草むしりで

f0367170_20023502.jpg


那須で先日、少しだけ荒れ野を
片づけていました。草むしり。
焼け石に水 って感じですが。

草むしり、
手の外科医には禁止されています。
もはや一本しか残っていない
右手人差し指の伸筋腱を守るため。
なので、そこを使わないようにして。

一心に 静かに草をむしっていると、
いろんなことをおもいます。意外に
「あ」という気付きを得ることも多い。
この時は、こんなことをおもった。
私は今まで、
自分を馬鹿にする人に出会うと、
必死で「馬鹿にされまい」としてた、と。
でも、草をむしっていたら、
いや、待てよ、誰かを馬鹿にするような人
の方がNGなのでは。と。
小さな子でも猫でも植物でも、自分より
優れた面を必ず持っていて、
学ぶところのない他者なんていない。
誰か(たとえば私)を下に見たり、
馬鹿にしたり、リスペクトを持たない、
そんな人は、そもそも相手にしなくていいのだ。

そう、ふと思えた。
気に掛けるべきは、私を馬鹿にする人
ではなくて、
そんなことをしない人たち。
関わるべきは、そちらの人たちだ。
そうかんがえたら、気にならなくなった。
これからはバンバン馬鹿にされてOKだ。


写真はその時に咲いていたお茶の花。
もっと綺麗なんだけど、うまく撮れなかった。

歯は入りました。橋桁ではなく焼売食べます。




[PR]
Commented by kepitaro at 2018-10-17 11:30
お茶の花って可愛いですね。
前にも見せていただいたなぁと思い出す。
きっと季節が同じ頃。

「一心に 静かに草をむしっていると、
いろんなことをおもいます。意外に
「あ」という気付きを得ることも多い。」

は同じようになることが私もあります。
散歩などしているときも。
もったいないのはメモでも持ってて書き留めないと帰宅後忘れちゃったり。。。

人を馬鹿にする人って自分の身の程を知らない人なんだと思います。
だって自分がじゃあどれほどのものか、って思ったら、人を馬鹿になんかできません。
Commented by tsunojirushi at 2018-10-17 11:42
> kepitaroさま。
わざわざコメントすみません。
そうなんです、とても可愛いんです。椿よりも素朴。
え、前にも( ゚Å゚;)←忘れている。ショック。

何気ない時に何かに気づいたり、視点が変わったり、しますよね。地味な作業をしているときが多い。
お風呂とかもあるかな。

そうか…。身の程…。
たぶん、それを振り返れない…んでしょうね、まず。或いは振り返りたくないから相手を無理やり下げようとするか。
いずれにしても、解った風な人、あたしは何でもお見通し、みたいな人こそが愚かだ。と感じています。気の毒だ、と今は思います。
by tsunojirushi | 2018-10-16 20:19 | 植物 | Comments(2)