人気ブログランキング |

Tシャツヤーン

ここ数日雨模様で、じっとして
溜まった「駄工作宿題」をやっている。
昨日までに、
例のおズボンの裾まつりして完成、
縫いかけウォールポケット成形、して
今日は寒いし、糸を作った。

f0367170_23024423.jpg


数年、着倒してくたくたのびのびに
なっちゃった冬用タートルTシャツ。
切り出すのに、
いろいろ優れた技はあるんだけど
頭が悪いもんだから、下から地道に
ぐるぐるとテープ状に切ってゆく。
袖も螺旋に、ぐるぐる切る。
脇から上も肩を開いてぐるぐる。
最後に残ったタートル部分も切った。

f0367170_23024471.jpg


ちょうどマキヲの頭くらいの糸玉に。
これを、別糸の編みくるみで
小さいコースターにしようかと思っている。
そんな地味杉なこと…

生かしてもらっている時間を、これに
使っていていいかどうか、と常に
確認する癖がついた。
シャツ→Tシャツヤーンにする 他に
すべきことはないか、とかんがえる。
でも、私のやることなんて、ぜんぶ駄工作。
なので、
要らんことと言えばみんな要らんこと。





# by tsunojirushi | 2019-04-26 23:16 | 縫いもの・拵えもの | Trackback | Comments(0)

夜咲く花

ピンチの渦に沈んでいて、はじめて
ヒョロの命日を忘れた。
2010年2月13日。←自分メモ
続く、にぃにの命日
2013年3月31日。←自分メモ
にまとめて、なむなむした。

そのときに桜の枝を一本と、

これを買った。

f0367170_23415041.jpg


日中の姿。晴れた日はしっかり閉じる。
夜になると開き、深い香りを放つ。

f0367170_23415005.jpg


夜は撮れないから、これは早朝。
午前は、曇りの午後も、咲いている。
深夜のように満開ではないけれど、
でも、満開だとこの裏側の紅色が
見えなくなっちゃうので。
ここがこのお花の魅力だと思う。
名前はザルジアンスキアとか。
俗名はムーンライトフラグランス。

とても心に沁みるコメントを
いただいて、そちらに、
夜は持っている良いもののことを
おもいだして、と。
この花みたいにだな、とおもって、
夜更けた今、書いてみました。
あしたお返事します。
ありがとうございます。
残った時間のことをかんがえよう…。


遠くへ散歩に行ったふたりの写真。

f0367170_23490216.jpg


私の膝の上にいるヒョロを
にぃにが舐めてる。
舐めてやってるかと思うと
だしぬけにパンチしたりして、
なんだろう、「弟分」みたいな感じ
だったかな・・・。
写真を探しに三串村へ行ったら、
その頃も自分が今と似たような暮らしを
まっっっっったく変わらずしていて
進歩のなさに 少し呆れた。










# by tsunojirushi | 2019-04-26 00:08 | 植物 | Trackback | Comments(0)

花束

f0367170_22015899.jpg


かなしく、情けない思いの日。
自分以外に頼ってはいけない。そう改めて思う。

死んでもいいから、ちゃんとやりましょう。
やらずに忸怩たる思いの中で生きながらえるより
きっとそのほうがいい。

那須で、一日しかない滞在なのに、
草を摘んで活けた。母のために。
すぐに処分しなければならないと、
承知で活けた。花には悪かったけれど。



f0367170_22020201.jpg


こちらでは、庭のハゴロモジャスミン
パイナップルセージ、ハルジオン。
秘密のT邸からいただいたコデマリ。

奴隷の暮しも長くなった。
ここからまた、明日があるなら、
自分に出来ることをしよう。と、
ここに書きながら、心を調えている。



# by tsunojirushi | 2019-04-24 22:10 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

お庭へお招ばれ

f0367170_20173202.jpg


おむすびを作りました。
奥のは「庭のセリと胡麻」、
手前は、
「すばるさんちの梅干しの紫蘇」
「拙宅の梅干し」「若布」
が混ぜてあります。

かごに入れて、

f0367170_20173331.jpg


秘密のT邸と呼んでいる
Tさんち(のお庭)へゆきました。

良いお天気で、最初は

f0367170_20173306.jpg


こんな感じにセッティングしたけど、
カンカン照りなのでw

f0367170_20173369.jpg


夏みかんの木陰に移動。
お料理上手な方の豪華おかずと
わたしのおむすびと
お菓子が得意な方のクリームケーキ
等々、
お話しながら頂きました。

何しろ「秘密の花園」のように素敵な
お庭ですから、たくさんの植物を
みんなで眺めて愛でて
愉しいひとときでした。

いろいろ身体が壊れて、
元気がないのを気に掛けて、
Tさんが気晴らしになればと
誘ってくれた、優しいお気持ちに
感謝。

ケーキの達人が
ケーキを運んできたカゴが

f0367170_20173328.jpg


お手製!というのに感心して
写真を撮らせてもらいました。
すごーーーい。

おみやげは、花盛りのこでまりと
大きな夏みかんと
やっと実ったさやえんどう四つ。






# by tsunojirushi | 2019-04-23 20:31 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

週末那須行

f0367170_14522027.jpg


しだれ桜。那須は今が盛り。
庭の角にある木は、満開手前くらいか。
うっとりするようなうつくしさだ。


冬に摘んでは食べていた菜っ葉群は、

f0367170_14522086.jpg


私の背丈ほどある(本当)
菜の花になっていて吃驚した。
荒れ庭ならではの光景だと思う。
しかしこれでは、
もう食べられない…。残念だ。


どうしても訪問緩和などの書類に
判を押さねばならず、
週末、那須へ行きました。
頸ボキボキ他、そのままだから、
殿様が付き添いで来てくれて
あれこれと助けてくれました。

帰ってこられない父と一緒の
短期滞在施設にいる母と一晩、
那須の家で過ごし、また送り出して
我々は帰京しました。
庭の花を、三人で眺めた。
剪定もした…。
花々はもっとあった。
両親が育ててきたチューリップ、
プリムラ、ヤシオツツジ、花桃…
たくさんの愛すべき雑草たち。
たった一日でも、
見られてよかったと思う。
へとへとになったけど、働けた。

悲しいことしか先にないけれど、
だからこそ、今を
少しでも大事にする。
でも、簡単なことではないです。
頑張っても、改善はないのだから。
不可逆の 死への道があるだけ。
残念に思ったって無駄だ。
わかっている。
ただ、無駄だと知っていても、
残念と思う気持ちは変わらないよ。

酷いとしか云えない事件が続き、己などより
ずっとずっと悲しい目に遭う人が
たくさん居るのだ、とかんがえる。
ただただ、腹立たしい。





春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019


# by tsunojirushi | 2019-04-22 15:18 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)