人気ブログランキング |

連絡

f0367170_01024645.jpg


ひとつ原稿あげて、もうひとつを
持って、明日の朝那須へゆく、と
決めて荷造りしました。
ゆうがた、薬を取りに薬局へ
あるきだしたら電話が鳴って、
母の状態が良くないという報せでした。
取って返して荷物を掴み、そのまま
那須へ来ました。

重圧で、
自分が死にたくなりましたが、今は、
用意してくれた簡易ベッドにいます。
私が休まないと母が心配するから、
みんなに休めと言われて。

お返事とかできません、と言うために
これを書きました。
すみません。
白いモッコウバラは、こないだ来たとき
駅の近くで撮りました。
この花を撮ってから、約一週間です。




by tsunojirushi | 2019-05-18 01:02 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

春のタダ飯

いつもはもっと食べるけど、いろいろ
しんどい&いっぱいいっぱい につき
一通り食べただけ。でも、あげておこう。

f0367170_16363336.jpg


蕗。
今年も「ごじおも」して、自分でも食べた。
例年「きゃらぶき」を作りまくる殿様も
忙しそうでそれどころではない模様。

f0367170_16363347.jpg


セリ。
摘んで→茹でて→絞って刻んで出汁醤油。
ここ→で直したトングが大活躍。

f0367170_16363440.jpg


山椒の木の芽。
たけのこにも活躍したけど、
木の芽田楽。お味噌にも擂り込む。
こんにゃくは、

f0367170_16363469.jpg


峠の釜めし器であたためる。

f0367170_16363465.jpg


みょうがの新芽。
初めてです。すばるさまに教わって。
食べられるとは知らなんだ。
意外なお味。
夏のあの茗荷とは違う味なのです。

アカシアを見に行ったときに盗掘してきた
よもぎは、まだちっちゃいから育成中。
山椒はもう実になって、
お隣さんに差し上げました。
塀を隔てて同じ場所にそれぞれ
鳥フン播種で出たのに、
あちらは♂なので、
「頂戴」って言われました。







by tsunojirushi | 2019-05-17 16:48 | 料理 | Trackback | Comments(2)

鮎解禁

先週だけど、原稿を地味に書いていると
ぴんぽんと、
おとのうものあり。秘密のT邸のTさん。

たねやさんの袋を差し出して、
「解禁になっていましたので」
Tさんと私が好きなお菓子「鮎」が
三日前に解禁になったって。
ご口上も含め、毎年恒例のご馳走様です。

f0367170_23045417.jpg


薄いどら焼きの皮様のものに
ぎゅうひが入っている。
パンチに欠ける薄らぼんやりしたお菓子だ。
B先輩が「よくわからないもの」と言う。
こういうよくわからないの好きでしょ、と
鮎に似た岡山銘菓「調布」もくださる。
形は違うけど、調布も組み立ては大体一緒。
Tさんも私もこういうのが好き。
たとえば、きんつばとか、
too much…って思う。と一致。

門まで出たから、生い茂った
チェリーセージを刈って
スワッグにして吊った。

f0367170_23045575.jpg


「そのうちやろう」とか言ってると
やらないから。
歯肉炎に効くというチンキを
作ってみようかと思って。

書きたいことはあるのだけど、
原稿だけで5000字、
各種報告書もおんなじくらい
書いたので、疲れてしまった…。
しかも、介護業務もかけもちで。
でも、一本書けた。
明日から、次の作品に取り掛かる。

そうだ、B先輩にこれ、



お話したパロディ、これです。
山下達郎が好きな方は笑えます。








by tsunojirushi | 2019-05-16 23:20 | Trackback | Comments(3)

道端の花

f0367170_01115151.jpg


これ、なんていったかなぁ。
子どもの頃、摘むと、乳液みたいな
おつゆが出たんじゃなかったかな。

父母のいる病院から、心を残しつつ
駅へ向かう時、わざと狭い路地を歩いて
春の草花を見てゆきました。
そのため1本乗り逃す…がーん…

今回もたくさん悲しく、でも、
多くを学んだけど、
うまく書けないなー…。
ていうか、
原稿書かないでそんなの書いてたら
どやされるー…。

【追記】

燈台草というらしい。
「春 雑草 白い液」でヒット。
グーグル凄い。
なのだが、その白い液、わたくし
さんざん触って遊んだのに、
「毒」!!!
なんてこと。
燭台のような形からの名前はぴったり。
結構変わった生態のようですね。





by tsunojirushi | 2019-05-15 01:18 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(11)

那須へ

f0367170_22530539.jpg


懲りもせず、在来線を乗り継いで
最ローカルの列車にて。
たまたまこのハンカチ持ってた。

うさこちゃんは、
母から最初に読んでもらった本。
字が読めないのに音で覚えて、
先回りして暗誦したらしい。
言語への執着は生まれつきか。

母の日に会えて良かったかな。
これが最後かもしれない。
うさこちゃんで鼻かみつつ、
めそめそ電車のってたから、
変なおばさんになっちゃった。





by tsunojirushi | 2019-05-12 22:52 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

カラオケで歌いたい歌。
「クレイジーサマー」/キリンジ
「真夏の通り雨」/宇多田ヒカル
「TOKYO GIRL」/Perfume
それはともかく。

ウォールポケットばっか縫ってますが、
過去こんなのも縫っています→
連休中に縫いました。もうだいぶ前に
パーツ裁ってあった。けど、時間が経ち過ぎて
「これはどこだ!?」とパズルのように・・・。
たぶんこうだろ(>自分)、と組んでみました。

f0367170_13172843.jpg


動機は「エアコンのリモコン」でした。
こいつを何とかしたい。仕舞う訳にもいかず、
近くにないとオンオフがめんどうです。

ポケットなどをてきとうに載せて縫い、
バイアスでくるむ。

f0367170_13172844.jpg


このバイアスも年代物だ。新宿の
今はなきTOAで買った、のを覚えています。
愉しかったな、新宿トーア。
バイアスの色名が「新幹線ブルー」です。
生成りに青のキャンバスは、ここで→
バッグインポケットを縫わせて頂いたときの
あまり布。
青い大きなポケット部分もその時に
お預りした生地の小さく出た端切れ部分。
ないものをあるもので。
棒だけはセリアで買いました。短いのを2本
なので、木工用ボンドで接いでます。

f0367170_13172837.jpg


取りつけ、いろいろ悩みましたが、結局
窓枠の下にヒートンを殿様にお付け頂き、
そこへ掛けました。

f0367170_13172867.jpg


ああ、リモコンが片付いただけで嬉しい。
後のものは今後カスタマイズしてゆく予定。
右にちょこっと見切れているカレンダは
マグナムフォトのもの。
写真がいいのは商売柄当然だけど、
サイズといいデザインといい好きです。





by tsunojirushi | 2019-05-10 14:06 | 縫いもの・拵えもの | Trackback | Comments(2)

スパイス便

ぐわいわるいから足にお灸を

してもらってる最中に

うっかり一瞬寝落ちてもう一方の

足で燃えているお灸に触り

火傷しました。痛いよう。
教訓。

上から触るとお灸は熱い(当然)。


ぽこせんせいにアカシア見に行くとお話しし、
その後、お便りいただいたら封筒に

f0367170_11355732.jpg


イラストストーリー「アカシアの思い出」が
描かれていました。じんわりとかわいい。
せんせいはちいちゃい頃おかっぱだったのかな。

封筒の裏だけでも楽しいのだが、中身は凄いの。

f0367170_11355881.jpg


スパイス入門スターターキット。
オマケに豆も。せんせいんちの近所は
スリランカ人口が高く、先日も
辛くないカレー粉「かければ誰でもエスニック」
下さったが、今回のはわざわざ

西葛西の専門店まで買いにゆかれた中から
破格でおすそ分けしてくださった。

f0367170_11355863.jpg


チャイの作り方図解。クロちゃんも出演。
クロちゃんはココ→
せんせいはデザイナーで大道芸人で先生だが
そもそも美大の特待生と云う画家だ。
スーパーマルチアーティストでいらっしゃる。
そして「おいしいもの力」が高い。
いつもいろんなものを教えてもらうけれど、
今回は、スパイスのお勉強。
「いととはり」を書かれる名人ブロガーさんの
ようなスパイスの達人には到底なれなくっても、
勉強しようと思う、だって、「薬膳」だものね。
身体を調えられるならば。
さっそくお野菜のカレーとチャイを作った。
赤ワインも買って来たので、ホットワインもやりたい。
せんせい、ありがとう。

あ、郵便物の本来のメインは、こっちだった。

f0367170_11355887.jpg


北陸の雑貨屋さんのフリーペーパーを
作らせてもらってます。
最新号の印刷あがり。完成品。
イラストとデザインはせんせい、
文は不肖わたくしです。
連休明けからもう配られているので、ここに
載せてもOKかな。






by tsunojirushi | 2019-05-09 12:23 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)

ニセアカシアの林

f0367170_16462509.jpg


ニセアカシア。
がたくさん咲くところがあると知り、
数年前から行きたかったのに、
例によって愚図だから令和になっちゃった。

中学生の時に好きになった木。
マメ科の木の花は
藤しかり、葛しかり、ぶどうのような
何ともいえない良い匂いがする。
ぼんやりした子どもだった頃、大きな木の下に
匂いを嗅ぎながらずっと立っていた。
ぼんやりしたままおばさんになりました…


稲城市押立、多摩川の川沿いの道に、
1キロ程度か、たくさんのニセアカシアが
ずっと連なって茂っている。
JR矢野口の駅から15分くらいかな。
道がわからなくても
近づくと香りがするからわかります。

f0367170_16462588.jpg


林としても綺麗ですよね。
やっと晴れた5/5、花はちょうど盛りで
へとへとに疲れちゃったけど、
見られたし嗅げた。嗅ぎたかった。

f0367170_16462601.jpg


でも木がみんな大きいから、上の方に
咲いてて、もっと、むっとするくらい匂う
かなとおもったけど、そこまでではない。

f0367170_17150694.jpg


低い枝を嗅いで匂いを楽しんだ。

f0367170_17150670.jpg



ニセアカシアはアカシアとは別の植物。
街路樹に重宝されたこともあるのに
今は外来植物として、その生命力の強さから
嫌われてどんどん伐られていると聞く。
わたしは好きだけど、バランスの問題なのかな。



ニセアカシアの花は食べられます。
大昔に行った三頭山荘の山菜料理の中に、

f0367170_17095133.jpg


酢漬けがありました。
これはmixiに載せた写真を転用。
上から二段目左から二つ目のお皿。
キャプションは私が書いたので
信用し過ぎてはいけません。

漬いたものでも、素晴らしい香りでした。




【キャンペーン】ゴールデンウィークの思い出&おでかけスポット教えて!


by tsunojirushi | 2019-05-07 17:01 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(12)

型紙を喰われたと書いたら、
優しい方々からご心配をいただいた。
そこで説明。
マキヲは紙を「むしる」のが趣味なのだ。
一説には狩りをして羽根をむしる名残とか…
昔、殿様が撮った動画が

youtubeにひっそりあったのを
思い出して、埋め込んでみます。



こんな感じ。
最後はドヤ顔っていう…
何しろ大事なものであろうが関係なく、
否、
大事なものほどやる。

B先輩からお借りした本を

うっかりやられてしまったことも。
この時はいつもなら箱や袋に入れるのに
読んでてうたた寝した間にやられた…。
昨日の型紙も台所で一心不乱に調理中、
殿様が「あっ! やっちゃってるよ!」って、
ゾォーーーっとします。
マキヲは何かにつけ「やらかす」ヤツ。
って、それだけだと巻亭日乗みたいなので、

荒れ地庭は今、花盛りです。

f0367170_22291209.jpg


躑躅。昨年の剪定が良かったか。
天才かもしれん…
この木、ずっと前はこのピンクと
紅色の混成で咲く木だったのに、
いつの間にかピンクが優勢に。
九割がたピンクになってしまった。

f0367170_22291256.jpg


ハゴロモジャスミン。
拙宅では「雑草」あつかい。
花屋さんでイイお値段で売っていると
「れれれ」と思います。

f0367170_22291305.jpg


スズラン。父がくれた。
昨年来、病状不調と介護沼に陥り
何にもしてあげなかった。
のに、少しですが咲いてくれた。

この他、黄色いあやめとか、いろいろ咲いて
ぶんぶんぶんて蜂が来ます。

あしたはとうとう頸の病院です。
ゆううつ。








by tsunojirushi | 2019-05-05 22:36 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(8)

ゲリラ豪雨

ニセアカシアを見にゆこうと思っていたのに
あんまりぐわいよくなかった・・・ら、
午後からまだ五月なのに早々のごりらげーう
じゃなくてゲリラ豪雨が来てしまって
ゆけなくなってしまった。

うっかり草むしりして体力を消耗したのに
雨になっちゃったから仕方なく、
ぐわいわるいけど、型紙写しをしてたのに、

f0367170_23145874.jpg


マキヲが邪魔をした。ごはんをあげて、
その後、人間のご飯を作っている隙に、
凄く苦労して作った型紙をあぐあぐして
破いてしまった。マキヲのバカ。
手は痛いし、もうやり直ししたくないし、
紙もないし、こんなの作れるかわかんないし
作っても着られないかもしれないし、と
悲しすぎて凹んでいたら
お殿様が破けたとこを補ってくれたけど
わたしはご飯を作っているから
親たちもいろいろ気がかりばかりで、
元気が出ないなぁ…。
何しろ稀代の愚図なのだ、
何もかも遅きに失し、どうしようもない。

ちょーでーが優しくもくださった
お手作りの粽をいただいて、今日はもう
寝ちゃおう。

f0367170_23145856.jpg


素朴なお味でとってもおいしい。
こんなにきれいで美味しいものが
作れちゃうって、人間力が高いなぁ。

何にもできない自分が恥ずかしい気持ち。
あしたは晴れるかなぁ。






by tsunojirushi | 2019-05-04 23:27 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)