2018年 11月 02日 ( 2 )

もってのほかに会う

先日、もってのほかの甘酢を買ったと
書きました。

那須へ来て、毎日、少しずつ、
庭を片付けています。手足の痛い人だから、
我慢して頑張れる範囲で。

f0367170_23120565.jpg

母に庭の花を活けて見せるのは、
いつもと同じ。今は菊が綺麗なので、
荒れ地の庭から摘んできます。

上のは赤い蕾が咲くと黄色い面白い菊。
下のは寝起きする部屋の外にあって、
何だかたおやかな優しい菊だなあ、と、
朝夕に眺めていたもの。

f0367170_23120662.jpg


活けるとお辞儀してしまうほど柔らかい
ので、下からあおって撮りました。

活けたら母が、
それが「もってのほか」だという。
え、これが!
たしかに、香りがまさしくあの甘酢と
一緒だ。
父が食べたくて(食いしん坊DNA )
植えたのだそうだ。
誰も世話をしないから、
地面に倒れたまま咲いていた。

そうか、これがなあ、と眺めています。
生きてる「もってのほか」に
初めて会いました。綺麗だなあ。



[PR]
by tsunojirushi | 2018-11-02 23:08 | 植物 | Comments(2)

緑のむかご判定

「教えて、分かる人」パート2です。

もう葉もすっかり黄色くなって、
もはや周回遅れのむかご、
採りました。ら、


f0367170_01134945.jpg

なんだか緑色…(((・・;)
え、これ、大丈夫?

f0367170_01134916.jpg

サイズは、とても立派。20ミリを
裕に越えるものもある。
でも。
まさか、偽物むかご…?
ニガカシュウという紛い物のことなど、
ググり倒して、結果、
むかごだな。はほぼ確定。


f0367170_01135015.jpg

念のため、切って少し食べてみる。
これが一番確かだから、
切っても緑色…。
恐る恐る食べたら(生食初めてだ)、
むかごの味わいでした。
生だとまさしく自然薯の味!
でもさでもさ、
芋関係で「緑」というと、じゃがいもの
ソラニンを思う。毒かな…。
これまた検索しまくったら、一件だけ、
「緑色のむかごも大丈夫」
みたいな記述を発見。曰く、
陽当たりの悪いとこにあると、緑色に
なるらしい。ふむふむ。そこで、
まず、用心のため、
ほんの少しをご飯に炊き込みました。
食べましたが、とても旨かった。
香りが高い。

そしたら、残りも食べて平気かな。
すごく立派だから、素揚げなんかで、
きっと美味しいだろうな。

というわけなのです。
緑のむかご、或いはこの緑色の正体、
ご存じのかたがおいででしたら、
ご教授ください。m(_ _)m

あ、前項の「野良菜っ葉」は、
今日、食べてみました。
強い旨味がありました。美味しい。
からし菜、大根、小松菜、
いろんな味がします。





[PR]
by tsunojirushi | 2018-11-02 01:11 | 植物 | Comments(2)