サビニャックも観た

今日でおしまいでしたから
昨日、駆け込み観覧。
ぐわいわるいから何でもギリギリ。

f0367170_17081044.jpg



ポスターに使われたのは
毛糸メーカの広告。
「ひとりでに編める」
いいねぇ♪

原画の迫力、正確な筆遣い、
それがリトグラフになった時の差異。
そういうことも面白かったけど、
要は「とんち」の利いた発想がステキ。
何事も、発想力 ですね。
色彩も素晴らしかった。
子どもたちに、こういうセンスの良い
色彩と育ってほしいなぁ。

恒例のカオハメもした。

f0367170_17081001.jpg



んだけど、向きを間違えた(痛恨)。
本物を観る前にやっちゃったからなぁ…。
これは作業着の広告。「頑丈」を伝える。

練馬区美術館は時々行きますが、
企画が良いのだ。そして、
レイアウトと道具立てが素敵なのだ。
いい美術館です。近所だったらいいのに。
昨日は観終えて駆け足で帰ってきました。
昨朝、父から「タラの芽」が届いて、
その緊張の調理が待っていたので。
(あとで書きます)









[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-15 17:22 | 日々の出来事 | Comments(12)

通院と展覧会

早起き(当社比)して、マーマレード煮て
(手が痛いひとには過酷。あれ、皮を刻むの大変じゃないですか)
仕事ー昨日は恐怖の最終校正ーして、
それから、保冷バッグ持って通院して、
そこに大枚はたいた注射4本詰めて、
(病院統合の作業中で間隔空けてくれとのこと)
さらにそれから、20時まで開いている
美術展に行った。痛い不調の中としては
とても頑張ったので記録しておく。


f0367170_13530352.jpg


モネ。言わずと知れた睡蓮ですが、
ここだけ写真が撮れました。
最近、美術展こういうの多いですね。

ビュールレさんのコレクションは、
系統的にきちんと筋が通っていて面白かった。
印象派に衝撃を受けて集めたという
ビュールレさんの気持ちは伝わってくる。
他人の決める価値や「値打ち」ではなく、
自分の好きなものを集める、純粋さがいいです。
このモネも、誰も買い手が付かなかったのを
死後、アトリエで買ったという。
晩年、白内障で見えない眼で
繰り返し描き続けた、自邸の池の睡蓮。
自分がなってみて、実感できる。
今だったら、ある程度は治せたのにな…。


昨日、すばるさんにジャーマンアイリスを
教わって、ゴッホの絵を想起した。
これも繰り返し描いている。

f0367170_14293069.jpg

これ(参考)。
この画、改めて見ると「琳派」だ、と思う。
ゴッホが日本に惹かれたのは、
もともと通ずる美意識を持っていたからでしょうか。

いや、ビュールレさん、アイリスはお持ちじゃない。
ここ↑は脱線。

話を戻す。いや、「繰り返しの件」は残る。
今回のコレクションの中で一番好きだったのが、
ゴッホの教会の画だった。
これも何枚も何枚も描いている。
(モネがいっぱい描いたノートルダムも凄いでしょう)

https://www.musey.net/2785

ここに紹介されていました。
ゴッホで教会と言うと、
オーベルジュのあれが有名だけど、
わたしはこれが何だかとても好きだった。
ビュールレさん、よくぞ買ってくれた、
と思ったりする。
他、ドラクロワ、ブラマンクの作品なども、興味深く、
ピカソ、ブラックへの流れも面白かった。





マーマレードは、今日仕上げて、

f0367170_13541623.jpg

恒例の逆立ちをしています。







[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-14 14:36 | 日々の出来事 | Comments(0)

あやめ(なのか)咲く

f0367170_13295382.jpg




お向かいのマクラスキーさん(仮名)
からいただいて数年になるもの。
一昨日あたりに咲いて、花盛り。綺麗だ。
なのだが、写真が下手過ぎて、
ちっとも魅力が伝わらない件。
現物はとても綺麗なんですよう(泣)

これは、あやめ、でいいのか?
それこそ、芹ではないが、
湿地に咲くのがあやめ?
だとするとこれは、かきつばた?
マクラスキーさんに訊いたらいいのか…。


今日はまた通院です。
本日は、一応現在の本丸のリウマチびよいん。
春不調、気にしないようにしていますが(努力)
でも、やっぱり痛いです。当たり前か。
左肘もまた腫れてきちゃった。
二月末に注射したのになー。もうかー。
なのに、何だか忙しいのだ。困ったものだ。



[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-13 13:40 | 植物 | Comments(2)

芹ご飯

f0367170_13463548.jpg



芹ご飯。
ぽこ先生とわたしの好物。
これはこないだ頂いた分で作ったもの。
数年前に頂いて、庭に植えたものは、
けっこう育っている。それを、
こないだは、芹かどうか見ていただいて
皆さま、ありがとうございました。

せんせい曰く、湿地では背が高く伸び、
水が足りないと、地を這うような形に
なるとのこと。合点。
それから水をたっぷり目にあげたら、
少しずつスタンディングしてきました。
庭の芹でセリご飯できる日も近いかな。

摘んだ芹をさっと茹でて、水に取り、
絞って、刻んで、お塩をしたもの。
それをあったかいご飯にのっけるだけ。
お醤油たらりして。
ただ、それだけだけど、本当においしい。
春の味。


先生からは三つ葉ももらって、

f0367170_13481087.jpg



それも育っています。
何にもしないけど、ちゃんと生きてる。
あ、いや、こないだの古代三つ葉ではなく
これはフツーの。
おみおつけの実にしました。ちょっと
育ち過ぎて固かった。


子どもの頃、よく野山に芹を摘みに行った。
鳥や虫や生き物を好きだったり、
野のものを愉しむ嗜好を
共有できる方にあまり会えなかった。
(そもそも友達がいない…)
ぽこ先生や、こちらで同好の士に出会えて
とても嬉しい、と思っています。




[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-12 14:03 | 植物 | Comments(6)

八重桜

f0367170_16373685.jpg



村は、八重桜満開になりました。
たくさんある公園へ散歩に行ったら、
そこは、さくら餅の匂いがしました。

f0367170_16373686.jpg



もう散りかけです。
桜前線は、北上中でしょうね、
いま、どのあたりかな。

散歩中、
道端の花をちょっぴり頂きました。

f0367170_16373645.jpg



知らない花だったので調べたら、
黄梅、というものらしいですね。
蔓で、ジャスミンなんかの仲間かな。
可愛いです。根が出ないかな。

東京は、花が順番に咲く季節です。

ハナはハナでも、

f0367170_16373697.jpg



マキヲの鼻。
鼻ぼくろ、茶トラに出るらしいです。
子猫の時はありませんでした。
だんだん増えた。
こないだ、誕生日(私の)に、
ぽこせんせいがお祝い動画をくれて、
出てくるマキヲにちゃんと鼻ぼくろが
描いてあって、感心したw
そして、この鼻の下の異常な長さ。
父に言わせると、
「世にも稀なおちょぼ口の猫」
だそうです。






[PR]
# by tsunojirushi | 2018-04-11 16:48 | 植物 | Comments(4)