白玉つくる

暑いから、おやつは白玉だ。

f0367170_21425764.jpg


手が不自由なので、丸にするには
結構工夫して手を使う。
ソロバン玉みたいになるんだ。


f0367170_21425745.jpg


保存庫の奥にあった
蓋が錆びた茹で小豆。
消費するために、粉を買った。


f0367170_21425738.jpg


昔、母の父(祖父ですね)が、
遊びにいった私たちに、
「今日はいいものがあるぞ」と、
白玉を作っておいてくれた。
冷蔵庫から得意そうに祖父が
取り出した白玉。
お砂糖をかけて一緒に食べた。

今日、母と食べるとき、話したら、
母は覚えていなかった。あれ。
でも、あまい白玉は嬉しそうで、
おかわりして食べていた。


今日は忙しかった。てんこ盛りに
手配やら打合せがあり、おまけに
ストックのお米に虫がいて、日向に
虫干ししたり。暑くてくらくらした。

どこにいても、やれることをしたい。
とかんかえる。
ほんとはこちらでやりたかったこと、
色々あるのに、あまり進んでいない。
期間限定の人生のうち、
使い道をなるべく間違えたくない。
よくかんかえて。
或いは、直感で決めて動く。
痛いから、慎重に。



[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-31 21:40 | 料理 | Comments(6)

ホームベーカリ体験

一昨日は台風が近づいていて、
那須邸にはパンがなかった。
お菓子を食べればいいんだが、←
普免がない「わたしヘルパー」は
買い物にゆけない。

しばし沈思黙考する。
お。焼けばいいのだ。とひらめく。
父は天然酵母をかけつぎして、
ずっとパンを焼いていた。
それは無理でも、簡単なキットなら。
密林を探したら、
うちのホームベーカリのメーカ、
パナの出しているミックスを発見。
お急ぎ便で取り寄せる。

f0367170_21501678.jpg


機械をスタンバイして取説読んで、
「さあ、来い、Amazon!」


f0367170_21501630.jpg


来た来た。パナ純正食パンキット。

箱を開ける。
お粉とお水を焼き型に入れる。
イーストポケットにイースト入れる。
スイッチ オン!

それだけ。幼稚園年長さんから
できること間違いなし!

パタパタ音がして、それから
シーンとして、約四時間。


f0367170_21501687.jpg

ピーピー♪ゆって開けましたらこれ。
おおおおお、パンだ。


f0367170_21501646.jpg

写真がまずいですが、ちゃんと
焼けました。

今朝食べましたが、お手本みたいな
食パンでした。
父が焼いていた天然酵母には、
遠く及ばない。当たり前だけども。
でも、機械の勉強にはなりました。

今日も、人生日々勉強です。
と、おもっています。



[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-30 21:43 | 日々の出来事 | Comments(0)

シロザついに食べる

洗濯物を干しに庭に出て、
荒れ庭のあちこちから、少しずつ
シロザを摘んできた。

f0367170_18183574.jpg

よく洗って、お塩を入れた
お湯で茹でた。
先の若い部分だけなので、
さっと。短めに。


f0367170_18183634.jpg

水に取って、絞って切ったの図。
お浸しだけど、何もしない。
まず、味をしっかり知りたいから。
端っこを食べてみたら、べらぼうに
美味しかった。
何にたとえたらいいか、旨味が強く、
葉ものよりも、そう、こごみとか、
アスパラとか、そういう味。
苦味はない。明日葉ほどクセもない。

とても、美味しい。
少しアクがある。野趣が持ち味。
生きていて、知らないことをまだ
体験できるのは、幸福だとおもう。
母と二人で夕飯に食べた。

f0367170_20504329.jpg



[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-29 20:44 | 植物 | Comments(4)

アース棒 earth に刺す

人生、日々勉強です。
手の届かない母仕様に出窓にある電子レンジを流し台の高さに下ろそう。
としたらば、
電源は何とかなったが、窓外に出されて地面に埋められたアース線が足らない。


f0367170_13161887.jpg


見えます?
で、掘り始めたのだが、まー、石ころがすごくて掘り進めない。手が痛いのに
バカみたい。でも、掘ったのです。
なのに、最後まで来たら、


f0367170_13182722.jpg

(ー_ー;)

線の先に、謎の物体が付いていて、それがコンクリにガッチリと差し込まれていた…。

…もうだめだ…。

どこで買ったか母に訊いたがわからない。でも、田舎の人は親切なので(本当にそうなのだ。実感しています)、色々と買っているらしい家電店へ電話してみた。
親切なお兄さんが出たので、そのまま事情を話してみた。
すると、
その物体は「アース棒」というものであること。
50㎝もあること。((((;゜Д゜))) を教えてくれた。
絶対掘れません…(;ω;) と、泣きを入れたら、
それでは、と、
「棒を諦めて線だけ取って、届く場所に埋め直す」
或いは、
「コンセント自体にアースを付ける工事をする」
の二択をアドバイスしてくれました。

物置からペンチを出して線を切る。
先端を剥いて、石に巻き付けて、届く場所の地面に応急的に設置する。いずれ、アース棒付きの線を買います。

おかげさまで、電子レンジは低い場所に置けました。穴堀りで消耗したのでご飯チンして、塩引きでお茶漬けしたのだが、ちゃんと使えました。
コジマのお兄さんはお忙しい中、訳のわからないおばさんの相手をしてくれて、親切だった。今度家電を買うときもコジマにします。


家電関連おまけ。

f0367170_13505184.jpg


先週、東京に居たとき撮ったうちのニャイボ。AI が入っているから、当然、自ら充電するのだ。ボキは。
今、どのくらい? 68%くらいか。
もう少し入るとピカッと元気になるんだよね。




[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-28 13:13 | 日々の出来事 | Comments(5)

ブラックベリー黒く

f0367170_07545442.jpg


那須の庭のブラックベリーが
だいぶ美味しそうに。
綺麗だなあ、と眺めます。
少しだけでも、ジャムに挑戦
してみようかな。

三日ばかり、那須は
比較的過ごしやすい気温です。
昨晩は、19℃しかなかった。

どんなことも、失敗からも、
学んだらいいのだ。と思います。
それだけしかできることはない、
のかなとおもうので。

吉村昭の「海も暮れきる」を
読み終わり、すごく感銘を受けたが、
そのため感想がうまく書けず、
下書きのなかに入れたままです。
少なくとも私は尾崎放哉にとても
親しい気持ちを持てました。





[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-27 07:54 | 植物 | Comments(0)

謎のお肉を前面に出す

酷暑の候、
お見舞い申し上げます。


こんなの食べました。

f0367170_01515864.jpg

カップヌードルのあのお肉、
通の間で「謎肉」と呼ばれ、
親しまれています。
ですけんど、
当の製作者が、
自ら名乗ってしまう、という。
なかなか前向きですね。


f0367170_01515832.jpg


謎肉いっばい。マシマシ感。
スープがキリッと辛口で、
暑い日には美味しかったです。

という、どーでもいい記録を
また、那須へ来て書いてます。

もう涼しくなったから
寝よう。




[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-26 01:50 | ちょっといい | Comments(2)

ヘアドネーションできた

今朝、
BEFORE用に撮ってもらった。
柳原先生のうちわ自慢もする。

f0367170_22433957.jpg


年配の人の小汚い髪ではあるが、
何故写すかというと、
「これでも出来ます」という目安に。
白髪でも大丈夫だそうです。
染めたり加工して使うから。


猛暑の中、すり足で美容院に行く。
美容院の「EARTH」さんは、
全店でドネーションが可能。
許可を得て、書かせていただきます。
もう6、7年なさっているそうです。
HPこちら↓。
http://hairmake-earth.com/


f0367170_22433950.jpg



まず、ゴムでブロックして縛る。
一応、朝、洗っていきました。
で、31センチ測りながら切る。



f0367170_22433917.jpg



とりあえず、切り落としたところ。

4つの毛の束ができました。
これを預かって送ってくださいます。
自分でするのは大変だけど、
EARTHさんはそれを代行して
くださるので、とても楽。
また、切ってくださった方曰く、
「縮毛矯正を何度もしていたり
ブリーチしている、とかでない限り
大体大丈夫です。カラリングも。」
とのことでした。

その後、シャンプーして、
きちんとカットしてくださって、

f0367170_22433923.jpg



こうなりました。
「どんなふうにしますか」と
言われたので、きめきめでなく、と
お願いしました。
気合の入ったお洒落とか、髪型とか
苦手です・・・。
やる気があんのかごるぁ、みたいな
だらしないのが好きです。
「難しいですね・・・」
と言われました(笑)

また2年頑張ったら、
出来るかな。
生きていられたら、やりたい。
もっと髪もたくさんあって
元気だった若い時に
やったらよかったな、と
思います。
関心のある方へ、参考になれば、
とこれを書きました。








[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-23 23:01 | 日々の出来事 | Comments(6)

オクラはみじん切りに

テレビで栄養学の先生が
「オクラはなるべく細かく切って」
さらに「水に浸けておく」と。
栄養成分倍増だという。

お昼におうどん食べる予定だったので、
朝のうちに刻んで、薄めた白だしに浸け
冷やしておきました。


f0367170_16233515.jpg



すんごいねばねばになります。
自分、
いろいろと知らないことが多いです…。

他にもいろいろお薬味用意して。
右の方のお味噌みたいなのは、
新作の梅干しです。
殿様は紫蘇を入れない主義なので、
出来立ての梅干しは「オレンジ色」です。

f0367170_16233505.jpg



おうどんは水沢うどん。
つるつるっとやや細めの麺です。
これにさらに四万十の海苔なども。
美味しくいただきました。
オクラ、凄かったです。
今までだって食べてはいたのに、
びっくりしました。


f0367170_16404800.jpg



参考写真(撮影もお殿様)。
助手不在につき、お殿様が御自ら
干された今年の梅。
完熟を漬け、紫蘇を入れないので
こんな風に黄色いのです。


毎日暑くて、くたびれます。
在京、
大したことは出来ていないけれど、
昨日は腰の整体にも行けました。
(これもちゃんと書きたいけどな…)
一昨日は父の故郷である中延の
歯医者さんにも行けました。
あとは、
もう少し仕事を進められるように。
今はゆーちゅーで
Frankie goes to hollywood
聴きながらこれを書いています。
懐メロだね。
でも、夏に聴くとちょっといい。



[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-21 16:35 | 料理 | Comments(12)

ひろった椅子

f0367170_14463640.jpg


隣の村でずっと前に拾った椅子です。
王道の、ガレージに置いてありました。
「ご入用な方、どうぞ」と書かれて。

対でした。
「あ」と見つけた時、もうひとつは
高校生くらいの男の子が抱えていて、
「ふたつ欲しいのかも」と思ったけど、
私も欲しかったので確保して(鬼畜)、
運んでもらいました(殿様に)。

旧いものですが、枠組みは籐だけど、
編んである部分がビニルなので、
却って傷まないのです。
古ぼけているけど、元気です。
うちに来るお客様は、ごく自然に、
この椅子で寛がれてることが多いです。
魔法の座り心地。特に夏は快適。
推理小説には、
安楽椅子探偵というジャンルがあるし、
座ると悪夢を見て命を落とす椅子、
なんてのもお話に出てきますね。

この椅子での恐怖と云えば、
猫たちも好きで、下にいたりするから
不用意には揺すれないことかな。
(しっぽをムギューしたら大変だから。)
下を確認してから、ゆらゆらさせます。

小さい頃、
この下で寝ていた丁の写真があります。

f0367170_15310880.jpg


右腕ww

f0367170_15310932.jpg



下も、居心地良かったらしいです。
もう一脚の相方は、元気でいるかな。




[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-20 15:33 | ちょっといい | Comments(2)

なかった駅

前回帰京した時は、パンフレットに文を
書かせていただいた公演のゲネプロを
観せていただきに行った。

ゲネプロと云うのは演劇の世界で
衣装やメイクもして、すべて本番のままに行う
舞台稽古のことです。独・Generalprobeが
語源らしいです。

会場が、昔々、大昔、高校の通学に
使っていた最寄駅の辺りでした。
横浜のローカル線「相鉄線」。

f0367170_11150527.jpg



なのだが、
当時、これは「まだなかった駅」。
この看板の右手の「いずみ野」が終点で
その後延伸してできた駅。

それも既に昔で、この度訪れたら、
沿線は、ずいぶん発展していました。
私が走って駅まで行ってた時は

周囲一帯には山しかなく、
足元の薮をうずらが駆け抜け、
私も駆け・・・という
伊賀野カバ丸的な光景だったのに。
何で走るかというと、

毎度ギリギリだからで、
山を走り越えて相鉄線に乗り、

星川で降りて、
そしてまた、山を駆けのぼるが、
やはり遅刻で、
高校の裏門(閉まった後)を

乗り越えて登校・・・という、
褒められたものではない毎日でした。

駅にくっついて建っている、劇場へ。

f0367170_11145974.jpg


f0367170_11145935.jpg



演目は

子供のためのシェイクスピアシリーズ
「冬物語」。
こんな遠くの、しかし、
自分がかつていた地域で
仕事のお芝居を拝見するのは、
不思議な気持ちでした。
パンフレットでは、観劇の手引きとなる
豆エピソード集を書いてます。
公演あちこちでありますので、
宜しければら是非お運びください。


帰京中は、いろいろと「すべきこと」を
詰め込むので、ダウン気味です…。
今日もこれから戦いだ。暑いし。



[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-19 15:03 | 日々の出来事 | Comments(6)