小さいバッグ試作

バッグのお仕立てのご依頼をだいぶ前に受けたのですが、元になる素材をお預かりしたのがプレッシャーになって(一点ものリユースのためゆめゆめ失敗できない)、なかなか進まずにいました。そこで「そうか!プロトタイプを作ればいいんだ!」と、作ってみました。「こんな形でいかがでしょう」という試作品・サンプルです。以前、笛の袋を縫わせていただいたときも、先に一つ作り、試着(笛が)してもらって微調整して本番(安心して縫える)を縫い、結局二つとも納品したんでした。

プロトタイプですから、基本的に在庫の生地などでまかなうのですが、まずはバッグのかなめ(と思っている)裏側を作ります。

f0367170_22452348.jpg

あまり布のデニムを裏づかい。そこへ、クッションカバーご依頼品の残り布でポケットをつけ、幅広ゴムでペン差しを付けます。反対側にはケータイポケットが二つ付いています。外側は黒に黒でプリントがしてある帆布みたいな生地です。これはワゴンセールの端切れを買いました。それに芯を貼って。表裏仕上げて成形したものがこれ。

f0367170_22511275.jpg

今回の試みとして、「小さいショルダーバッグだけど持ち手が付いている」という形にしたいので、しかし試作ですから百円屋さんで、小さなパチンと留める持ち手を買いました。それを付けて。本番はちゃんと革を縫い付けにする予定。


f0367170_22514313.jpg

ショルダーはこれは別のバッグ(トルコのお土産・左)用に作ったものを共用。Dカンだけ付けました。なのですが、どうもサイズの計算を間違えた。マチ巾を少し大きくした時に横幅を増やすのを忘れた…。ために、縦長になった。うーむ。正方形っぽいイメージだったのに。プロトタイプやり直しか。

裏側は、写真見えにくいですが、こんな感じ。

f0367170_22515804.jpg

バッグを作る時、この内側を計測して設計して作るのに実は一番時間がかかりますw ごちゃごちゃしない、ものが探しやすいカバンにしたいから。最近はケータイ、スイカ、とか、あとiPadとかですね、サイズを工夫します。オレンジの布にしたのはちょっとしたお守り気分。どこかがひっそりお揃い、って良いものですから。
それはいいけれど、サイズだよなぁ。うーむ、修正して、プロト第二号を作るかなぁ…。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-09-12 23:04 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)