたいに指導するためのもの。可愛いですよね。

一応歯も入ったことですし、歯ブラシ頑張ります。




[PR]
# by tsunojirushi | 2018-09-27 15:05 | 日々の出来事 | Comments(4)

雨の朝顔

f0367170_23440624.jpg



庭の自生朝顔。
勝手に、
"Heavenly Blue"
と呼んでいる。
このひとは、
ほんとに秋になってから咲く。
雨に濡れていた、今朝の姿。

f0367170_23440681.jpg



忙しがる人、嫌いなんですが、
実際のところ、
毎日、分刻み級に忙しいのです。
何とか、今のところ頑張っています。
気にかけてくださる方へ。



[PR]
# by tsunojirushi | 2018-09-26 23:49 | 植物 | Comments(2)

だいぶ前の写真だ・・・。

f0367170_21481177.jpg


崎陽軒のかくれ定番 的な

「チャーハン弁当」。

f0367170_21481146.jpg


中身はこう。これは過去何個も
いただいている。
たまにいいですよね。

そして、あまり数が多くない、
ややレア「ピラフ弁当」がこちら。

f0367170_21481220.jpg


中身はこう。
こちらは初めていただきました。

f0367170_21481291.jpg


間違い探しか。笑。

でも、

ちゃんとチャーハンはチャーハン。
ピラフはピラフなんです。

そうはいっても、そもそも
崎陽軒のシウマイ弁当のご飯は、
炊かずに「蒸してある」とか。
それがあのもちもち食感の秘密。
チャーハンはそれを炒めたとして、
ピラフの場合、どーするのだろう…と
すこし思った。

それにしても、ご飯がぎっしりだ。
美味しいけど、老人になったので
最近は、半分でお腹いっぱいです。
半分ずつ食べたりしてます。






[PR]
# by tsunojirushi | 2018-09-25 21:56 | 美味しいもの | Comments(2)

おおまさり

Yせんせいは落花生の国に住んでいる。
いつも「べらぼうに旨いピーナッツバター
をくださったり、
いろいろと美味しいものを教えてくれる。
特にピーナッツは、私の
リウマチに良い食べ物ということで。

その中でも、生の「おおまさり(品種)」
は、特別なシーズンもので稀少です。
これは自然農法の、
みつ豆ファームさんのもの。

f0367170_10510310.jpg


それをくださった。
その名の通りの大きさ。ヤクルト置いてみた。

寄ると、ほら!

f0367170_10510381.jpg


って、ピンボケじゃないか、なんてこったい。

沸騰したお湯で20分茹でて、
毛布でくるんで10分あまり保温調理。

f0367170_10510345.jpg


ほかほかをみんなで食べました。

f0367170_10510430.jpg


茹でた落花生って、他にたとえようがない。
食感といい、味といい。とてもおいしい。
・・・・・・。
今、じっとかんがえたけど、やっぱり伝えようがない。
ほんとにおいしいんだ。
この季節ならではの、おいしいもの。
せんせい、どうも有難う。ご馳走さまです。



[PR]
# by tsunojirushi | 2018-09-24 10:58 | 美味しいもの | Comments(6)