いすみ鉄道とお土産

そんなにじゃんじゃん書かんでも…という話なのですが、書かないと「そのうち書く」用の画像がデスクトップにあれこれあり(片付かない)、そして、書きはぐるので。

勝浦から鵜原で一泊して、帰りは「いすみ鉄道」に乗りました。ちょっとだけね。全部乗るとなかなか乗りでがあるので。社長さんのブログが面白いことでも知られるいすみ鉄道。ここ数年はムーミンとコラボです。


f0367170_23242291.jpg


始発の大原駅。先頭のマークはスナフキンです。


f0367170_23242566.jpg


横ちょには勢ぞろいのイラストが。可愛いです。車両は一両。田園風景の中を進みます。


f0367170_23242805.jpg


途中、観光でご乗車の方へ、とアナウンスがあって、車窓右手の池のほとりにムーミンたちの居るスポットを通ります。いろいろ工夫をして集客しているわけですが、大変なのは運転手さんで、運転+アナウンス+停車したら料金回収+ムーミンスポット紹介&徐行・・・とお仕事いっぱいです。

大多喜で降りて、

f0367170_23243005.jpg


旧い商家群を見て、大多喜オリブ(という商業施設)まで歩いてゆき、バスに乗って海ほたるを越えて帰ってきました。また日常です。

お土産は、


f0367170_23243804.jpg


いすみで買った「しあわせ弁当」、地元の方が作られる卵の載った押し寿司的おむすび(おいしい)。


f0367170_23243837.jpg


千葉の好きな食べ物、ひかりものをお酢と胡麻、唐辛子などで漬けたお惣菜。いつもは鰯のですが、今回はさんまの。ごまさんまです。
このあたりの消えもののほかに、


f0367170_23243859.jpg


勝浦のグッズで特に気に入ったバッグ。こういうもの、土台もプリントする業者さんも大体わかるのですが、これはセンスがいい。デザインといい摺りといい。ナイスだ。つい買いました。すごく気に入っています。他のトートバッグやtシャツも良かったです。がんばれ、いすみ鉄道!で、いすみ鉄道鉛筆も買いました。かわいい。父に一本あげます。
旅先で買ったものを、日々の中で、思い出しつつ使うのは小さな幸せですよね。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-30 23:45 | 日々の出来事 | Comments(2)

勝浦海中展望塔

B先輩と仕事の用件あり、まず大多喜へゆき、せっかくチーバくんの地にゆくのだからと一泊お世話になって、次の日はもう少し南下すべく、


f0367170_18283660.jpg

外房線に乗る。身体の痛い病人なのですり足移動。電車の中は水着を服の下に着た可愛い女の子がたくさんで嬉しい。でも、みんな御宿で降りちゃった。
わたしは勝浦までゆく。そしてまず勝浦の名物、タンタン麺を食べる。「佐良屋」さんのはあっさり味で美味しかった。変化球。

f0367170_18283957.jpg


天気があまりよくないので、社会科見学に行くことにして、

f0367170_18285215.jpg


鵜原方面の「海中展望塔」へ。海の中に沈んでいる展望台です。昭和らしくていい。遠くからみると渋い風景。


f0367170_18285828.jpg


風景がまずサスペンス風だし。リアス式海岸。でいいのかな。見事な崖。


f0367170_18492493.jpg

すごいよねぇ。
到着しますと、


f0367170_18291013.jpg

脅し文句が・・・。お値段960円。階段一段あたり10円てことだね。(←ヘンな計算をする)


f0367170_18292007.jpg

上の部分は普通に海の展望台。そして、



f0367170_18292654.jpg

階段を降りてゆくと、


f0367170_18293078.jpg

海の中へ。万歳するヘンなひと約一名。
すっかり下ると、


f0367170_18293676.jpg

すごく一所懸命観ている女の子がいた。こんな窓がぐるっと一周。魚や若布や昆布や貝が観られます。


f0367170_18294297.jpg

ここは海中・・・と思うと応援したくなるボルト。頑張ってほしい。


f0367170_18294687.jpg


この日は曇天で、透明度はいまひとつ。でも、いろんなお魚が横切ります。ニザダイていうの覚えました。
ダイビングなどなさる方々がご覧になったら、鼻で笑っちゃうカンジだと思うけれど、なかなかアナログで楽しかったのです。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-29 19:06 | 日々の出来事 | Comments(4)

少し遠くの海へゆく



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



房総半島の先っちょの方にある鵜原海岸。


f0367170_23205856.jpg


砂浜に鳥居が立って見守ってくれている海。
潮が満ちてきて、夕景がうつくしい。


f0367170_23205815.jpg


朝も綺麗です。

f0367170_23205818.jpg



f0367170_23205930.jpg


とりあえず足は浸かってみました。もう夏もオ終わりですね。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-28 23:26 | 日々の出来事 | Comments(4)

Tシャツを編む

ズパゲッティが流行ってますが、以前から着古したTシャツを捨てないで、ちまちまと糸にしていました。今ネットで調べると、すごく丁寧な切り方が出ますが、私のは、裾から斜めにぐるぐる切ってゆくだけ、わき縫いも何もそのまんまです。気にしません。そうして、古シャツを「紐状」にして、

f0367170_21390377.jpg

こんな風に玉にしてありました(これはバスクシャツ風のボーダー)。
貯めはじめたときは、お友達のマネをして、まず三つ編みにして、それをぐるぐる敷物にしたいと思っていたのです。そうこうするうち、ズパゲッティ(あれはシャツを作る時に出る端材だそうですが)ブームが到来。「三つ編み→ぐるぐる」よりも、かぎ針で編んだ方が簡単じゃん!←すぐに楽な方へ行きます。と。

ジャンボかぎ針は持っていないので、こういう時、まず(ちゃんとやるかどうかわかんないので)ダイソー様へゆき、買ってきます。12ミリのかぎ針。

f0367170_21512024.jpg

おっきーーーい。で、これで、手が痛いのでヘンな持ち方で編みますが、編んでってみました。わたくし、かぎ針で四角とか楕円とか編むの、できません・・・(丸は辛うじて編める)。もともと、かぎ針自体も下手です。でもま、マットなのですから、まあ、乗れればよし(え)。
編んでみて、もうちょっと細く切るべきだったかなー、と。いや、本来、三つ編みする予定だったからなぁ。細編みだとけっこう食うので、シャツ3枚分を一瞬で消費。
こんななりました。


f0367170_21390278.jpg

あ、色がダサいとか思ってはいけません(わたしだって思っているのです)、ないものをあるもので、なのですから。秋冬に毎日着てたタートルネックのカットソーの紫色のを入れたわたしが悪かったんだけどさ・・・。ぶつぶつ。グレイの縞々と、ピンクの縞々のTシャツと、テキトーに色を替えつつ編みました。

f0367170_21390315.jpg

増し目がヘン!と思った方は、マジで教えてくださいーーーー。よくわからないんです――。(恥)

しかし速かった。何しろぶっといから、1時間くらいでした。ま、その、ダサくて汚いけれども、踏み心地はいいのです。綿ですしね、気持ちいい。次はもう少し細く切ってやってみようかなぁ、と思っています。今まで、古いTシャツ・カットソーと言ったらウエスにして靴磨いたり、くらいしか用途がなかったけれど、これなら割と役に立つなぁ、と思っています。
お洒落な方はズパゲッティで「くらっちばっぐ」とか編んじゃってインスタとかピンタレストにご披露するんだと思うんですが、えーと、弊社、ないものあるものなので、こんな所帯じみた感じ全開です・・・。タイトルは好きな物語「舟を編む」を踏襲しました。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-24 22:14 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

昨日は蔵前逍遥のち商用(錦糸町)で頑張ったら、今朝ほどは大頭痛大会でお腹も腰も痛くてダウンになってしまった…。朝ごはんも食べられず。むむむ。もともと病気なのに、もうダメなんじゃないか、という気持ちになりますねぇ、ぐわいわるくなると。何とか少し回復して、縦に座れるようになりました。ふう。

蔵前は、このカレーを買いに行きました。

f0367170_22291960.jpg

写真のこれは、予めB先輩が下さったものです(ご馳走様です)。ベジタリアン対応のもので、無添加、美味しかったです。それで、先だってのマンゴーのお礼にしようと買いに行きました。インドの食材をいろいろたくさん売っているインドなお店でした。というか、ショップを併設した「トレーディング商社」ですね。
https://www.ambikajapan.com/jp/

こないだハマったレンズ豆(→レンズ豆記事)ももちろん、いろんなお豆がずらりと並んでいました。昔、映画の仕事で在日のインドの方とお仕事をすることがありましたが、インドの方はけっこうビーガンです。立食パーティにいっても「ここはベジタリアン」ってなったテーブルがちゃんとあります。日本ではもやしのもとになるお豆を材料にしたがんもどきみたいなものなど、お肉の代わりに使われる食材もいろいろありましたっけ。

せっかく、頂いたカレーですから、

f0367170_22292071.jpg

レンズ豆を炊き込んだ豆ご飯で頂きました。豆豆しいひと皿w  美味しかったです。豆の旨みを堪能。レンズ豆ごはん、かんたんでした。普通にまぜて(キヌアとかモチキビとか混ぜる時とおんなじです)炊くだけで柔らかくなりました。

そして、今日から、これを食べています。

f0367170_22292078.jpg

いつも読ませていただいているブログで教えていただきました。あの「金芽米」を開発した面白い会社、東洋ライスさんのあたらしい玄米。ロウカットって、最初、何かが「low(低い)」なのか?と思っていたら、蝋だった。びっくり。調べていて見たのがこれです。→ 金芽米のお話 の動画
少し前に金芽米の「カンブリア」を観て、この雑賀さんという方に感銘を受けました。石をお米からはじく機械をまず発明して、そこから精米の新しい方法を次々と発明している人。玄米は免疫力を高めるというから、私にいいのかどうかわかんないのですが、でも、栄養を捨てちゃって食べるのはもったいない、ってずっと考えていて、かといって玄米を圧力釜で炊くのはなかなか大変…。これは面白いな、と思いました。
普通のお米に半分混ぜて炊きましたが、美味しかったです。しばらく食べてみようと思います。教えてくださったブロガーさま、ありがとうございました。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-23 22:44 | 美味しいもの | Comments(2)

ウクレレケース

半年もかかってしまった・・・。B先輩にご依頼いただいた「ウクレレケース」。すみませんーー。何とか出来上がった時には燃え尽きていて撮影、記録のためにしたかったのに、ちゃんと撮れなかった。ので、納品してから撮っていただきました。
以下、B先輩が撮ってくださったもの。


f0367170_20235115.jpg


背負われた。らしい。「ブログに載せていいですか?」訊いたら、「ここ切れあそこ切れ」ゆうからこんなにちっちゃくなっただ。これでだいじょぶですかの。


f0367170_20235178.jpg

全体図。


f0367170_20235239.jpg


えーと、これはネコレレを入れてくださったの図。先輩、お忙しいのにありがとうございました。ご覧いただいてお分かりと思いますが、猫をこよなく愛する先輩ですから、ポケットの生地も猫(これはかつてキッカーを作った残りです)、裏地も猫です。以下は、私が辛うじて押さえた記録写真。

f0367170_20235278.jpg


ポケットは全体とのバランスですと大きすぎるのですが、「文庫本も入るように」というご指定で大きくなりました。裏地は、キルティングに。


f0367170_20235445.jpg


本棚と猫の可愛い柄です。おもての布と肩紐にしたテープがありもので、それを基本にして組み立てて行きました、ないものをあるもので製作です。
表生地はこれ →カバンの記事 です。


f0367170_20235477.jpg


難しいのを承知で外からバイアス巻きにしたのには理由があり、楽器の入る内側になるべく「障る」ものを作らないためでした、縫い目とか、です。後は全体を少ししっかりさせるために。

どんなものも、使ってみないと判らないと思っているので、使用後のご意見をお待ちしているところです。これから暑さも少しずつ遠のいていい季節になりますから、ウクレレ背負って、お外で演奏されるのだろうなぁ。いいですねぇ。
眼がまだ片方何とか見えるうちに、次のご依頼品に取り掛かっているところです。相変わらず肘とか頸とか身体が痛いので、ほんとに少しずつ。でも、積み重ねれば、こうしていつかは出来ますから。B先輩、お待たせしてごめんなさい。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-20 23:02 | 縫いもの・拵えもの | Comments(6)

レンズ豆

最近知ったおいしい豆。レンズ豆。村のオサレなお惣菜屋さんに、この豆のサラダがあって、それがすんごくおいしかったのが出会いでした。

調べたらとてもとても昔からある豆だった・・・。だってね、レンズ豆って、形がレンズみたいだからかな、と思っていたら、凸レンズを人類が発明した時に、さてこれを何と呼ぼう、となって、「レンズ豆に似ているのでレンズと呼ぼう」って、えええええええ!豆が先かいっ! と驚愕の古さでした。

なのにわたしは知りませんでした、ごめんよ、レンズ豆。

f0367170_14042017.jpg


買ってみました。リウマチ病院の近所のスーパー(通院時しか外に出ない。都会は違うなぁ)にありました。とても小さいんです。わかりますか。あ、念のために、参考、


f0367170_14042082.jpg


わたくしのお気に入りのオヤツ、チョコがけ柿の種です。何、わかりにくいとな。

レンズ豆は、その小ささから「浸水が要らない」のも魅力。ヒヨコ豆も扱いやすく美味しい豆ですが、レンズ豆は、そう、あれみたい、さながら北陸の「打ち豆」の生まれつき版みたいですよね。
浸水が要らないので、まずは朝ごはんのスープにしてみました。水洗いして野菜と一緒に炒めて煮るだけです。他にもお豆(下ゆで済のもの)があったので、いろいろ一緒に入れました。煮た時間は20~30分くらいかな。


f0367170_14042196.jpg


・・・これだと、レンズ豆「も」入っている、って感じか。いや、とても美味しかったですが。次は茹でてサラダにしてみようと思っています。その方がレンズくん本人の良さがわかるかな、と。その美味しさを説明するのは難しいのですが、すごく美味しい茶豆なんかの枝豆をちっちゃく濃くしたような旨みなんです。美味しい豆です。
世界には知らない食べ物がいっぱいいっぱいある。ケンミンショー観るだけだってびっくりしますもんねぇ。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-19 14:34 | 料理 | Comments(4)

ひば枕

ものすごく元気がないところから、微妙に浮上しました。頸のボキボキは主治医に相談して、箇所は特定しましたが、手などにしびれが出ないようなら、来月写真を撮ることになりました。と、書くのは、すみません、気にしてくださる方もおいでなので。

頸がリウマチで腫れて痛い時は、普通の枕が辛いです。そもそも、整形の医師(私の手の腱を二度までもつないだ人)に言わせると、枕は要らないそうです。バスタオルをくるくる巻いて(これを頸に当てる)、残りをたたんだような即席なもの、つまり、後頭部の高さと頸の「段差」を埋められさえすればよい、ということのようです。勿論、これは一説に過ぎず諸説あると思いますが。


f0367170_17273511.jpg


で、自分でこんな枕をこさえて使ってます。
袋にしたものを九室に分け、それぞれに詰める物の量を変え(中心をもっとも少なく、上下を多く)て、一室ずつ詰めては縫って作ってあります。
中身に詰めたのは、


f0367170_17273572.jpg


ひばチップFrom青森県。それはそれは良い匂いがします。生地は昔、知人がくれた綿サテン。珍しいですが、大昔の綿のおふとんのガワに使われていた生地で、目が詰まっていて中身のほこりを出しにくいきれです。ひばチップは、こんなの。↓


f0367170_17273403.jpg


こういうチップ、最初は友人に頂いて知りました。その時は小さい布袋を作って、部屋に吊ったりしました、消臭効果を狙って。その後、取り寄せて枕も。


f0367170_18071911.jpg


画像は発掘してきました、作った時の日記から。もうだいぶ経つので、中身は替えないとダメなんじゃないか、と今かんがえています。


以下余談。
皆さんのブログを拝見する(フォローしている方のを中心。ネットでも引きこもりなのでごくまれに知らない方の)と、そのコンテンツの凄さに圧倒されます。自分の記事はいいのか、こんなただの日記で。と思うけれど、まぁ、最初に婆さんの書き残しのつもりで始めたんだし、初志貫徹。いいか、これでと思ったり(どっちだ)。
猫たちのことを書いている巻亭日乗には、チビミケの現在のことなど少し書きました。元気で暮らしているようです。

と、ここまで書いて、実は今日は操作を誤って全部消えました。で、一から書き直したけど、きっと最初に書いたのと違うんだろうな-ww



[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-17 18:20 | 縫いもの・拵えもの | Comments(2)

もーた

頸がボキボキっす。明日、主治医に相談します。何でここに書くというに、PCの姿勢が一番ダメだからなんですー。ぎぼぢわるいー。

えーと、どこへも行きませんので、不動の夏を過ごしていますが(通年そうですが)、夏なのでいろいろ頂きます。
山形から葡萄が届きましたので、って秘密のT邸さんがひと箱デラウエアをくださった。ひと箱!! い、いいんですか、と言った。周囲に分けた。写真を撮り忘れた。


沖縄からマンゴーをいただいた。こいつは超高級品です。アップルマンゴー。

f0367170_23541861.jpg

興奮気味なので、写真が乱雑です・・・。事務所のSちゃんに上げたら、「超うまーーーー」的な感想が届いた。うんうん、良かった。


お向かいから、

f0367170_23541868.jpg

枝豆頂いた。なんか、毎夏、農家まで買いにいらっしゃるんだそうで。すんごいおっきかった。というのを撮りたかったんだけど、台所の散らかってることの方が写ってしまった…。


父から、

f0367170_23541729.jpg

のうぜんかずらが来た、

f0367170_23541733.jpg


それも、
普通郵便で。
とうちゃん、大胆だ。しかも一回目はただ紙に包んで送ってきて、かりっかりの枯葉になっていた。「枯れ枝が届いたが・・・」とメールしたら、「反省反省」とかいって、翌日また、今度は少し工夫をして送ってきた、
普通郵便で。
挿し芽をして育ててみたいと言ったからなんだけど、挿し芽の時期は春なので、今は付きません、たぶん。でも、せっかく送ってくれたから、やってみました。気は心。ついたら奇跡です。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-16 00:11 | 日々の出来事 | Comments(0)

おばけきゅうり

ちょっと元気ないのですが、更新しないと主にB先輩が「だいじょぶか」って心配するので(笑)書きます。

殿様がきゅうりを育てているのですが、「全然生らないね」と言っていたら、お得意の節穴観察眼だったらしく、人知れずどんどんどんどん育っちゃったものを発見。

f0367170_18422128.jpg

きゅうりって、ほうっておくと(数週間)こんななるんだねぇ。びっくり。へちまか。
なんか、白瓜っぽい色になってる。
食べられるのかな・・・。でももったいないし。さすがに種はさわると思い、二つに切って種を取って、お塩もみにしてみました。

f0367170_18422102.jpg


案外おいしかった(え)。意外に淡白な味(隣に添えたのは塩らっきょうです)。夏の不思議な体験でした。←ただのずぼらだ


たくさんにいただいたみつ豆は、あれからいろいろと楽しみました。

f0367170_18422296.jpg

抹茶アイスをのっけて。ダッツでございます。


f0367170_18422270.jpg

これはね、白玉をこしらえて、ゆであずきと。下にちょっこし最後の寒天が入っています。おいしかったなぁ。これからはまた、なんちゃって寒天です。

東京は昨日今日と涼しいです。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-08-12 18:54 | 植物 | Comments(10)