新さつま節

失敗したです。
ブログ、タグってのがありますでしょ、一個前の記事を書く時に、当初はピーマンのおかずも載せようと思って書き始めたんです。それで、タグに「新さつま節」と書いた。ところが、書いて行くうちに長くなって、割愛してしまった。
そしたら! めったにしないのですが、偶々、何のタグで訪問してくださったかのレポートを見たら、「新さつま節」の方がぁぁぁぁ。しかも、お二方もぉぉぉ…。すみませんすみません、記事を読まれて「・・・書いてない」って思われただろうなぁ。申しわけないことをしました。ブログってそもそもどなたがおいでになったか、コメントを頂いたりしない限り解らない。なので、何となく発信しているようなとこがあります。そういうメディアでは、こういう失敗があるんですねぇ。
もうおいでにならないとは思うけれども、念のため、これを書いておくことにしました。

ネットなどでは最近「無限ピーマン」なんて呼ばれてるピーマンのおかず。

f0367170_18493448.jpg

なんのことはない、昔からあるピーマンの炒め煮です。おじゃことかベーコンとかが相手で(相手居なくても)、油で炒めてお酒やお醤油でジャーッと味付けをしたもの。美味しいですよね。で、最近のわたくしのピーマン炒めのお相手は、ここが肝心「新さつま節」なのです。簡単に言うと鰹節の少し柔らかいもので、ピーラーや包丁で削れます。そのまま食べても美味しいのですが、このピーマン炒めの相手にするととても旨い。
これも、長年憧れた食材で、昨年やっと生涯初で買い、感動と共に食べている物だったので、生涯初ものに加えるつもりが…。このブログではここで書いています→さつま節初出
あと、一応情報貼ります。メーカーさんのサイト→http://sub.marumitsu-k.com/shinsatsuma/index.html
鰹は自分の持病の薬と言われています。血を作る食べ物。なので、意識して摂るようにしています。その意味でも、重宝な食材なのです。あとピーナッツと。

おかかと炒めて美味しいおかずに「お葉のひきずり」というのが生家にありました。母親が作ってくれて食べていたのですが、家にしかない。周囲に食べてる方がいない。以前からネーミングも面妖と思っていたのです。
先日、両親の家でその話になり、両親とも東京の下町育ち、父は母と結婚するまで知らなかった料理だと言います。ということは…、こういう時に可能性が高いのは「母の祖母」なのです。愛知県出身の人で、言葉やおかずに、ルーツを持ち込んだらしく。
ネット検索しました。らば、そうでした。すきやきみたいなものを、古来、愛知辺りでは「ひきずり」と言ったらしい。両親と三人で「そうだったのかー!」と話しました。とうに亡くなった父の母も「はじめて食べた、おいしいねぇ」と気に入っていたと母が話していました。結婚によって、おかずは広まってゆくのですね。
「お葉のひきずり」
作り方、というほどのものでもないのですが、材料は小松菜、お揚げ(薄い油揚げ)、おかか、お酒、お醤油、お好みの油、以上です。
家ではすきやきみたいに作りながら食べていました。すき焼き鍋やフライパンを火にかけて、油を薄く敷き、そこへ短冊に切ったお揚げとザク切りの小松菜を根っこから一呼吸で葉先の順で入れ、お酒をふりかけ、お醤油をかけて、ちょっと炒め煮したらおかかをかけて完成。いただきます。それだけです。
わざわざ煮ながら食べなくても、おかずとして作るだけでも十分です。シンプルだけど、菜っ葉のおいしい冬にすると、白いご飯にこの上ないご馳走です。このひきずりも、新さつまで作ったらちょっと目先が変わっていいかもしれない。と、余談を書いてみました。
インターネットがない頃は、「ひきずりの謎」も迷宮入りであったろう、と思うのです。ネットって便利っちゃあ便利ですねぇ。(でも、タグには注意)



[PR]
Commented by mame-623 at 2017-03-10 01:19
巻亭日乗に行って来ました。
ただただ愛おしいおチビのマキヲ写真や、大っきくなったバースデー写真にシアワセをもらって来ました。

ごめんなさい
あちらにコメントの入れ方がわからなくて…こちらへ…


Commented by tsunojirushi at 2017-03-10 23:41
>mameさま。
おおお、恐縮です。
確認しましたが、あれは既にコメントが付いている状態ですと、その「○件のコメント」を押して、その下へ書き込む形のようです。判りにくいですよねぇ。

マキヲ、捨てられて、ほんとに飢餓状態で庭へ訪ねてきました。「おばさん、親切?」という感じでした。今も食いしん坊なのは、そのトラウマみたいなんんですよね~…。

コメント、ありがとうございます。
by tsunojirushi | 2017-03-06 18:05 | 料理 | Comments(2)