すずらん定点観測

f0367170_22492336.jpg



咲きました。開花を観察しつつ撮影。

f0367170_22491720.jpg


4/11

f0367170_22491819.jpg


4/12

f0367170_22491886.jpg


4/16

そして、トップの写真がほぼ満開の19日。
今年は少し花付きが少なめでした。
父が株分けして那須からくれて、その時、
「絶対に地面に下ろしてはならぬ…」
と呪文を。とんでもなく増えちゃうって。
数年、観察していますが、たしかに
根っこで増える系のひとです。生態が。
みょうがとかね、笹に似ている。
地下茎で増えて、んもう手が付けられん、
という感じは分る。

ブログをいつも拝見している
ハオチンさんは、お花の中身wを
下から撮ってらして面白かったです。

ちなみに、すずらん、越冬時は死滅した状態です。
で、春になると、ニョキニョキ筍のように出る。
今年は、

f0367170_19595377.jpg


こんなでしたね。
これは今年の新芽。
すずらんの芽←ここで書きました。
3/31にこれだったので、
ここからけっこう速いな、という印象です。






[PR]
Commented by hanasdiary at 2018-04-23 07:59
ほほー、、そういうことか、、、とおべんきょになりました。下してはいけないとはつゆ知らず。
我が家のスズラン、もう植えてずいぶんになりますが、毎年さびしいい咲きかたしかしてくれません(..)。なにせ貧相なのです(..)。
地下の状態があってないのかな?土とかその他、、、。
堀り上げて鉢にうつしてみます。ほこほこの土に植えてやろー。
スズランもずっと好きな花です。
tsunojirushiさんのスズランとってもかわいらしいです。
Commented by tsunojirushi at 2018-04-23 11:05
> 祥子さま。
いやいや、うちの父の見解に過ぎず、気候風土によっていろいろだと思います。ただ、種ではなく「根で増える」タイプの植物かな、とは思いますので、土の環境、それと何となく見ていて感じることですが、お日様がわりに好きとお見受けするので、鉢だと移動できますから、それもいいのかもしれません。
毎年、消えてしまうけれども、春になると芽を一から出す、その感じが、見ていてかわいいなぁ、と思います。今年はなぜか例年よりも出てくるのが遅く、どうしよう、死んじゃったかな・・・と心配しましたので、咲いて嬉しかったです。
祥子さんのお庭の植物は知らないものがたくさん。こちらこそ、勉強させていただいています。改めての猫さんたちのご紹介も嬉しかったです。
Commented by yukimama0202 at 2018-04-23 13:55

「可愛いですよね~「鈴蘭」は蘭の一種なんでしょね
見た目「鈴りん」でもいいと思うんだけど(^^;

最近はあまり見かけないような気がします北海道でも
増えるからかな?
Commented by tsunojirushi at 2018-04-23 17:26
> yukimama0202さま。
ほんとにかわいい。こんな花は他にない、と思います。
そして、一応調べました。どー見ても蘭には見えねぇ・・・と思って。
ユリ科でした。あああ、猫危険植物ではないか。そもそも毒って言われていますよね、根っこが。

父が言うには解き放ったが最後どこまでも・・・みたいなことなのですが、やってみていないから何とも言えん・・・。祥子さんは大丈夫みたいだし。環境に因るのでしょうねぇ。
スズランと言えば北海道、ってイメージありますよ、私。昔の人はそうじゃないかしら?
Commented by muu.ykm69 at 2018-04-23 23:02
『すずらん』
私も 好きです
愛らしい~
そして 北海道 のイメージありますよ

最近では スノーフレークが 似てるなって
思ってます

我が家にもありましたが
鉢植えだったからか いつのまに 自然消滅してしまいました
残念です
Commented by tsunojirushi at 2018-04-24 16:22
> むうさま。
このコロンとしたお花、こんな形状の花ってなかなかないですよね、付き方も葉っぱなども、ほんとに涼やかで綺麗です。

そうですよねw、ありますよね。私なんか、なんならラベンダーよりスズランですよ(笑)

スノーフレーク、あれこそ根っこで生きていくヒガンバナ系なので、土との相性かな、ここの庭ではあっちこっちに咲きます。夏の間に栄養を蓄える感じなので、日光の関係もあるかもしれませんね。
って、あれ? 生き残りを見つけていらっしゃらなかったかな、写真を見た気が・・・。どなたかと私が勘違い?
by tsunojirushi | 2018-04-22 23:01 | 植物 | Comments(6)