あやめと誕生日

f0367170_19574325.jpg


紫の、「ジャーマンアイリス」と
すばるさまに教わったのに続き、
黄色も咲きました。これは小さくて、
シュッとした花。
あやめって、咲く前は、

f0367170_19574371.jpg


たたんで巻いた「傘」みたいだ。
これがどんな風に開くのか、映像で見てみたい。

さて、昨日、丁(てい)は4歳になりました。
あっちのブログにはぴばす記事は書いたけど、
ここにも書いておこうと思って。
いたら、今朝、

f0367170_19575890.jpg



なんか、少しだけ出ている。

f0367170_19575808.jpg



ふうむ。縞々部分だね。
丁はこれをするのが子どもの頃から好き。

ごめんくさーい・・・

f0367170_19575885.jpg


「!!!」

・・・。
いや、そんなに驚かんでもね。
お一人住まいですか?とか
言ったりして楽しみました(私が)。

mixi時代に書いた、保護までの記録、
こないだ読み返していろいろかんがえました。
丁はどうだかわかんないけど、私は
丁が居てくれてとても嬉しいよ、と言いました。
人生も猫生も、一度でおしまい。
不可逆で、はかないものだ、とおもいます。
期間限定の旅行みたいだともおもいます。
大事にしようね、とかんがえます。





[PR]
Commented by mame-623 at 2018-05-03 00:52
丁ちゃん お誕生日おめでとう🎊🎊🎊
おかッさんに いきなりかまわれながら?4回目の一年を元気に過ごしてね。


Commented by tsunojirushi at 2018-05-03 14:38
> まめさま。
ありがとうございます。

背後から来るかと思いきや、前からいきなり行ってみました(笑)
何しろ超ビビリなので、すべてのことが「たいへーーーーん!!」な丁坊です。ちょっと大げさ。

展覧会にご出展中では…? お忙しい中、コメントなどすみません。
Commented by buribushi at 2018-05-03 17:40
黄あやめですね。
(あはれ行田黄あやめ咲けるどぶ川にしぐるるごとくミシン響かふ)
女性とだけでお名前を忘れて仕舞った、人の歌です。行田は足袋の生産地だそうです。この歌を見たのは50年くらい前ですが。
丁ちゃんおめでとう、おしっぽかわいい!お目々大きい!
(猫ひとつ居ればほのかにあたたかき家よと思ひ日暮れを帰る)わたくし。これも何十年ものです、先々代のオジだと思う(オジは弟息子の意)から。
>人生も猫生もいちどでおしまい
ほんとうに!
Commented by muu.ykm69 at 2018-05-03 23:10
丁ちゃん お誕生日おめでとうございます~
Tちゃんじゃなくて 丁ちゃんなのが いいな

頭かくして しっぽ 丸出し~♪
かわいい~~~
人懐っこいですか??
Commented by tsunojirushi at 2018-05-04 00:31
> すばるさま。
このあやめはここの庭にもともとありました。雑草のように強く、細くしなやかで、こないだのあのアイリスとは好対照です。咲く時期も、遅れて咲きます。たくさんさくと、なかなか美しいです。

いい歌です。情景が浮かびますね。さまざまのことを思わされます。よく覚えておいでですね、50年、その記憶力がまず凄い。
そして、御作は、これはとても好き。こんな風に素直でいいのだ歌は、と思います。失礼に聞こえるかもしれず心配ですが…。なんてもそうですが、ヘンに技巧を凝らしたものはきらいです。

つい近年まで、馬鹿なので自分が死ぬことを正しく知らなかった気がしています。今は「来年は」と普通に話す人たちが非常に不思議です。私には言えません。

ありがとうございます。
丁は模様はヘンだけど、器量は悪くないと思っています。欲目かな・笑
Commented by tsunojirushi at 2018-05-04 00:34
> むうさま。
わーい、ありがとうございます。
そうです、皆さんT(ティー)字路だと思っておいでですが、丁(てい)字路ですから・笑

甘ったれなのに、うんと構われるのは嫌い、というめんどうくさい男です。そして、今までのねこの中で、ダントツの人見知りビビリです。ゲストにご挨拶できたことがありません…。幻のねこと言われていますw
Commented by hanasdiary at 2018-05-04 09:22
>皆さんT(ティー)字路だと思っておいで、、
皆さんそうは思っていないと^^
言葉は正確に使わないといけません

がはは  ^^

マジでいいお顔してますよ! 
Commented by hanasdiary at 2018-05-04 09:53
あ 冗談です ヨー
すぐ墓穴を掘ると思いますのでね

にゃんこちゃんの柄 ほんとにいろいろあって
飼い主様はそれもいつくしんでいらっしゃる方が多いと思います 柄に限らずですよね    ^^
Commented by tsunojirushi at 2018-05-04 10:30
> 祥子さま。
そ、そうですよね、すみません、大変失礼いたしました。
車のCFのナレーションでもティーだったりしたので、つい書きました。浅慮、お恥ずかしいです。すみませんでした。
Commented by tsunojirushi at 2018-05-04 10:34
> 祥子さま。
いえ、諌めていただいてよかったです。日本語を書く仕事の職業病ですね、言葉について、嫌なことが日々たくさんあるものですから、うっかり致しました。

私は丁のこの柄は貰い手がいないだろうとかんがえて家族になって貰ったのですが、あとから、友人たちから「そんなの好きな人いっぱいいるよう!」って言われました(笑)
それならもっと良いおうちに行ったらよかったかな、と、丁に申し訳なく思っています。
Commented by buribushi at 2018-05-04 11:02
>歌は素直で
まったくその通り!
素直にまっすぐ詠ってあれば、言葉知らなくたって文法違ってたって、そのために添削者があります。
そうして、添削後の歌を、「そう言いたかったんです、どうしてわたしの言いたいことが解りましたか」なんていわれると天にも昇る心地。技巧を凝らした歌は何回も読むに耐えません、そういう歌を添削したりするとたいてい怒られます。さわらないでボツにするとまた怒られます。放っておくしかない。
そんなの作ったって、読者にも、作者自身の生にも、なんにも足しにならない。とわたしは考えます。エラソーに、すみません。
Commented by tsunojirushi at 2018-05-04 14:23
> すばるさま。
稽古場帰りの電車で読んでます。失礼にならなくて良かった。
そして、
ああああ、なんか、すんごい分かります、そのご苦労。
へんに勘違いのプライド高いタイプが、一番始末に悪い感じ、よく解ります…。ほんとに。
自分も気を付けよう。緩んではいかん。そして、ベーシックに、素直に。何に当たるにも、そう心掛けて、取り組みたいと思います。

ぐわいわるいのに仕事が詰まり、お便りお返事遅れますが、どうかご容赦ください。いずれ必ず。
by tsunojirushi | 2018-05-02 21:43 | 日々の出来事 | Comments(12)