生き物仲間に出会う

こないだ、買い物帰りにプールを通ったので、
(当然お休み中です)
外周に張ったネットの隙間から、ちょっと覗く。


f0367170_16275597.jpg



あ・・・れ?
鳥カメラがあったらよかったけれど、
買い物にはp600持たんわ。
CA003の工学ズームぎりぎりで撮った。

のをトリミングした。

f0367170_16275579.jpg



いちゃいちゃしているひとたちが。

「ハニー、どうだいいい所だろう」
「ええ、素敵な水辺ね、ダーリン」
「ここに僕たちの家を作ろうか…」
「まあ、・・・それってプロポーズ?」



とか話していないか。
だめだめだめ、
プールだから。

夏は浸かりに行ったりします。すると、
中華屋さんがお子さんと泳いでいたり
します。


別の日、
グーグルストリートビューを使っていたら、

あっ!

f0367170_16275558.jpg



ねこ発見!
よそ様のガレージなので、引けないけど、
寄ってみた。

f0367170_16275636.jpg



グーグルカー来た時、日向ぼっこしてたんだね。
かわいいねぇ・・・。
リアルに会うことは、ないと思うけど、
元気で暮らしておくれ、って思います。

町の中で、少し種類の違う生き物に会うと
嬉しい。
出来る限り、一緒に生きられたらいいと、
かんがえます。









ほっとフォトコンテスト





[PR]
by tsunojirushi | 2018-03-09 21:30 | ちょっといい | Comments(4)

ゴッホ

愛読しているブロガーさんの記事を拝読して、
載せはぐって、「もういいか」と思っていたことを
やっぱり書いておこうと。

f0367170_12080842.jpg



少し前に先輩に教えていただいて、観た映画です。
アニメ・・・と言っていいのだと思います。
コンテを世界中のペインターが何万枚も描いて、
それで制作したゴッホの映画。全体がゴッホタッチ。
その贅沢な画像で、ゴッホの生と死を描いたものです。

もともとゴッホが好きです。展覧会は、
観られるものは観ます。昨年は愛知県でも観ました。
数年前、無名塾の仕事で「炎の人」に関わって、
三好十郎のこの戯曲に、いたく心を動かされました。
セザンヌも、熊谷守一も、長谷川りんじろう(本当は漢字)
作品も好きなのですが、なんというか、
良い意味での唯我独尊(って変だけど)な人に惹かれます。
この映画、ご興味あったら観てみてください。
ある種の「異世界体験」はできます。


使っているタブレットのカバーも、

f0367170_12080819.jpg



ゴッホにしています。丁の足りない尻尾を撮る
スケール代わりにした写真ですが。7インチです。
中途半端に短い尻尾でしょう?

と、積み残しを書くだけなのですが、
おいしかったチョコレートも(時節柄)載せます。


f0367170_12080838.jpg



バルタンD(友人の2/14の呼称)に。
ダークチョコでオレンジピールを包んだ
いわゆるオランジェットなのですが、
ロイズさまのこれ、美味しかったので書いておきます。


さ、今日は頑張って病院です。春めいてきて不調だ。













[PR]
by tsunojirushi | 2018-02-15 12:23 | ちょっといい | Comments(2)

箸方の石けんほか

f0367170_14204178.jpg



秋ごろから使っている箸方の石けん。
すごく、気に入りました。洗い心地も、香りも。
その昔、「一生これ」と思っていた一柳香雪堂の
アンウィロウズグリセリンソープ、
雑貨店などでヒット商品になっていたので
ご記憶の方もおいでかも知れません。
都内の小さな町工場で作られていて、
製造をお止めになる時、電話して事情を
うかがってしまったほど好きでした。
今、画像を検索しても出てきません。
ので、描きました(えええ)。

f0367170_23020721.jpg


こんな感じの「紙」に包まれてて、剝くと
銀紙で、箸方のとよく似た黄色い石けんが
入っていました。いい香りでした。
画も「こうじゃない」し、綴りも確認していない。
でも、ご記憶の方なら、きっとこの落書きで判る。
と、信じている…。

それがなくなってしまってから、
いろいろ使いまして、
少し前に使っていた「藍の石けん」
とても好きでしたが、私には高価でした。
箸方さんの石けんは、へたくそな絵の
大好きだった石けんを彷彿とさせます。
最近のヒットです。


もういっこは、メイク落とし。
大してやらないメイク、たまにした日は、
最近これ、使ってみてました。
ちふれの洗い流せるコールドクリーム。
ネットなどで評価が良かったけれど、
試さないことにはわからんので、

f0367170_23020863.jpg


レフィルを買う。(合わなくても被害が最低限)
で、容れ物は、これでどうかな、

f0367170_23020853.jpg



写真をいい加減に撮るから、いろんなものが写った。
正しい用途はドレッシング入れですね。
それに詰める。

f0367170_23020873.jpg



半年ほど使いましたが、なかなか良いです。
問題はやはり、濡れた手では使えないことかな。
あと、時間がかかります、乳化に。
でも、乾燥肌(私)の方にはおススメできます。
しばらく使ったので、もう書いていいかな、
とレビューでした。












第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by tsunojirushi | 2018-01-29 22:54 | ちょっといい | Comments(2)

iHerbの買い物

海外の品物をお安く買える通販を使ってみました。

f0367170_16401378.jpg



もっと時間がかかるものかと思っていたら、
支払から一週間ほどで着く。佐川さんでした。
開梱すると、

f0367170_16401383.jpg



こんな感じ。このプチプチがスゴイの、くっつくの。
初回ですから少しだけ。四千円だか買うと送料タダですが。

f0367170_16401392.jpg



右から、死海の塩(バスソルト。効く。)、
Kuumba Made のリップティント(素材に期待して)、
ルテイン(目が壊れてから飲んでいます)
コケモモのジャム(評判が良かった)。
後ろはチョコレート。お茶の葉を使ったチョコです。

f0367170_16401490.jpg



いろんなもので唇が荒れることは前も書きました。
これは、ミツロウfreeというところに惹かれて。
透明で茶色、という日本ではなかなかない色。
付けてみて大丈夫のようです。350円くらいでした。
他のものも、基本的に安価に買えます。相場を調べて注文しました。
化粧品などは特に、日本は「添加物」の面で遅れています。
外の方が安全なものを安く、作っていると感じます。

ジャムが、とても美味しかった。北欧のものです。
リンゴンベリーって、日本ではあまり見ませんね。
購入をご検討の方がご覧になるかもなので、

f0367170_16401491.jpg



Ingredients=原料を転記しました。↑
ペクチンは入っていますけれど、甘さが少なく、
実に美味しいです。成分表を見てもそうですね。
(一番多いものをトップに書く決まりが世界共通だとすれば。)
私が買ったときは300円台の嬉しい価格でしたが、
その後、レートの関係か、600円台に。なんと。
もう買えない・・・。とがっかり中。
この辺が、海外からだと難しいとこなのかなぁ。

コンビニからの振り込みならカードも使わずでOK。
日本にはない、いろんなものが買えて(しかも安く)
面白いです。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-12-17 17:07 | ちょっといい | Comments(0)

少し前に興味を持った「ココナッツバター」。
オイルとは違い、脂肪以外の果肉も全部入っています。

f0367170_00354276.jpg



自然な甘みと香りで、
そのまま食べても美味しいのですが(危険。どんどん肥えそう)
こんなして、

f0367170_00354256.jpg



ドライフルーツを入れて(ナッツなども)固めると
チョコレートみたいになって、切るとおやつになります。
25℃くらいで固まってしまうので、冬場は岩石。
オイルもこうやってキューブ状にしておくと便利かも。


ブログでたくさん学びます。皆さまありがとうございます。
教わった蕗味噌。買ってみた。

f0367170_00354220.jpg



たしかに美味しい。というか、そもそも蕗味噌を春に
自作するようになったのは、白馬にスキーに行って
マルシェみたいなので買って「旨ーーー」ってなったのが、
きっかけでしたから、まさしくこれが、入り口。
以来、自家製ばかり食べていて、
久しぶりに「正調」を頂きましたが、懐かしかった。
そして、自家製には自家製の良さがあることも解りました。
春に、まだできていたなら、また作りたい。

あんなそんなポテトも作りました。(本当はポテトアンナです…)

f0367170_00354217.jpg



この時は高速でごはんを作らなくてはならなかったので、
オーブンで焼く、を省略しましたが、それでも美味しかった。
次はスキレットで、ちゃんと焼き上げようと思います。
レシピをありがとうございます。

皆さんほんとにいろんなスキルと、豊富な知識をお持ちで
たくさんのことを教えていただいています。
最近は、編み物を動画で教わるのにもハマってしまい、
延々と編み物動画を見てしまう。
手が使えたらもっと編みたいのになぁ。
インターネットって凄いと思っています。
こんなに世界中の「存じ上げない方々」の叡智に
触れることがあるとは、その昔、思いもしなかった。
ネットはたしかに世の中を変えたかも、と感じます。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-12-15 00:53 | ちょっといい | Comments(2)

読書器

f0367170_15175908.jpg




本を開いておく道具。
そんなもん要るのか、とお思いでしょうが、要ります。案外。
読書はもとより、資料を開きつつ何か書く仕事をしますので、
便利なんですーーー。
アマゾン様で買いました。300円くらいだったかな?
折りたたみ式で、使わない時はペンスタンドに収納。
良くできています。

今日はこれから「坂の上の家」を観にゆきます。
吉祥寺にゆくなら寄り道もしたいところだけれど
風邪みたいな症状(なのかリウマチの亢進なのか不明)
で、全身痛くてへろへろなので、ゆっくり目の出立。
でも、観られそうで良かった。

いってきます。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-11-06 15:23 | ちょっといい | Comments(0)

水鏡

私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


f0367170_18343800.jpg



先週の横浜の思い出。
お天気が良くて、青空と、
左側で手を振ったB先輩と、
帽子を落としそうな撮影者が
水面に写りました。

横浜の

f0367170_18343816.jpg



f0367170_18343942.jpg



f0367170_18343940.jpg



ジェラールの水屋敷、という遺構です。
仕事の見本として発行している
フリーペーパーのための取材、
記事は、制作中の次の号に載せます。

横浜には角の丸い雰囲気があって、
何となくほっとします。



寒くなりました。そして、仕事が終わりません。
が、ちょっと息抜き。
はー。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-10-15 19:18 | ちょっといい | Comments(0)

昨日はびよいん行きまして。血液検査終わって、どーせ待つからとお茶買いに行っちゃって、中庭で「ふー・・・」していたら、「あっ!!いけね、今日頸の写真撮るんだった!!」って慌てて戻ったら、放射線の受付に私のカルテが置かれてその上に「呼んでもいません」ていう大きな札が置かれていました・・・。技師さんは「そんなこったろうと思いましたw」と笑って、6枚写真撮りました。先生が細かく見てくれて、先月までの「腫脹と破壊」によって、若干下の方の軟骨がなくなっている/3番4番がややずれている/全体にストレートネックになってしまっている/が、リウマチでもっとも破壊が起きる1番2番の部分には大きな病変は今はない。手にしびれなどが出ない限りは経過観察/ボキボキは改善を待つ。という結果になりました。写真で見る限り、ボキボキは4番の骨です。以上、自分メモでした。

さて、びよいん帰りに(保冷バッグで注射携行のため近所だけ短時間)、村にほど近い街にちょこっと寄り道したら、「青森ひば」の出店をみつけました。遠くからあの香りに気付いてふらふらと近づいてしまった、あの香りには勝てん。
入魂のおじさんの説明、取材内容をまとめるとこう。
「ヒバはヒノキよりずっと目が詰まっていて、かつ樹液でバリア効果がある。よって水に強く、カビなども樹液の抗菌効果によってきわめてつきにくい/まな板は傷がついても黒くならない/厳島神社の本殿はヒバ。水に常に浸かっていても腐らないから/東北のエリアではお風呂はみんなヒバ。関東はヒノキを有難がるけれど/伊勢神宮のあの長い橋、あれもうちのヒバを持ってった。お宮は遷宮するからそんなにもたなくてもいい、だからたしか輸入のヒノキを使っている、国産より強いから。でも、橋は遷宮しないので長く使う、そのためヒバにしている/宮大工さんはヒバの力をよく知っている/鈴虫やかぶと虫(ブリーダーということ)の寝床にも使われて、効果がある/枕などはいっさいダニが付かない」
となる。売っている方の言う事だから、全部が正確かどうかはわからない。でも、とても面白かった。ヒバの家に住みたい。

お風呂の椅子とか桶とか、いろんなものあったけれど、貧乏で買えないから、


f0367170_11565503.jpg

f0367170_11565688.jpg

また、チップ、買いました。で、ここの→ ひば枕 の記事) 小さなピローの中身を入れ替えました。すっごいいい香りになりました。今回のは、わりと大きくて厚い感じですね。

非関連項目。
ヒバオイルはお高くて買えなかったのですが、こんな油を最近導入しました。


f0367170_11565511.jpg


流行っていますね、ココナッツオイル。私の場合は、リーキーガット関連で興味を持ちました、昨年からのβdグルカンの上昇、もしかしたら腸に関わっているかな、とかんがえたことがきっかけです。これは細かく書くと長いので今は止める。
ともかく、狂信的なことはしない主義なので、小麦類を少し控える。食べるならお米も含めて全粒なものを/ココナッツオイルに切り替える/発酵食品と野菜を食べる・・・くらいのやり方で。何事も表裏一体ですから、極端なことはしません。できる範囲で。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-09-14 12:13 | ちょっといい | Comments(13)

一澤の鞄を別注する

若い頃、どうやって知ったかは忘れてしまったが大変に憧れて、京都まで買いに行ったことがありました。当時は「一澤帆布」といいました。八坂さんを目印にバスに乗ってドキドキしつつ訪ねて行って、初めて買ったのはボストンバッグ。好きな色の持ち手を付けますよとおっしゃってくださったので、黒の本体にベージュの紐を選び、数か月わくわくして待って、受け取った時は嬉しかった。荷物を開けると、カバンはコーヒーガムみたいな香りがしました。当時の防水剤のにおいだったのだと思います。今はしません。
記憶の中にあるお店は木造で、床も年季の入った光る木で、たくさんの鞄がかかり、奥には職人さんたちがいらして、それは素敵な空間でした。ガリ版刷りみたいなカタログをくださったので、その後いくつか送っていただいて買いました。が、その後私は病気で手が痛くなったこともあり(斜め掛けの軽い物しか持てなかった時期もありました)、ひとつずつ手放して(D&Department Store のフリマで売ったり)残っていません。今となっては、とっておけばよかった・・・と思います。
その後、継承に関して問題が起きたことをなんとなく知りました。悲しい気持ちになったのを覚えています。

昨年、お洒落な先輩が使っておいでで、それには「㐂一澤」のタグが付いていました。綺麗でした。これなら持ちたい、と思いました。先輩はお店の分かれた事情などもご存じで、それも聞かせてくださいました。その後、お金を貯めて、横浜のそごうに出店されるのを待って買いに行き、黒い鞄を一つ買いました。


f0367170_12165030.jpg
 

f0367170_12165049.jpg


本来はこの鞄、ステッチはアイボリーの糸です。別の型の黒い鞄にこの国防(一澤さんではそう呼ばれているようなので)の糸が使われているのを見て、「年を取った自分には、この黒にアイボリーの元気な組み合わせがちょっとしんどいので、できることなら、こちらの国防の糸で仕立てていただけませんか?」とお願いしました。お店の方は少し考えられて、「京都に持ち戻って相談してご連絡します」とのことでした。ドキドキして待ちましたがちゃんと電話があり、「お作りします」と製作にかかってくださり、数か月後に届きました。初恋の人に再会。
思った通りの地味さ加減、これなら、くたびれた自分でも大丈夫です。とても気に入っています。私にとっては贅沢な、「ここぞ」という仕事に持ってゆく勝負カバンです。


と、買ったのはけっこう前なのに、今頃これを書いたのは、ハガキを頂いたから。

f0367170_12165034.jpg


久しぶりの出店。芝居の初日でちょうど池袋に行くので、身体の痛さ次第で覗けたら覗いてみようか。買わないけれど、眺めるだけね。このハガキもなかなか素敵ですよね。奥ゆかしく、真面目でいい。


昔のタグには「知恩院前上ル」と、住所が書かれていたように思います。(というのを確認したくて今、画像検索を掛けたら、復刻タグなるものを見つけた…。うーん…。) 
手放してしまった初号ボストンや、小さなキャメルのバッグ、赤いトート、みんなどこかで誰かが使っててくれるといいな。使い込んだカンジもまた、いいんですよね、帆布のカバンって。今回のこれも、大事にながく使いたいです。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-07-14 13:00 | ちょっといい | Comments(0)

私的梅雨明け(勘!)

梅雨は明けました。と私が思っています。ここ数年の経験と野生の勘。東京、何年か前から夏は前倒しです。7月が盛夏、酷暑です。そして、8月になると台風が襲来し、あっという間に虫が鳴き始めます。8月丸々残暑という感じで9月は秋です。子どもの頃、8月は毎日お天気で暑くて、こここそが「真夏」だったのになぁ。

暑い中、図書館にここしばらくの仕事のために借りた資料を返しに行ったら、何だか館内が暑い。「節電ですか?」と訊いたら、げんなりしたお顔で「故障です・・・」と。ええええええ。「35度なんです・・・命がけです・・・愚痴です・・・」って、そ、そらそうだ・・・。扇風機たくさん回して頑張っとられました。早く直してあげてください。じっくり本を選ぶにも暑いので大倉崇裕一冊だけ借りて退散。

村には喫茶店がありません。マジです。わたくしはクリームソーダが好物なのです。こんな暑い日はあのみろりろの人工的なソーダにアイス載ったのを飲みたい。飲みたいったら飲みたい。けど、お店がありません。仕方なく、メロンソーダを買って、アイス買って、自作しました。


f0367170_22161868.jpg


ちょっとメロン色がパンチに欠ける。でも美味しかった。自分で作ると、アイスもソーダも足し放題なので無限に楽しめます。← 
村にクリームソーダが飲める喫茶店ができますように。


まだ夏が浅いので、夜になると涼しい風が吹きます。BUMP OF CHICKENの新しい(らしい)曲が好きです。





窓を開けて夜の風を入れながら聴くといい気持ち。この難しいダンスのステップのような曲自体も面白いけれど、何しろ、昔から、この「唄」が大したものだと思っています。そもそも美声ですが、いろんな人が混在しているような自在な語り口で、こんなに上手に歌を歌える人が居るんだねぇ、と思います。「記念撮影」この歌詞もとてもよくできていて、ああ、そういうことあるある、と物語を味わえる。こんな写真が、誰にでもある。イメージが拡がります。
音楽はムーンライダーズが生涯の友で、それ以上は出ません。これはもう、どうしようもないので。たぶん。
もっと好きなものを探すべきなのか、と少し前まで思っていたけれど、今は「伴侶はもう探さなくていいとして、好きな友だちがいてくれたらいい」と思って、ちょっと好きなものをいろいろ聴いています。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-07-12 00:06 | ちょっといい | Comments(2)