カテゴリ:縫いもの・拵えもの( 71 )

お手製のカーディガン

f0367170_15453098.jpg


那須でこっそり着ていたカーディガン。
妹のものなので内緒で借りてた。
バレたら怒られる…かも。
母が少女の頃の妹に編んだものです。
那須は馬鹿陽気て持参の服が暑かった。

f0367170_15453140.jpg



母曰く「安い毛糸でね…」
これでいいの? と妹に尋ねたけど、
これが気に入っていたのだそうだ。
写真は少し浅く写っている。鈍い赤。
手製のボタン、ポケットの刺繍、
ブランケットステッチ。
丁寧にかんがえて、妹にも訊きながら
作ったんでしょうね。
とても、気に入ってよく着ていた、と。
私に編んでくれたり縫ってくれたものも
もちろんたくさんあるのです。
センスは母から貰ったと思っています。
かけがえのないもので、それは
自分の仕事にも今、役に立っています。

しかしあれだ、これ着てるの忘れて
訪問ヘルパーさんとか応対しちゃった…。
ちょっとアレな婆さんに見えたやもしれん…。




今回の那須で、学んだのは、以下。

病人である前に「人間」。
高齢者である前に「人間」。


至極当たり前のことなのに、
タフな現場ではつい忘れられがちです。




by tsunojirushi | 2019-02-08 15:59 | 縫いもの・拵えもの | Comments(12)

つまらぬ手仕事

昨日の駄工作。

母が、ヘルパーさんの使ってた
パースを「そのサイズが欲しいなー」
と言ったら、百円屋さんで買って、
ここが優しいのだが、翌日の
ヘルパーさんに託して、
届けてくれたのだそうだ。感謝。
病院用の一式を入れてある。
診察券から保険証、お薬手帳まで。
ただ、手が不自由な母には、
(見るとびっくりするような形です)
ファスナーの引き手が持ちにくい。

f0367170_18181489.jpg

やらなくてもいいこと、だけど、
ちくちくして、こんな風にしました。
綿の布を二つ折りにして筒に縫い、
ひっくり返したのを付けた。
布は妹のブラウスを縫ったハギレ、
ボタンもありものからピックアップ。
ないものをあるもので。
そういえば、昨日テレビのニュースで、
「その辺のもので生きる」っていう
テーマの小崎さんてかたを見て、
おおおお…(゜ロ゜)!!と感心した。
電気水道ガス、契約なし、
家賃年間一万円だって。しかも、
いろんなアイデアをみんなにシェア。
すごいなあ、と見ました。
健康だから出来ることではあるけど、
非常に興味深かった。
…脱線した…。

今日は豆まきしました。
明日はこの「通院セット」持って、
母の(3科受診)病院です。
付き添いもしんどい身体だけど、
気合いで頑張る。








by tsunojirushi | 2019-02-03 18:11 | 縫いもの・拵えもの | Comments(11)

湯たんぽカバー

f0367170_16015738.jpg


いやー、痛い痛い。
冬枯れの庭が暮れてゆくのを
毎日、「今日も動けなかったな」
と無念に眺める日々です。
左の肘の破壊が酷くて動かすと
ボキボキ云って激痛。
骨同士が当たり神経に来る痛みだから
口も利けないときがある。
頸と肘がこうなっていると、
着替えから何からみんな痛いわけで、
しかし、
じっと大事にしていても、
一生このままだ。という。
治らないからね…
医者を探してみようとは思います。
このままでは辛すぎる。

すばるさまからいただいたタオルを
内側にして、

f0367170_16015758.jpg


湯たんぽのカバーを縫いました。
外は着なくなったパジャマの襤褸。
残ったタオルは台拭きにした。

大事に活かしました(報告)。

f0367170_16015784.jpg


紐を通すのが今は体力的に無理で、
ゴムで止める、にしちゃった。

とりあえず、これから注射してみる。
いたいいたい。



by tsunojirushi | 2019-01-20 16:10 | 縫いもの・拵えもの | Comments(7)

手帳にカバー

病人の身体の改善のため、
殿様がいろいろ買います。
セサ〇ンとか。
セ〇ミンやらは定期で来る。
「お得意様」と認定され、
年末に手帳をくれる。
それをなんと、昨年も使っていた
あ、一昨年か…
というので、カバーを縫った。

f0367170_11454367.jpg


年末突貫工事。

f0367170_11454331.jpg


余り布なので、取り分の関係で
継ぎ接ぎする&何となくポケット。
ペン差しも要るかと訊いたが
要らんと云うので了。

でもねぇ、
大して書かないんですよ、たぶん。
記憶障害タイプなのに、
メモもしない。
ど う し て ?
記憶は比較的得意な私でも
年取ったらダメダメになり、
だからこそ、常にメモします。
そうしないと、
大事なこともそうでないことも
均等に忘れちゃうんだもんね…。
その私の今年の手帖は、
素晴らしいんですよ。うしし。
ぽこ先生が絵を描いてくれた。
画伯の許可が出たら自慢します。







by tsunojirushi | 2019-01-10 11:56 | 縫いもの・拵えもの | Comments(2)

新年、駄工作初め

湘南新宿ライン、
逗子ゆき。車中。なう。
逗子かあ。いいなあ(とおいめ)。
グリーン車に一度乗ったろう、
と思うのだが、
結局、普通の席に乗っちゃう。

さて、猛烈に忙しいのに、
那須で今朝、作ったもの。

f0367170_15523616.jpg


ヘルパーさんなど色んな人員が
作業をする家は、誰が見ても、
一目で分かる表記が肝。
これは、ゴミ分別の袋を留める。

えーと、物置がきちゃなすぎて、
掲載が躊躇われるが、

f0367170_15545894.jpg

このような感じに使用。
これなら、誰でもわかる。

猫?
そこはあれですよ、
つまりそのぅ、遊び心ですよ。




今日は帰る、となると、
母がいつでもいいような
用事を頼む。
衣類やら何やら仕分けして
天袋に指令通りに収めて、
大急ぎで出掛ける支度。
結果、空いた箱を
母が壊れた手で壊していた。
そこへ、ではね、と声を
掛けてバタバタで出た。

小さい子みたいだなあ、と
ちょっと、思います。







by tsunojirushi | 2019-01-04 15:49 | 縫いもの・拵えもの | Comments(2)

アクセサリ試作

年末「書きはぐり」シリーズです。
なんか…書いていない気がする…
もののひとつ。あでも、
既に書いていた場合、
こっそり教えてください。

夏に作っていたビーズの試作。
(画像だけ上げていて、確認したら7月だった…)

組み合わせを見ているので、
本来はこれを長くしていって、
チョーカやブレスレットにする(予定)。

f0367170_19440322.jpg


f0367170_19440339.jpg


f0367170_19440243.jpg


f0367170_19440217.jpg


f0367170_19440277.jpg


f0367170_19440205.jpg

キラキラしたものは、
あまり作らない傾向。
デニムなどに着けたらいいかな、という
そんな感じのものです。

大きく見えてしまうかもしれんので、
硬貨を置いてスケール代わりに。

f0367170_19440252.jpg

一円玉を参考にするとこんな感じ。
サンプルなので小さなものです。
プレゼントにしようと思ったのに(夏)
そのまま怒涛のように年末です。
なんてこった。





続きはたたんでリアル年末状況
by tsunojirushi | 2018-12-28 18:06 | 縫いもの・拵えもの | Comments(8)

クリスマスカード

クリスマスはわたしにはないです。
でも、お仕事はしたのです。

f0367170_22300838.jpg


北陸のファッションと雑貨のお店の
お仕事をしています。
オリジナルのクリスマスカードを
作りました。かなり前です・笑
(12月頭から使いますからね)
すごく素敵なカードになりました。
画とデザインは、ぽこ先生です。
素晴らしい。心底思っています。
何しろ、センスが良い。
わたしは言葉を書きました。
横文字がいいのかな、とフランス語
などのも併せて提案して、でも、
先方は日本語を選ばれた。
感心しました。

そのクライアント様から、

f0367170_22300828.jpg


靴下のクリスマスプレゼント。
こだわりのメーカさんのもの
3種セット。
お店での人気商品です。
なんと、贅沢な。有難い。

f0367170_22300845.jpg


ラッピングも、かわいらしいこと。

仕事、己が役立っていると思えることは
少ないです。わたしなど。
なので、こんな風にあたたかな
お気遣いをいただくと、
よかった。がんばろうね。と思います。

みなさんは、素敵な優しいクリスマスを
過ごされますように。





by tsunojirushi | 2018-12-24 22:41 | 縫いもの・拵えもの | Comments(9)

ぽこ先生から銀杏いただいた。
割るのに楽な方法ないかな、と
ググル先生に訊いたら、
「割りばしゴム止め方式」
などもヒットしたけれど、
(一応やったけれど)

f0367170_11144711.jpg

結局、プライヤに軍配。

f0367170_11144737.jpg


少しずらして
完全に閉まらぬようにしてから、
挟んでパチ。実に実に簡単。
プライヤお持ちなら是非。
せんせい、美味しいですありがとう。

パジャマのゴムを入れるのに、
先日、那須でも母のと自分のと
いろいろ入れたんだが、その時、
ゴム通しは?と言ったら母が、
「安全ピンの方が楽よ」と。
やってみたら楽だった。

f0367170_16130912.jpg


こんなして通して閉める。
で、通してゆくのだが、たしかに
ゴム通し棒の方が長いから
進めてゆくのは楽。でもね、
ゴム通し棒って、あとちょっとってとこで
「ぎゃー、外れたー」ってないですか?
ぜったい外れない。そこが素晴らしい。

f0367170_16130977.jpg


一周したらこんなして仮止めして、
引っ張ってみて
長さや強さを確認することも簡単です。
穴のサイズに合わせて
ピンのサイズを大小替えて。
普段洋裁しない方とか
「ゴム通しなんか持ってないよ」って方も
安全ピンでできますよー。






by tsunojirushi | 2018-12-06 16:20 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

冬支度

冬支度、と言ってもしたのは昨年。

f0367170_22063035.jpg


肘当て付きのセータが大好きで
お安いセータをネットで買い、
はぎれのツィードで肘当てする。

f0367170_22063193.jpg


ごく薄い芯を貼ってから、
ブランケットステッチしただけ。
もすこし寒くなってきたら着よう。
映画「三丁目の夕日」では、
この中から緊急用のお金が出てくる。
母の愛だ…(しみじみ)。



去年から検討していた
ユニクロのファーリーフリース。
今年は良い色があったので購入。

f0367170_22061284.jpg


那須は寒いので持って行って
庭の片づけで着ていたら、
大変なことに…;;
昔、外に出かけていた猫たちが
うわーーー、というほど付けてきた
ムシムシ(と呼んでいた)が無限に。
疑似猫体験。
獣にくっついて遠くへ子孫を運ぶ
植物の叡智をつくづく感じた。
この後、20分かけて取りました…;;
(一人 猿の毛づくろい)


ここしばらくの不調で頸が壊れ、
ぼきぼきごりごり言う。
&あちこち腫れて痛いので今日は、
予定の外出も歯医者もキャンセルして
雑事だけ。親のことと。
殿のお土産の崎陽軒のシウマイと
麻婆白菜とむかごご飯を
夕飯に食べました。










第三回プラチナブロガーコンテストを開催!


by tsunojirushi | 2018-11-09 22:25 | 縫いもの・拵えもの | Comments(4)

やっとPCの前に座れました。
肘頸肩腰膝指手首はデフォルトとして、

とうとう顎まで腫れて痛み、
「このままだと生きるのが難しい」
と思いましたが、ギリギリ何とか。
また痛いのを我慢しつつ暮らせるかな。

昨日だかのブラタモリが有田と磁器で、
碍子(がいし)LOVEな中身でした。
がいし、これを作る会社に祖父が勤めていました。
わたしが知り合ったときはもう引退していましたが、
会津支社に赴任していた時に祖父が趣味で焼いた
食器がいくつか、今も残っています。

そのうち一つは私が持っています。

f0367170_17495422.jpg



明日からまた那須で、仕事の資料を
持ち運ぶため、化石のUSBメモリを
使おうと中身を整理していました。
ら、まー、出るわ出るわ、
古ーい企画書やら書きかけの台本やら
すんごい懐かしい旅の写真とか、
その中から見つけた写真です。
今の家も大概古いですが、
先代の借家、取り壊されて屋移りした
2008年まで住んだ家で撮った写真。

祖父が、碍子に使った残り物の土で
焼いたらしきコップです。
書かれた日付は、1964年5月4日、
父親の赴任地へ遊びに行った母と父、
(この段階ではいずれ母と父になるひと)
祖父と三人で字と絵をかいています。
写ったものはほぼ祖父の手になるもの。

字も絵も、身びいきですが
とても巧い人でした。
碍子と同じ材料でできたコップ。
そんなことから、碍子、私は
何となく好ましく、いつも電柱を
見上げています。

先日、母が居る時訪ねてきてくれた
叔父にも見せたら懐かしがっていた。
使ってるの?と訊かれたので、
これでお酒を呑むとたいへん良いのだ、
と答えました。

1964年、私はまだ居ません。
その時の若葉の会津がどんなだったか、
その光景は知りえないけれど、そこに、
祖父と娘である母と、父が
あれこれ話しながらコップに画を描いている
その出来事がここに残っていることが
不思議だな、と思います。





by tsunojirushi | 2018-10-29 18:20 | 縫いもの・拵えもの | Comments(4)