マルシェの思い出

「秋はマルシェに」って書こうとしていたら、冬になっちゃいました…が、先月はお仕事をいただいている千葉県は香取市のマルコーホームさんのマルシェに行ってきました。すっかりお馴染みになった高速バス、小見川線に乗って。バスはほんとにらくちんです。
お仕事ご一緒のB先輩がバス停まで迎えに来てくれて、いざマルシェ会場へ。おおおお、いろんなものがあるーー。

f0367170_21402657.jpg

お天気が良くて、空気も良くて、立派な手作りのマルシェ看板(撮り忘れました…)が輝いています。広い会場には美味しいもの(オーガニックの飲み物とか、お菓子とか、カレーとか)、素敵なもの(ハンドメイドの雑貨やお洋服、布小物、焼き物、アクセサリー、古道具など)さまざまなお店のテントが立ち並び大盛況です。お仕事ではADでもあるY先生は大道芸でご出演。これは登場シーン。

f0367170_21404069.jpg

かわいいお人形たちがぞろぞろ。子どもたちが大喜び。お人形、みんないいんですが、私はこのライオンちゃんのファン。風にたなびく立派なたてがみ。

f0367170_21410922.jpg

このね、手作りの遊具も素敵なんでした。Y先生は画家でもある。なんと多才な。今日は鼻ついてて金髪で外国人になってるしな。

f0367170_21421671.jpg

そして、もちろん、ハウスメーカさんのマルシェですから、木製品の即売から、木の小家具のワークショップ、贅沢な木の端材なども用意されていて、DIY好きの人にはぴったりなのです。
中でも、是非やりたかったのは「スイス漆喰体験」。

f0367170_21404823.jpg

しっくいは日本にもありますが、スイス漆喰はその輝くような白さが特長。しっくいは山から切り出される天然素材で、壁などに使うと呼吸して湿度を調節したり、空気を整えてくれる働きを持っているとか。先人の知恵ですね。昔からとても興味のあった建材に触れられるというので、やる気満々で臨みました。(写真はB先輩が撮ってくれましたw)

f0367170_21405207.jpg

柔らかさは、えーと、ジェラートくらい。触ると気持ちいい。これを、左官屋さんの鏝で塗って行きます。最初は意外にもザリザリする。でも、不思議なことに重ねていくとなめらかな感触になります。砂から豆腐へ。

f0367170_21405593.jpg

最後に鏝で表面にニュアンスを付ける作業をおそわって終了。これは体験なのですぐ剥がして別の方が塗りますが、このままにすれば数日で堅牢な壁になり、基本的には半永久的にもつのだそうです。
木のことや建材のこと、ほんの少しこちらのお仕事で学びましたが、実に面白いです。特にこちらは天然素材を大切に考えておられるメーカーさんなので、興味深いお話が聞けます。

マルシェ、運営進行は大変だと思います。でも、とても楽しかった。遠いからなかなか伺えないけれど、また行きたいなー、と思っています。お買いものした素敵なものは、次の記事に書く。長くなっちゃうので。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-11-16 22:12 | Comments(0)