カテゴリ:美味しいもの( 42 )

シューマイ専門店

f0367170_12275204.jpg
※キャプション付けました。


今の歯医者は父の故郷にあります。
下町です。子供の頃、
父の実家に遊びにゆくと、
暮しの手帖を読みふける私に
祖母がおやつにラーメンを
取ってくれました。
一個なので、中華やさんが
「はいよ!」と小さなお盆に
ラーメンひとつ載せて、
届けてくれたのを覚えています。
その後、少しだけ住みもしました。

その頃からあったはずなのに、
一度も買ったことがなかった
お店を見つけました。
丸田シューマイ店。

結構先輩のご主人が一人。
ショーケースにはシューマイだけ。
歯医者の帰りに見つけて、
せっかくなので「くださいな」する。
ひとつ50円~。好きなのを選んで
包んでもらいます。おじさんが
「レンジで5、6分ね」と言うので、
蒸籠で蒸してもいいかしら、というと
「それなら10分くらい。そりゃあそっちが旨いよ」
テレビ番組の色紙が飾ってあって、
テレビってどこにでも来るなあ。

その日の晩ごはんが上の写真です。
お肉たっぷりなシューマイで、
美味しかった。
包み紙も素敵。

f0367170_12275238.jpg

お一人でずっとやられてるのか、
ご高齢とお見受けするが頑張っておられる。
住んでいたときに散々通ったはずなのに
何で買わなかったんだろう。
ぽんつくだったな、わたしは。
崎陽軒のはシウマイだけど
こちらのはシューマイ。




[PR]
by tsunojirushi | 2018-10-18 14:28 | 美味しいもの | Comments(4)

だいぶ前の写真だ・・・。

f0367170_21481177.jpg


崎陽軒のかくれ定番 的な

「チャーハン弁当」。

f0367170_21481146.jpg


中身はこう。これは過去何個も
いただいている。
たまにいいですよね。

そして、あまり数が多くない、
ややレア「ピラフ弁当」がこちら。

f0367170_21481220.jpg


中身はこう。
こちらは初めていただきました。

f0367170_21481291.jpg


間違い探しか。笑。

でも、

ちゃんとチャーハンはチャーハン。
ピラフはピラフなんです。

そうはいっても、そもそも
崎陽軒のシウマイ弁当のご飯は、
炊かずに「蒸してある」とか。
それがあのもちもち食感の秘密。
チャーハンはそれを炒めたとして、
ピラフの場合、どーするのだろう…と
すこし思った。

それにしても、ご飯がぎっしりだ。
美味しいけど、老人になったので
最近は、半分でお腹いっぱいです。
半分ずつ食べたりしてます。






[PR]
by tsunojirushi | 2018-09-25 21:56 | 美味しいもの | Comments(2)

おおまさり

Yせんせいは落花生の国に住んでいる。
いつも「べらぼうに旨いピーナッツバター
をくださったり、
いろいろと美味しいものを教えてくれる。
特にピーナッツは、私の
リウマチに良い食べ物ということで。

その中でも、生の「おおまさり(品種)」
は、特別なシーズンもので稀少です。
これは自然農法の、
みつ豆ファームさんのもの。

f0367170_10510310.jpg


それをくださった。
その名の通りの大きさ。ヤクルト置いてみた。

寄ると、ほら!

f0367170_10510381.jpg


って、ピンボケじゃないか、なんてこったい。

沸騰したお湯で20分茹でて、
毛布でくるんで10分あまり保温調理。

f0367170_10510345.jpg


ほかほかをみんなで食べました。

f0367170_10510430.jpg


茹でた落花生って、他にたとえようがない。
食感といい、味といい。とてもおいしい。
・・・・・・。
今、じっとかんがえたけど、やっぱり伝えようがない。
ほんとにおいしいんだ。
この季節ならではの、おいしいもの。
せんせい、どうも有難う。ご馳走さまです。



[PR]
by tsunojirushi | 2018-09-24 10:58 | 美味しいもの | Comments(6)

沖縄スイーツ

しつこく白玉やってますが。
今回は、沖縄の夏の食べもの、

f0367170_10534664.jpg

ぜんざいです。
特徴はやはり、
材料が金時豆というところ。
これを本来はかき氷で食べる。
らしいのですが、あいにく
氷はなかったので、白玉。

f0367170_10575406.jpg

お豆の蜜煮、という感じ。
優しいお味でした。

沖縄には、
もう何年も行っていないので、
この甘味は未体験なのだけど、
本物を食べられる機会が、
あるかしら。
あったら、いいのにな。
もしも、ゆけたら、
行ったことのない北部を
訪ねてみたいと思います。


今日は、那須へ向かう
列車の中で書きました、
遠く山並みが見えてきました。

[PR]
by tsunojirushi | 2018-08-20 10:53 | 美味しいもの | Comments(6)

ぴちぴち胡瓜

朝、ゴミを出しに出たら、
パナマ風の帽子にアロハという、
都会的な出で立ちの紳士が
「おはようございます」と来訪。

む。
何しろ、ここに居ないから、
どなただか存じ上げない。
こちらが名乗ってから、
父はトレーニング系の施設に居て
不在だと伝えると、
「そうでしたか…」と仰り、
庭で胡瓜が穫れたので、と何本も。
さらに、「暑いからね」と、
アイスをくださった。
父に代わって有り難くいただく。


f0367170_11281112.jpg



お花がついてるね。
母に伝えると、
数年前に(たぶん)都会から
いらした方のはず、とのこと。 
せっかくだから、新鮮キュウリが朝ごはん。



f0367170_11281168.jpg


ゴマ味噌マヨネーズを添えて。
母が見られるように、お花も付けて。

とても美味しかった。
毎日、忙しい。このまま、ここに
わたしは居るのかな。

でも、今朝は「書いてみたい」と思う
対象をふと思い付いた。
ちゃんと出来るかな…。間に合うかな。




[PR]
by tsunojirushi | 2018-07-03 11:21 | 美味しいもの | Comments(14)

ヤングコーンの候

この季節の味、ヤングコーン。


f0367170_22051239.jpg


好物です。
腰も壊れて動きづらい居候ではなく、
殿様がご親切に買ってらしてお焼きに。

今の季節のご馳走ですね。今年も食べられた。
これを僥倖とかんがえよう。


f0367170_22051330.jpg



六月。
ななななんと、今年の半分が過ぎる月。
正直、嘘みたいです。光速。
カレンダーは敬愛する花森安治。
今月の画は優しく、ふと撮ってみました。

今日も大変な一日だったけど、
この一日を貰った。
朝はまた動けなかったけれど、
今は座れてちょこっとこれを。
こんな自分でも、
気にかけてくださる方に、
感謝しています。すみません。






[PR]
by tsunojirushi | 2018-06-11 22:16 | 美味しいもの | Comments(2)

ニャーサマーオレンジ

f0367170_13115494.jpg



ねこまさまから頂いたおみかん、朝食にも。
我々の間ではニャーサマーオレンジと
呼びならわしている初夏のおみかん、
伊豆ではこの呼び名(「ニュー」サマーです念のため)、
地域によって仲間のお蜜柑はいろいろあって、
こないだ買った黄金柑もそうだし、
メジャーなのは「日向夏」、それから「土佐小夏」
などもそうですね。淡い色、小さな粒、でも、
とても甘くて爽やかです。香りもいい。好きです。

食べ方も他のお蜜柑とは違い、

f0367170_13115478.jpg


包丁でくるくる皮をむいて、

f0367170_13115421.jpg


こんな風に真ん中を外しつつ切り分けて、
この白い部分ごと食べます。ここが美味しい。
最初は芸能界のはなれ小島にいた頃にお通しで
知ったんだった。そんな昔から、好きな果物です。
それは小夏でした。土佐の方たち羨ましいなぁ。


なんで「ニャーサマー」かというと、

f0367170_13114781.jpg


これです。久々に見てもイイよなぁ。
mixiから物好きにもサルベージしてきました。
伊豆の河津七滝にあるお店です。
た、たまらん、この画・・・!!と撮った写真。
この後につづく漫画看板も良いんですよ、
お暇なときに是非、と貼っておきます。



そんなわけで、これ以降、ねこまさまを始め、
猫好きーの面々は、伊豆の「ニャーサマーオレンジ」
と呼んでいるのです。
この七滝、テレビで有名になった
「わさび丼」で知られています。
また行きたいなぁ。行けるかなぁ…。








[PR]
by tsunojirushi | 2018-06-08 13:26 | 美味しいもの | Comments(4)

梅の季節に 

f0367170_16364534.jpg



昨年漬けた「さしす梅」最後の一粒。
これはこれで美味しかったけれど、わたしは

普通の梅干しがやはり好きです。
ひとつには、やっぱり「お酢の味」と思う。香りも。
梅干しの果物としての香りにすごく惹かれるので、
これだとちょっとそれがもったいない感じです。
食感はやわらかいし、簡単に漬かっていいんだけど。
あと、これは私だけかな、種が割れませんか?
別に困りはしないのですが(天神様食べ放題)、
食べる時、ちょっと注意しないと、と思いました。
(がぶっ!てゆくと危険だ)

近所のお蕎麦屋さんの夏の定番、
「薬味たっぷり梅おろし蕎麦」

f0367170_16364682.jpg



先日頂きました。ぐわいわるいときかな。
みょうが青紫蘇かいわれ菜などどっさり載って、
さっぱり、夏のご馳走です。

梅がお店に並び始めて、庭の古木も、
一体どうしたのか、何だか立派な実を早々に
(真鶴と推定されるこの木は花も実も遅いのです)
実らせて、「だいじょぶですか…」と私が
心配になっています。

f0367170_17024668.jpg

f0367170_17024534.jpg



幹がもうほとんど空洞になって、支柱で
やっと立っているのに、凄いと思います。
無理していないかなぁ・・・。
なんか、叱咤されてる気持ちにもなるなぁ。










続きはリアル記録
[PR]
by tsunojirushi | 2018-05-31 17:13 | 美味しいもの | Comments(3)

たらの芽

f0367170_11311748.jpg



土曜朝、父から届きました。
父は食いしん坊で(DNA継承)、
この芽が食べたいばかりに、
庭にタラを植えているのです。どんだけ。
「今年は獲れた!!」と送ってくれました。
さあ、大変だ、わたしは揚げ物が下手。
練馬区美術館の帰り、
油を買うやら、粉を買うやら。

ちっちゃーいスキレットで無理やり揚げて、

f0367170_11311878.jpg



一応これだ・・・。
向こうは筍です。
でも、素材が良いから美味しかった。
甘みと苦さとぬるっとした食感と。
北海道の昆布塩でいただきました。


袴などを取る時にばらけたものは、
ふと思いついてさっと茹でて、

f0367170_11311827.jpg



胡麻和えもしてみました。
父は「天ぷらサイコー」とのこと、
だったけど
胡麻和え、すごく香りが強くて
おいしかったよ・・・。うん。
わたしこれでいいよ。
こうして食べたら、
ちょっと明日葉に似ていました。ん?
父の愛、美味しくいただきました。


ミッション天ぷらでHP使い果たすので、
新宿伊勢丹から、おむすび買ってきました。

f0367170_11311874.jpg



めはり寿司と、右はかしわめし。
めはり寿司って、子どもの頃本で読んで
憧れたなぁ。
食いしん坊DNAだからね。
フランダースの犬も、
「ぼくキャベツ二枚も食べたよ」
という台詞だけ覚えている…。
お爺さんに遠慮して食べているのを
心配されて言う言葉。けなげだ。

あ、筍のその2を書いていない…。
書きたいです。






[PR]
by tsunojirushi | 2018-04-16 11:52 | 美味しいもの | Comments(0)

先週。

ガリガリ仕事してましたら、ぴんぽーんとTさんが。
こちらでは度々登場の、素敵なお庭のTさんです。

「今年も出ました、掘りました」と

f0367170_13100112.jpg



バーン。ひゃあああああ。
こればかりは〆切をぶっちぎってでも
即座に茹でねばなるまい。

f0367170_13100134.jpg



八百屋さんでお買い求めのとの
大きな違いはたぶんココ。根が付いている。

-なぞのスモークが焚かれているのは、
生協さんが入れてくれたドライアイスを
子どもなので溶かして遊んでいたから-

f0367170_13100225.jpg



水から。鷹の爪と糠を入れて。
とろ火で一時間半くらい。

そして、自家茹での特権とも言うべき、

f0367170_13100236.jpg



これ。姫皮を「食べられるとこまで」食べる。
えぐみも多少はありますが、それも「味」です。
ものすごく旨みが強くて美味しい。

むいたものは、

f0367170_13100637.jpg



こんな感じでした。北寄貝・・・?

中段の柔らかいところを、

f0367170_13100664.jpg



お蕎麦に。美味しいですよ、筍がね。

そして、下の方を使って、お返しをする

f0367170_13100697.jpg



筍ご飯
Tさんは筍を鶏と炊くのがお好き。
なので、ご飯も、鶏と油揚げを入れて。
殿様がお届けにいってくれたら、
待てど暮らせど、帰ってこない。
どうしたんだろうと思っていたら、
なんと、
もっと出てるので掘ってってください、と
掘らせていただいたのだとか。
もっと大きなのを持って帰ってきました。
海老鯛。

長くなるので、続きは「その2」にします…。
ご飯は喜んでいただけたようです。







[PR]
by tsunojirushi | 2018-04-10 13:27 | 美味しいもの | Comments(4)