コンビニにて

村には東京にある三大コンビニは一応あります。最近はナチュロもいっこあります。昨日はその中の一軒へ荷物を出しに行きました。坂の下にあるここのお店は、外国人の店員さんが多く、というか、私が知る限り日本人の店員さんに会ったことがなく。しかし、明るくてきぱきとしたソマリくん(仮名)は、元気よくにこやかに応対してくれます。お顔立ちとお名前からインド系の方かな。
具合が悪いから、夕方になってしまい、家から送り状に「2/28着指定」と書いて行ったのに、ソマリくん「Oh、今日もう集荷終わりました」。残念。そこで、じゃあええと、とボールペンを借りて、2/29って修正したら、ソマリくん、「その日はないんです…」と残念そうに教えてくれました。・・・おばさんの方が日本の暦を知らないよ・・・。また消して、3/1着でと書きました。
ソマリくん、ちゃんと送り状を完成させて、荷物に貼って、一緒に出したお菓子(キャラメルコーン大人味)も会計して、「またどうぞ~」と明るく送り出してくれました。偉いなぁ。はたらく青年。

帰り道にもう一軒、こんどは別のお店で、ソマリくんちで見つからなかった雑誌を買いました。レジで、「袋いいです、これに入れてください」とバッグを差し出したら入れてくれて、そしたら、レジの背の高い青年(日本産)に「素敵なバッグですね」と言われました。「え」とびっくりしてしまい、「いや、えーと、おんボロんなって、んと、ここんとこ直して、ほら、んと」って変ななりました。もっとスマートに「あら、ありがと♪」とか言えたらいいのだが、ダサい。
でも、なんか、意外だったんです。女の人は割とそういうこと、言いますよね、自然に。持ち物とか、服とか、髪型とか、いいなと思うと、「素敵ね」とか「どこで買ったの?」とか。でも、男子はあんまり、少なくとも私の周りにはいないので。いまどきの青年はそうてはないのかな、いいですよね、いいことだと思う。

そのかばん。

f0367170_18243602.jpg

・・・の持ち手。ここが擦り切れて、シャツをほどいたきれで補修をした部分です。写真はmixiから引っ張ってきました。日付を見たら、2013年でした。今はこれがまた色あせていい味出しちゃってます。この頃、まだ若かったマキヲが撮影していたらカバンに載って、

f0367170_18243698.jpg

こんなでした。子どもだーーーー!! 痩せてるーーーー!
日記なんて、とおもっていたけれど、こんなして記録に残るのはちょっと面白いですね。
もとは自由が丘で買った、それこそ、ソマリくん(仮名)のお国から来たようなものではないかしらん。そもそもカゴ類が大好き。愛用して、ボロになり、修理してから更に4年。まだ使っています。コンビニの店員さんは、こういうものが解る人だったんだなー、と思います。病人の引きこもりなので、なかなか人に出会わない。いろんなことをもっと「人から」知ったり得たりせねばいかんよね、と思ったりしています。




[PR]
by tsunojirushi | 2017-02-28 19:37 | 日々の出来事 | Comments(0)