人気ブログランキング |

カテゴリ:料理( 87 )

春のタダ飯

いつもはもっと食べるけど、いろいろ
しんどい&いっぱいいっぱい につき
一通り食べただけ。でも、あげておこう。

f0367170_16363336.jpg


蕗。
今年も「ごじおも」して、自分でも食べた。
例年「きゃらぶき」を作りまくる殿様も
忙しそうでそれどころではない模様。

f0367170_16363347.jpg


セリ。
摘んで→茹でて→絞って刻んで出汁醤油。
ここ→で直したトングが大活躍。

f0367170_16363440.jpg


山椒の木の芽。
たけのこにも活躍したけど、
木の芽田楽。お味噌にも擂り込む。
こんにゃくは、

f0367170_16363469.jpg


峠の釜めし器であたためる。

f0367170_16363465.jpg


みょうがの新芽。
初めてです。すばるさまに教わって。
食べられるとは知らなんだ。
意外なお味。
夏のあの茗荷とは違う味なのです。

アカシアを見に行ったときに盗掘してきた
よもぎは、まだちっちゃいから育成中。
山椒はもう実になって、
お隣さんに差し上げました。
塀を隔てて同じ場所にそれぞれ
鳥フン播種で出たのに、
あちらは♂なので、
「頂戴」って言われました。







by tsunojirushi | 2019-05-17 16:48 | 料理 | Trackback | Comments(2)

晩のおつゆ

今はおみおつけやおすましとか
召し上がる習慣も廃れ気味かな…。
拙宅は何しろ一汁一菜(二菜くらいか)
なので、おつゆものもおかずのうちです。

最近おいしかったもの。

f0367170_21275822.jpg


これは、トビウオのつみれ汁。
トビウオって固いんですよ、身が。
なのでお魚と云うよりも、なんだろ、
鶏の胸肉で作った感じの食感。でも、
そこは飛び魚。すんごく出汁が出て、
おつゆが旨かったー。
この日はお土産があって、

f0367170_21275869.jpg


六本木「おつな寿司」の
お新香巻セット。
この町に勤務していた頃は
じつによく食べました。懐かしい。

春の今は庭から獲ってきて

f0367170_21275940.jpg


のらぼう菜のおみおつけ。
のらぼう菜、ほんとに旨い。

猫先輩から教わったこれも好き、

f0367170_21275997.jpg


なめこと大根おろしのおみおつけ。
お椀の塗りが欠けてる…
ほんとに美味しいんだ。

B先輩が「ふのり」をくださった。
殿様の身体には良いのだ、と
調べてくれて。優しい。

f0367170_21275917.jpg


お水でもどしてさっと煮た。
すんごい美味しかった。
煮干しの出汁にプラスオンという感じ。

ま、大体こんな感じの
つましいご飯を食べているわけです。
でも、あったかいおつゆがあると
なんとなくほっとする気がします。




by tsunojirushi | 2019-04-17 21:39 | 料理 | Trackback | Comments(10)

塩茹でキャベツ

f0367170_19401359.jpg


春はとりわけおいしい。
名称は盗んだ目黒の担担麺やさんで
そう呼ばれるメニュだったから。
もちろん、舌コピなので正しくはない。

以下、舌コピの作り方。

◇鍋にお湯を沸かしつつ、

キャベツを大きくちぎる。
◇ボウルに おろしにんにく&生姜、
がらスープ少々、塩、胡椒、

ごま油を混ぜる。
◇お鍋にお塩少々とキャベツを投入。
◇茹で過ぎず上げてお湯を切る。
◇熱いうちに先のボウルでからめる。

食事の他の準備が完了してから
作るのが大事。

アツアツが美味しいから。



「いつものあれ」となる定番がある、と
すばるさまが書かれていた。わかる。

ちなみにすばるさまんちの

「あれ」も、真似をした。

f0367170_19475737.jpg


糸こんにゃくとさつまあげの炒め煮。
正調は入らないがお葱を少し入れた。
これがまた、とても美味しい。

おいしいおかずは真似っこしてみて
定番となってゆくんですよね。






春の一皿に舌鼓。あなたのおすすめする春の食材を使った料理&スイーツを教えて


by tsunojirushi | 2019-03-23 19:54 | 料理 | Trackback | Comments(6)

小豆を炊く

母の通院介助中です。
肘が酷いので車椅子押したり
痛くてしんどい。でも、
出来る間はやる。のだ。

昨日は昨年(大昔みたいだ)
ゆきままさまから頂いた
とっときの立派な小豆を煮た。

f0367170_11411184.jpg

煮てみて分かったのだが、良い小豆は
煮ているときの香りがもう違う。
美味しく煮えました。
明日、あんこの好きな父にも届けたい。
結構なものを、有難うございました。

最初に小豆を煮るようになったのは、
あんこが苦手だったから。
食べると胸焼けした。でも、自分で
煮てみたら、大丈夫だった。
初めて豆として美味しいと感じた。
ほかの豆と違い、小豆は即日煮られる。
そこも魅力。今から煮て食べよう!が
可能だから。楽チンです。
洗う、二度茹でこぼす、小一時間煮る。
それだけ。黄色い茹で汁は利尿剤で、
少し飲むと、効果覿面です。
(でもこれが胸焼けの原因みたい)
食べ物は面白い。
知らないことばかりです。


少しずつ悲しい事実と向き合う
ようになる通院です。
両親のタフな今後、併せて
自分の身体も、どう治すのか、
課題がたくさん。
生きることは楽ではないですね。






by tsunojirushi | 2019-02-04 14:38 | 料理 | Trackback | Comments(4)

バターナッツのグラタン

初めて買ったバターナッツかぼちゃ。
ここで半分食べてます
残りの半分はグラタンに。

f0367170_19195987.jpg


チンしてくりぬいて、
玉ねぎとベーコンと炒め、
牛乳と米粉でとろみ、塩胡椒。
それをくりぬいた跡地に戻して
チーズを載せてオーブン焼成。

おいしかった。けど、
このかぼちゃ、その名の「ナッツ」
な部分がある。ざらざらした果肉。
それが魅力でもあり邪魔でもある。
スープの時は、それがガー棒で

見事に粉砕。なくなっていた。
これを個性と見るか、です。
普通のかぼちゃにはあまりないので。

痛いなりに暮らしています。
まもなく病院、そして那須も控えている。
何とかしなくては、というところ。






by tsunojirushi | 2019-01-28 19:27 | 料理 | Trackback | Comments(2)

朝焼くパン

f0367170_11441494.jpg


夜のうちに発酵して寝かし、
朝、成形して焼いてみました。

美味しい「お供」があったから。

f0367170_11441518.jpg


レモン好きなのを想ってくれた
海の向こうの画伯が下さった
レモンのマーマレード。
左はいつもぽこ先生に頂いている
絶品ピーナツバター。
千葉でしか買えない。

f0367170_11441593.jpg


マーマレードはシチリア産。
アメリカから来たけれども
イタリアのひと。蓋が綺麗。

f0367170_11441507.jpg


さすがの色遣い。で、年号が
1934とはすごい。

f0367170_11441524.jpg


名ブロガーさまの命名では
「オ・ナ・ス」パンでしたね。
えーと、
Over night Sleep パンてことかな…。

f0367170_11441597.jpg


覚書として、
北海道産フランスパン専用粉80g
お湯をミルクで冷まして70cc
粉の方に花藻塩、
水の方にお砂糖・イースト共に少々。
レンジ発酵で初速をつけパンチ、
冷蔵庫保管(濡れ布巾を掛ける)。
朝、レンジ500w20秒でゆるめて成形。
少し発酵させてる間にオーブン予熱。
180℃で13、4分焼成。

レモンマーマレードは、
レモンなのに琥珀色をしていて、
香りが高くしっかり甘い。
おいしくいただいています(礼)。







by tsunojirushi | 2019-01-18 12:01 | 料理 | Trackback | Comments(2)

白菜漬できた

今日の昼ごはん。

f0367170_22533952.jpg


白菜漬けを試食してみた。

年末に白菜買ったのに、いろいろ
大変過ぎて漬けられず、物置に放置。
やっと三日前に漬けました。

本来は切って洗ったのを干して
それから漬けるんだけど、
今も不調の中なので、ともかく切り、
洗い、水を切って漬けてしまった。
お塩を計りもしない(これはいつも)。
ので、心配した。が大丈夫だ。
浅漬け一発目、おいしい。

毎年買う生協の小玉白菜、
作業的にちょうどいいのだけど、
今年は霜で外側が傷んでしまい
剥がして納品しているとの
断り書きが付いていた。
だから、緑が足らない・・・。
おまけにわたくし、昨日がハードすぎて
本日、熱が出たので気力がない。
やっとのことで切っているから
盛り付けもうつくしくない・・。

f0367170_22533964.jpg


今日の晩ごはん。
それで再撮したけれど、変わらんわ。
味は美味しいです。
白菜漬けは簡単です。今回干すの省いたら
ほんとに正味20分でできた。
好きな方は、やってみられることを
強くお勧めします。

東京初雪。
熱出なかったら、近所の仏語学校の
ガレット・デ・ロワ会に
行きたかったのによお。
痛くて寝ててつまんない一日。
夜現在、すこし下がりました。
B先輩に「美味しいの来ました」
も言えなくてすみません。







by tsunojirushi | 2019-01-12 23:07 | 料理 | Trackback | Comments(8)

バターナッツかぼちゃ

f0367170_13051696.jpg


この買い出しで買った
バターナッツかぼちゃ@新潟産。
半分に切ったの図。面白い…。
何のために上の部分を作ったのか。
問いただしたい…。

これを思い出しました。

f0367170_13051782.jpg


歌川国芳の大傑作。

福禄寿、寝起き神棚直撃。
国芳、天才だ。

それはともかく、かぼちゃ。
種を取り皮をむいて、小さく切り、
ちょっと固い。手が痛いから大変…
玉ねぎと炒めてからお水で煮込み、
必殺! ガー棒しました。
素晴らしい。本当に便利>ガー棒。

翌朝、

マギーの無添加コンソメ

ちょこっと入れて、

牛乳でのばし、塩胡椒。

f0367170_13051778.jpg


控えめに言って、でーら旨かった。
強い甘みと旨味、

切った時に想像できなかった
とろりと濃厚な滑らかさ。
感動。
半分残っているので、

残りはグラタンする予定です。
野菜には個性があって、

それが何とも面白いです。

よね。




by tsunojirushi | 2019-01-11 13:13 | 料理 | Trackback | Comments(6)

ブロッコリは茹でない

ブロッコリ、好きです。
昔は茹ででいましたが、今は茹でません。
たしか最初は、ウーウェンさんで学んだかな。

f0367170_14093332.jpg


小房に分けて、フライパンに並べ
お水をこの感じで大さじ二杯、入れます。
蓋をして中火くらい。数分で水がなくなり、

f0367170_14093343.jpg


こう。すごくいい色になります。
水っぽくなく、旨みも逃げません。
このままマヨネーズで食べますし、
ここから、
オリーブオイルを垂らしてソテーしても

f0367170_14093387.jpg


美味しい。塩胡椒して。
ニンニクを入れるのも合います。

こんなことは、

ご存じの方が多いと思うけれど
シーズンなので書いてみました。
ちなみに大きな茎は皮をむいて

そのまま糠味噌へinです。
糠漬け全アイテムの中で一番好き。
というくらい、美味しいです。



非関連項目。
先日、ぽこ先生と食べた小龍包。

f0367170_14094011.jpg


おつゆが、うまーー!
これに、

f0367170_14094022.jpg


ルーロー飯がついたランチでした。
こちらは普通(え)。
小龍包は「焼き」もあるので、今度
食べてみようっと。
自由が丘の「鼎」というお店でした。









by tsunojirushi | 2018-12-26 14:19 | 料理 | Trackback | Comments(2)

お揚げ大臣

f0367170_00201566.jpg



大好物とまではゆかないが、
けっこう好きな食材。おあげ。
なんとなく豊富にあったので写真撮影。
上のは味付きで、母がおうどんなんかに
入れたら楽かな、と買ったもの。
赤い〇つねとかの、あんな感じです。

左下は私が好きで長年愛用。
母にも勧めたら好きで、昨日、
シチューを煮たのとか救援物資を
母に送るのへも同梱した。
熊本の南関揚げもこういうぱりぱり
タイプで、それも好きです。
お揚げって、意外に土地柄出る。

右はご存じ、ジャンボな栃尾あげ。
先日、ケンミンショーで
お揚げごはんと云うのを見て、
これでできそうだな、と買ったもの。
お揚げごはんは本来は福井のもの。
お揚げ(東京と違う厚いタイプ)を
甘辛の出汁でただご飯に炊き込む。
栃尾あげでやって、美味しかった。

京都には、甘く炊いたお揚げの載った
おどんぶりがあって、好きで
撮影で行くと食べ続けていました。
きつね丼・・・だったかな、
たぬき丼・・・?
(京都はあべこべなので)
名前を忘れてしまった、大昔で。



リウマチが不調なのは既に書いてますが、
それなのにまたしても、
「一日三人聴いて書くマラソン」していて
ギリギリギリになってます。
毎日壊れた肘の組織が神経を圧迫するので
指が痺れたまま起きて、激痛とともに着替え、
頸のボキボキを我慢しつつ動いています。
メールとかコメントとかのお返事が
滞っているのはそのためです。
大変ご無礼ですが、何卒しばし、
少々見逃してやってくださいまし。
と、書きたくてこれを上げました。





by tsunojirushi | 2018-12-10 00:38 | 料理 | Trackback | Comments(2)