ちゃんと伝える

f0367170_18120385.jpg




昨日、仕事に出かける直前になんとなく、
本当になんとなく、撮った写真です。
(なので手ブレでピンボケ)

下にあるボーダーとチノが着るもので
(アップでの画像で観たらケバケバだなおい)
時計をどちらにしようか、かんがえた。
インタビューという作業上、
正確で、わかりやすいものを、とカシオに。

昼過ぎに芝居の稽古場へ行き、
演者さんにお話を伺うのに、
「初めまして、どうぞ宜しく」とご挨拶して、
座った途端、
「あ、tさん、時計がお揃いー」と
相手に言われた。あ、ほんとだ。
裏庭に何年も埋まっていたのを
掘り出したら動いていた、
という都市伝説を持つカシオ。
B先輩んちのトイレにもある。(個人情報。すみません。)

お話を伺い終えた時、私の手元を(時計で)
見ていたからか、右手の湿布を見つけて、
「腱鞘炎? お大事に」と言ってくれた。
一瞬、かんがえた。「ええ。どうも」と
済ませることもできる。
病気や悩みは公共の場で書くのは望ましくない、
というお考えの方などは、「そうすべき」と
きっと言うね。
かんがえて、ここは、きちんと言うことにした。
「腱鞘炎ではなくて」
これは私の病気で、全身が傷む病気だけれど、私は
働きたいので仕事をしている。と。
演劇の現場にも居たけれど、体力的に無理なので
書く側に回ったと、ごく短く。
聞いて、何とおっしゃるかなと思ったら、
「リスペクトっす」と一言おっしゃった。


具合も悪かった。ここしばらく本格的な不調で
腫れて痛い場所、破壊が進んだ場所が増えた。
でも、受けた仕事だけは何とか上げたい。
痛み止め飲んで、何とか現場に無理やり行って、
昨日も、「どうか最後まで何とかできますように」
と内心祈っている状態だったので、それも
真面目に答える遠因にはなったかな。


若くて元気な方は、きっと病気の書き手に会った
ことなど夕飯までには忘れてしまう。でも、
身体が痛い病気でも、仕事をしている人が居た、
ということは、小さな記憶になって残る
のではないかな、と思う。
人間は元気がデフォルトとかんがえる方たちは
わざわざ説明するな、楽しくもないことを。
と言うかもしれない。
わたしは、ちゃんと話すことが敬意だと思う。
何となくごまかして終わりにするのは、
相手を信用しない、ことにもなる
ように思う。
厄介でも、わずらわしく思われることがあっても、
ちゃんと言おうと思う。
世の中には、さまざまな病気と一緒に生きるひとが、
わたしなどより、もっともっとタフなひとが、
たくさんいるんだから。

という出来事がありました。
そんなわけで、調子が悪いです。ギリギリで
なんとかやっています。
連休も含めこの仕事をして、途中、手の外科の
通院あるので、先生におかれましては、
ウルトラCの治療を思いついて貰いたい。
無理かなぁ…。





[PR]
by tsunojirushi | 2018-04-21 18:52 | 日々の出来事 | Comments(0)