f0367170_11313495.jpg



スミレだらけの庭ですが、これは、
唯一購ったものです。前述の実生梅の鉢に
暮しています。
伊豆スミレという名だったと記憶しています。
葉がハート形ではなく丸長く、色が濃い。
スミレは専門家でも把握できないほどの
無限の亜種を持つ草といいます。
春、こうして花が咲いて、
夏は葉で養分を蓄え、秋になると、また
閉鎖花という不思議な花を付け、
そこから種を飛ばします。
これです。(この部分追記です)

f0367170_23123330.jpg



伊豆スミレのとはちょと違うようですが。
地味な姿で、種だけを作って飛ばす。
数年前のmixiから発掘。
で、この写真が後回しになった理由の通院が
長くなって、たいやき間に合わず…(哀)



ツグミさんを先日、庭で撮りました。

f0367170_11313402.jpg



ニコンp600は「鳥カメラ」と呼んで
鳥を撮るのに重宝しています。

健脚のつぐみんは、渡り鳥。もう旅立つ頃です。
愛読ブログで、渡りへ旅立ってゆく白鳥の写真を
見せていただいて、それが心に残りました。
うちの庭のつぐみんも、もうじきゆくのかな。
遠く遠くまで、飛ぶって、どんな感じかな。
あ、「WATARIDORI」という映画が
ありましたよね。すごく面白かった。







[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-05 11:42 | 植物 | Comments(0)

初掘り筍

打合せでぽこせんせいにお会いしたら、
「出ましたよ、初物のアレが」
と、筍くださったーー。やったー。
せんせいは山を持ってらして、そこに
春は筍がたくさん出る。でもね、
ちゃんと、近所のお身体の弱いかたや
お年を召したかたや、に差し上げていて、
わたしなんか、「飛び級」の僥倖です。
掘りたて即茹でたものだからでら旨です。

夕飯、さっそく、お刺身に。

f0367170_11580480.jpg



柔らかいところを山葵とお醤油。
海苔を巻くのも美味しいので添えて。

しっかりめの根に近い部分は、

f0367170_11580438.jpg



太白でこんがり焼いて。
ここで、前項の山椒の芽が活躍。
筍と山椒は出会いものですね。

前々項のセリ問題も解決して、
筍と一緒に、本家の(笑)セリと、
面妖な三つ葉をくださった。


撮り忘れたが、巨大で紫色。ホラーなムード…。
(想像してください)
「これはね…、古代三つ葉よ」
って、せんせいは言うけど、それ、せんせいの命名…?
ではなく、
古代の遺伝子を持った野菜を育てる秘密結社(違)があって、
そこで手に入れた種をまいて育てたんだって。

おみおつけにした。

f0367170_11580444.jpg



紫色でしょ?
すんごく美味しかった。さすが古代。
なんでもかんでも、
「くせがなく」口当たりよく、ってなって
いろんなものか美味しくなくなってる。
本来のものを残すって、大事だね。


せんせい、今年もご馳走様です。
ありがとう。



あ、そういえば、

昨年の春はT邸で筍を掘らせていただいたのだった。
貴重な体験だったので、ちょっと貼ってみます。






[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-04 12:18 | 美味しいもの | Comments(2)

芽ぶきを撮る

毎日、いろんなものが出ます。
うかうかしているとグングン成長。
撮ったのは少し前からなので、
既に全員、この姿をしていません。

梅。

f0367170_19593980.jpg


庭の古木から殿様が実生で出した
奇跡の子孫。
桜みたいにクローンではないけれど、
一応半分はDNAを引き継いでいる。
数年たつが、まだ咲かない。葉だけが出る。
いつ咲かせるか、準備をしているのだろう。


山椒。

f0367170_19593915.jpg


出たぞー。今日、朝掘りの筍貰ったので
活躍していただく予定。(お腹すいた)


蝋梅。

f0367170_19594885.jpg


これも、実生。蒔いて育てた。
これはまだまだおチビさん。
もちろん、これも咲かない。


紫陽花。

f0367170_19593885.jpg


みんな芽が出た。アナベルも出た。


すいかずら。

f0367170_19594738.jpg


野良さんから枝を貰ってきて
挿し木して育ててます。
良い匂いの花が咲きます。


すずらん。

f0367170_19595336.jpg

3/27と

f0367170_19595377.jpg

3/31。ニョキニョキ。


躑躅。

f0367170_19595634.jpg


これは芽でなくて花芽。
たくさん咲きそうです。

芽吹く季節は、
痛くてしんどい季節ですが、
いろんなことができる人を見たら
凹んで立ち直れない。
わたしは私のできる範囲で、
やるしかないです。





[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-03 20:14 | 植物 | Comments(0)

命日と春不調

f0367170_12553238.jpg



ぽこせんせい、読むかなぁ・・・。
これ、せんせいがくれた「芹」かなぁ。


せんせいでなくても、お詳しい方、
これはセリですか?
セリなら食べたいわけです・・・。

春の病状亢進がとうとう本格的にやってきて、
動けなくなりました。注射で少し治まった肘も
手や足も首も、みんな痛くなりました。ち。
お庭に出るくらいしか、なんもできません。
そんで、出てもぼんやりしていることが多くて、
これでは奴隷が務まりません。困った。

一昨日は、にぃにの命日でした。
法事をして(南無南無しただけ)、
買って来たお花は、庭に植えました。

f0367170_12553217.jpg


名前を忘れたぞ・・・(え)

f0367170_12553102.jpg


これはわすれなぐさ。(↑とセットでギャグかい)


マキヲはにぃにに導かれたかして
ウチに徒歩で来て、
最後の一年余りを一緒に過ごしました。
亡くなったのは2013年の3/31。

やさしい、聡明な猫でした。これは
手前味噌だけではなく、会ってくれた方
皆さんが、認めてくださったことなので…。


f0367170_13122864.jpg



晩年のにぃを独占するマキヲ。
誰も盗らねぇって。と笑った写真です。
mixiから発掘してきました。






[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-02 13:19 | 日々の出来事 | Comments(14)

スミレ花盛り

f0367170_12430074.jpg



朝ごはんを持ち出す。
こんなことができる時期は短い。
もうじき蚊が出るから。
そして、ずっといるから。

今はスミレが綺麗な時期です。

f0367170_12455098.jpg


ご近所のマダムがわんこと通り、
「いつも楽しませてもらってるわよ」
とおっしゃった。

わんこ参考写真。

f0367170_12481235.jpg


別の日だが殿様が撮ったもの。
あんまり笑顔がステキだったので、
関連項目として載せる。
マダムもこのこも
うちのマキヲと丁が好き。

さて、スミレの庭だが、
そのうじゃうじゃとスミレ
の隙間に、

f0367170_12430079.jpg


山椒の実生がいた。
ここはちょうど上が母である木。
種が落ちたものだろう。
雌雄は分らないけど、
欲しい方いらしたらあげます。

他にも、

f0367170_12430061.jpg



これは紅葉だ。
もみじの実生はよく出るけれど
淘汰なのか、消えてしまうことが多い。
鉢に移してみようか、とかんがえる。


春になって、いろいろ出た
芽の写真を、撮り貯めていて、まだ
書いていないけど、書きたいです。

今日はにぃに(別名ぷすお)の命日で
お花を買いにゆこうと思っています。




[PR]
# by tsunojirushi | 2018-03-31 12:56 | 植物 | Comments(2)