人気ブログランキング | 話題のタグを見る

穴があったら

猫タワーに、
マレーバク
丁。

穴があったら_f0367170_14490145.jpg

あれ♪ 痩せた??♡

と思ったが、
これはイリュージョンで、

穴があったら_f0367170_14505932.jpg

ドーナツの下に、
ポニョが押し込んであった…

穴があったら_f0367170_14512874.jpg

いや、一応、
さんびゃくぐらむ、くらいは
ご飯を替えて痩せました。
でもねぇ、
何しろ、素早くて、
油断すると、
2秒でマキヲの食べ残しを
掠め取りに来る。
(`;ω;´)


というお話くらいしか
元気がなくて書けませんでした。
うーん…。
ジャンボレモンのこととか、
書きたいなと思うことはあるのに、
春不調(超前倒し)と
さまざまな「困りごと」あって…。
しくしく…
ひょんしくしく…


# by tsunojirushi | 2024-03-01 15:00 | | Trackback

人工肘関節・できたこと④_f0367170_12271974.jpg

大した話でもないので、
お忙しい方はアレです…。

日常の動作で「気づいたら書く」が
一番、こう、具体的かなと、
書いているシリーズです。

本日は、
人工肘関節になって出来たこと。
「枕カバーの交換ができた」
です。

枕のカバー洗う前に「枕を出す」、
或いは、洗いたてのに「枕を入れる」
って、とてもしんどい動作でした。
片手ではなかなかできず、
痛いの我慢レベルがハイクラス。
それが、今はちょっと挿し込んで、
カバーを両手で持って
とんとんと入れることができて、
(袋を持って中身を下げる)
ああ、これできるようになったなー、
と、静かにうれしいです。
昨夜、たまたま替えたので。

丸を付けたのは「つぎあて」です。
猫がうーーん、て伸びをして、
ビリっと穴が開いたり、
かぎ裂きができることが多く、
たいていが自分で縫った物なので、
あまりぎれでツギを当てます。
本体は大丈夫なのに、穴だけ開くから
これをたくさんやって使っています。

つぎあての原因のひとと一緒に
撮ってみました。


病にもいろいろあり、
突然倒れたり大けがをして、
命を落とす方だっているんだよ…と
思います。辛い…。
じわじわとは弱ってゆくけれど、
その間も生きられるのなら、
少しでも何かやろうね、と自分に
言っています。


# by tsunojirushi | 2024-02-29 13:36 | 人工肘関節置換 | Trackback

夕食・朝食・ドラマ

夕食・朝食・ドラマ_f0367170_10552039.jpg

家庭内感染対策で、
ご飯は個食です。
そしてなるべく消化に良いもの。
キャプ入れてみました。
これは昨日の夕飯。
やっとおかゆ生活から脱した。

パルシステムで買う
ささかみ(新潟)の雑穀米は、
人気(贅沢品)で、
すぐ売り切れてしまいます。
最近やっと買えました。

そして、朝ごはんは、

夕食・朝食・ドラマ_f0367170_10583218.jpg

縁側にちっちゃい卓を置いて、
丁を眺めながら食べる。

もぐもぐもぐ…しながら、
黙考していたら、文言を思いつき、
紙紙紙…とメモをする。
文言やさんは、机に座って静かに
かんがえて書く仕事なんかじゃなくって
こんな風に、生活の中でぐるぐる
考えつづけていて、
「あ」と何かの案に気づくまでが仕事、
みたいなところがあります。


『おっさんずラブ』の関連作として、
Tverで配信されている
(どなたさまもご覧になれます)
『あのときキスしておけば』を
少しずつ観て観終えたのですが、
面白かった。
大石静氏の本なので、ファンタジー
ではあるけれど人間くさい。

主演は松坂とーり君で、
劇中で「독톡なセンスの服」を
着ている設定なのだが、中でも、

夕食・朝食・ドラマ_f0367170_11381782.jpg
衣裳のこのパーカに惹かれた。

スズリで作家さんを見つけました。
(写真はサイトから)
おばさんが着るとイタいので、
着ませんよ。着ませんが、
これ好きです。


# by tsunojirushi | 2024-02-28 11:45 | 日々の出来事 | Trackback

花と猫

アフターウイルスで
まだまだ気を抜けない。
ご飯も普通には戻らない。
なかなか大変です。

しかし、植物は、
着実に春に向けて進んでいて、
庭を一巡りすると、

花と猫_f0367170_12314644.jpg

出遅れ感のある
ヒマラヤユキノシタ(↖)。
いつも一番に咲くのにね。

初代ブラックベリー(↗)も
どんどん芽を出す。
良かったなぁ…。
これから日が当たるからね。

ヤブカンゾウ(↙)も出てた。
今これを食べると美味しいのは
分かっているが、
気の毒で毎年食べ損なう。
でも、今年は食べておくべきか…。

ミニ水仙のティタティタさんも
咲き始めました(↘)。

みんな、ちゃんとしてる。
枯木の方の梅も見ごろ。
早くもツルニチニチソウが開花。
なのにスノーフレークはまだ。
2月からの三寒四温で、
お花の順番が乱れ気味です。


猫はお元気?と、
コメントを頂いたので、
三寒四温の猫たち。

数日前の極寒時は、

花と猫_f0367170_12244759.jpg

こうでした。ストーブ前。
魅惑の曲線(♂)

そして、春めいた本日は、

花と猫_f0367170_12252925.jpg

日向で伸び伸び。
猫のほどけ具合による温度計。

マキヲものんびり。

花と猫_f0367170_12265054.jpg

ふたりのこの手が何となく
好きでした。



# by tsunojirushi | 2024-02-27 12:36 | 生きもの | Trackback

検診にゆく

検診にゆく_f0367170_17353283.jpg

予約していた区の検診でした。
コロナの時に助けてくれた
クリニックのパートナーdr.が、
リウマチ専門医なので、
どうせならそこで、と街まで。
(リウマチを)知らん人にかかると、
話が通じにくいのです。
今日の先生は、
「これから春がツライので」と
言っただけで、そうですね、と
解ってくださいました。話が早い。
触診で(リウマチ以外)、
ちょっと甲状腺が気になるので、と、
血液検査に追加のオーダを
入れてくださった。
また、結果を聞きにゆきます。
(ちょっと怖い。)


病と長年生きている私にとっては、
医師たちは大事な存在です。
その分、合わない時も我慢しません。
ちゃんと「生きること全体」を
理解して治療にあたってくれる、
そういう人をなるべく選ばせて貰う。
医師は友だちではなく、
治療という仕事を依頼するプロだから。

でも、例えば、私を嫌いな人とは、
友だちになれないし、
一緒に働けないのと一緒で、
技術がすごく高くても無理な時も…。
お互い人間であるゆえに、
難しいところですね。

美容師さんと似てるかも。私の
思う「カッコいい」が分からない人は、
(例えどんなに腕が良くても)
希望を話しても通じないでしょうし。
そんな感じです。

治せない(直せない)所もあるし、
諦めた箇所もあるけれど、
ポンコツの身体は、
メンテナンスしつつ使うしかない。
ゆけるとこまで、と思います。

クリニックのある街の
早咲きの桜を撮りました。
今日の東京はもんのすごい強風で、
お花は烈しく揺れてしまい、
どうしてもちゃんと撮れなかった。

お殿様は回復し、私も、
今のところ発症していません。
ご心配くださって
ありがとうございます。



# by tsunojirushi | 2024-02-26 19:06 | 日々の出来事 | Trackback