レンジ棚の作成記録

ω・`)チラ・・・

何とか、お仕事一段落しました。たぶん。いや、書いたものは大抵の場合、修正指示が付いて返ってきます。書いたものに直しがないのは、偉い作家の先生などだけです。(いや、先生でもあるのかもしれん・・・)

つかれました。ぐわいもワルイ…ので寝ます。が、ここに何か書いてから…。何と申しましょうか、体育の「整理体操」みたいなものです。お若い方には解らないですね、すみません。

大昔に、レンジの棚を作った写真を。死蔵していました、書きたかったのですが。
冬に、怖い音を立ててオーブンレンジが壊れ、安くて小さい「石釜ドーム」を買いました。うちの台所は狭いので、工夫をしないと物が収まりません。レンジの上に棚が欲しいのです。今までの物は、レンジが微妙に大きくなったために使えなくなりました。
お金もないですし、なかなか好きなサイズや形が見つかりません。そこで、100円屋さんへゆき、ワイヤーネットというのかな、を買ってきました。サイズを考え、組み立てをかんがえて。


f0367170_23284291.jpg


f0367170_23284565.jpg


そして、それを「結束バンド」で組んでゆきました。


f0367170_23284935.jpg



ごく簡単な作業です。上に置きたいのはラップの類だけなので、そんなに強度は要らないのです。シンプルで軽いものを作りました。ただし、サイドだけは少し強度を足すため、木の棒をこれも100円で買ってきて、取りつけました。


f0367170_23285220.jpg


矢印の部分です。斜めに木の板を入れました。使ってから撮るから、いろいろ写ったじゃないか!>自分
ここに書きはぐっている間に、結構使いましたが、重宝しています。温度が高くなるものなので、万が一作られる方がいらしたら、よくその点をご確認いただき、自己責任でお願いいたします。

今日はチビミケのお見合いをしました。まだ何とも、でも、第一歩、と思っています。どんなことも、簡単にできることはありません。

ついでに、好きなお菓子も載せていいですか。


f0367170_23290077.jpg


沖縄の小亀。地味に好きです。実は、すなぎもジャーキーも好きです。沖縄もの、意外に好きなものがあるのです。ドゥルワカシーとか、島豆腐とか、にがなの白和えとか、ふーちばーじゅーしーとか、お料理にも好きなものが多いです。
原稿作業中、小亀さんに助けられました。当然肥りました。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-28 23:57 | ちょっといい | Comments(0)

特急・梅仕事

相変わらずの状況です。終わらない&痛い。なのだが、間隙を突いて梅仕事ちょこっとだけ! だって、傷む!
お向かいから頂いたもの、T邸で少し拾わせていただいたもの、うちの古木に「たった一個」生ったもの。


f0367170_23124797.jpg


たった一つの梅とT邸で拾ったものは、ザラメとホワイトリカーで梅酒に。ちっちゃい瓶に一粒ずつ入れて。
後ろは今年、初挑戦の「さしす梅」、読ませていただいているブログの方に教わって(ご興味ある方は「さしす梅」で検索するときょうの料理のレシピがヒットします)やってみました。梅をお砂糖とお塩、そしてお酢、つまり「さしす」で漬ける物。漬けてから梅干し同様に干します。傷んだ場所があっても除いてできるようだったのでこれにしてみました。
左は恒例、梅醤油。青めのをお醤油にぽとんするだけです。かまぼこや冷奴に美味しいです。
後ろのお鍋の中は「梅ジャム」を煮ています。

毎年、たくさん梅を漬けてきましたが、今年はいろいろと不作で、でも、殿様がまた福井から買うそうです。そしたら、本番の梅仕事。できるかな、今の病状で。何とか手伝えるように持ち直したい。

これ ↓ はオマケで過去もの。

f0367170_23125286.jpg


熊本の友人に教わった「梅味噌」です。好きなお味噌と梅とざらめを、交互に地層のように瓶に詰めます。それだけなのですが、このまま保管するとおつゆが出て、甘酸っぱいお味噌ができます。きゅうりもみなんかにかけると美味しいのです。梅がちょこっと手に入ったら、やってみてください。



追記。
「チビミケ通信」←気にしてくださる方がいらっしゃるので
ミケチ(チビミケ)、ケージから出て遊ぶのですが、お魚のおもちゃで延々延々延々延々遊ぶので、観ている私が心配になって、おうち(ケージ)に帰したりしています・・・。1100グラム、元気です。
↓ 近影。

f0367170_12403619.jpg



















[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-26 23:30 | 料理 | Comments(2)

夏の帽子

暑い・・・。そして、仕事が終わらない・・・。身体が痛い・・・。のに、こんなの書いてすみません。いや、煮詰まってしまうのです、ずっと文言書いていると。今は家を作る会社の世界と、リア王の世界を行ったり来たりしています。ブログに与太話ばっか書いてないで、ちゃんとやらせてもらっている仕事も紹介しろ(営業せよという事)と殿様は言うんだけども・・・。

近所の村に、メーカさんなのか、卸の会社なのか、Rachel さんというのがあって、普段は事務所なんですが、時々、近隣の人たち向けにサンプルなどのセールをしてくれます。メールでお知らせくださるので、行けるときは行くのですが、その時だけは、普段静かなお玄関先が、


f0367170_20343170.jpg


こんな感じに。売っているのは帽子やストール、バッグ。いろんなものが所狭しと並んで、どれもすっごくお安く(ほぼ全品千円なのだ)販売してくれます。


f0367170_20340898.jpg


電信柱もこんなことに。いや、これ、あれかな、怒られちゃうかな、係りの方、たまのことだから大目に見てあげてけさい。これらも千円。
朝からのセールに、たくさんお客様が来ます。サンプルなのでタグがなかったりはしますが、今年っぽい小物をちょっと導入したい、にはぴったり。わたくしは、貧乏なので買ってはいけません。いけませんが、


f0367170_20345527.jpg


自分の(上の)と、殿様に一本(下の袋入り)、綿麻のストールを。右に見切れたのはマキヲで、左下のゴム(ポニー)は、これ、なんと「オマケ」なんです。


f0367170_20351567.jpg


こういうのもハンパの在庫なのか、「お買いものされた方はおひとつどうぞ」って段ボールにドカッと。派手なのが多くてわたしのようなおっさん用はなかったのですが、箱の底から発掘しました。しげしげと見るとよくできている。今時分咲く、梔子みたい。


f0367170_20354697.jpg


f0367170_20353088.jpg


革を組んで作ってあるんだね、端っこをくるっとしてあるのもかわいい。もしかして、自分でも真似できるかな、と詳細を写してみました。
お帽子とかもみんなお安くて、とても助かるのに、オマケまで頂いて申し訳ないくらいです。
その後、「盛夏」向けがもう一度あって、その時は周辺で仕事をした殿様も連れて行ってあげました。ら、初めて行ってそのお得感にコーフンし、さっそくリュックを買っていました。だろーー?  わたくしは、案内した役得で、帽子を一つ、買ってもらいました。


f0367170_12324230.jpg


アンダリアみたいな素材のたためる帽子です。欲しいと思っていました。夏は麦わら帽子をかぶってるけど、電車に乗ると邪魔だったりする。これなら、たたんでカバンに入ります。1000円でした。Rachel さん、いつもありがとう。
そうだ、いつか書いた、飛ぶ帽子 もこちらで買いました。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-24 16:22 | ちょっといい | Comments(2)

山椒の実

今年もやりました。(殿様が) いや、わたくし、手がアレなんで…。でも手伝いましたよ、鋏持って。

まず、山椒を収穫する。(けっこう前です。5月中旬です。東京はその辺り)

f0367170_00030637.jpg


綺麗。山椒、木に雌雄があるのは皆さまご存じだと思いますが、当然のことなのですが、近くに異性が居ないと、雌の木も実が生りません。お隣のお宅は女性の木があるらしいのですが、男子が居ないのでなかなか生らない、とのこと。
以下の作業をして、差し上げましたら、喜んでくださいました。

↑これを、地道に枝から外す。よくご覧になると解りますが、2つずつがくっついた形をしています。


f0367170_00030694.jpg


この作業が実は一番大変かも。外したら、洗って、


f0367170_00030747.jpg


お湯で数分茹でます。お湯を切ったら出来上がりです。後はこれをよく拭いて冷凍しておいて、定番のちりめん山椒を作ったり(まだやってません)、昆布を炊いたり、します。今年は殿様、粉山椒にも挑戦されて、上の実を天日で干して乾燥させ、中の種を除いて、カリカリになった皮をすり鉢で摺り、作っとられました。すごくいい香りですが。けっこうキます。ビリビリ。
そういえば、京都の広隆寺の近くのお寿司屋さんで、これと煮たこぶの佃煮があって、それが大変に美味しくて(たぶんお出汁を取ったのを炊かれるのでしょう)、撮影で行ったときには、らんでん一駅歩いて買って帰っていました。真空パックとかじゃないので、行かないと買えない。今もあるだろううか、また食べたいです。余談。

山椒の実は、上の方式で冷凍しておくとかなり持ちます。好きな時に使えて便利です。



オマケのトイレ姫。

f0367170_00134006.jpg


きれいに片づけて、箱もご用意しておくのに、みんなくっちゃくちゃにして、トイレで寛ぐのがお好き。もーーー。
今日、やっと、「遊ぶ」ということに目覚めました。ねこじゃらしの楽しさに突然開眼。きゃー♪、なにこれたのしーー!!という感じでした、急に。今まで、それどころではなかったんだよね・・・。


[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-23 00:20 | 植物 | Comments(2)

治りにくい病気

ここの所、目に病変が起きたことを受けてステロイドを減薬しているためと、一年で一番ダメな気候のために、リウマチ悪化しています。いつかインドの人と英語と日本語の言語交換をしていて、いつも病院に行っている私を、相手はどうしても理解できないようでした。「診断がついて治療をしたのに、どうしていつまでもずっと病院に行っているの?」と彼女は言う。うーん・・・、この世にはそう簡単には治らん病気があるのよ、というのを、元気な人に(しかも英語で)ご理解いただくのは難しい。
もう20年、やってますからね。


f0367170_20553367.jpg


暴風雨の中、今日は病院へ。上の写真は、病院の天窓。夕方になるにつれ、明るい空に。往きはすごかったのさー、台風みたいで―。
主治医に会って、肘が伸びないで曲がったままになるくらい腫れていてとても痛いし、指も紡錘型に腫れて痛い場所が数か所。おまけに困ったのは首の関節にも来ていて、これは何しろ寝ていても痛い。等々、話す。CRPも上昇している。貧血もギリギリ。
βdグルカンの上昇への警戒で、ここ1年ほど減らしているエンブレルの注射を、2週に一回から、10日に一回に増やしてみよう、それでも肘が酷いままだったら、整形の医師に診てもらいましょう、と先生。しかし診てもらうと、「肘を人工関節に置き換えるしかない」と既に言われているので、またそれを言われるんですよ、なので、会ってもいいが、温存派の人にしてください、と主治医に言う。主治医、悩む。
この件には、私なりのこだわりがあり、それは今までやってきた何回もの外科手術の経験から来ていて、でも、すんごい長くなるから、ここに一旦書いたんだけど割愛しました。いつか書く。簡単に言うと、身体の天然のパーツは大事だとおもっている。ということ。かけがえがない。最近は歯だってなるべく削らないし抜かない。
もちろん、命を助けるために(私の耳の骨のように)あきらめなくてはならないことも当然ある。でも、こんな痛い壊れた肘の関節なんか捨てちゃって、新品の「人工関節」にしたら素晴らしく快適になる・・・のだとしても、もう少し可能性を探りたい、とかんがえるのが私の発想です。ただの野生の勘と言ってもいい。天然のパーツはなるべく残した方がいいんじゃないか、とおもうから。バカな考えかもですが。
そんなわけで、とりあえず注射を増やし、様子を見ることに。何とか、肘と首が治まってくれるとなぁ…。痛いのももちろん辛いが、炎症が続くと軟骨や腱が病変に食われて骨も破壊されるから。その前に食い止めたい。

痛い身体で、無理やり仕事をして、どこへも行けず、何もできない自分を、残念過ぎる・・・と思うことも正直多いです。ずっと治療しているから家族も持てなかった。でも、私の年代まで生きられなかった方だっている。もっともっと大変な中で諦めずに生きている人もたくさんいる。病気以外の理不尽な苦しみに苛まれることだってある。
比べはしない。しないけれど、まだ、もう少しできる、とかんがえる。健康で生活にも困らず、何でもできる人たちのようにはいかなくても、もう少しやってみる。そう思って、数年来、生かしてもらっています。

B先輩が新しい時計の写真を載せられてた。綺麗なブルーの文字盤だった。のを見て、天窓の下で自分の今日の青い時計も撮ってみた。


f0367170_20555268.jpg


軽くて気に入っています。カシオ大好きなのですが、最近はカシオの安い時計のことを「チプカシ」といって、愛好するひとたちがけっこういらっしゃるらしい。なんとなく、可愛い響き。ちぷかし。


チビミケ、元気です。ですが、なんだか おとなしいので心配になる。少し外に出て運動しましょ、と出すんだけど、自分からケージに帰っちゃったりするんですよ。三毛なのに。三毛だというのに。うーむ。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-21 22:00 | 日々の出来事 | Comments(0)

梅雨の風物詩



美しいあじさい&6月のイメージショット!

もう一回、↑で書いてみようかな、と。


お向かいのマクラスキーさん(あだ名)はちいちゃくてかわいらしい老婦人。週末に「梅がもう熟してぽたぽた落ちちゃうんです。獲るの手伝っていただけますか」って(毎年お手伝いしているので)。
昼頃のことで、殿様は午後から仕事だったので、今ならだいじょうぶ、と言ったら、マクラスキーさん「・・・今からお午ごはん・・・」と。それで、「12、3分で食べちゃいます」って言うから、いやいやいや、ゆっくり召し上がって、といい、しばらくしてから獲りました。
四捨五入したら90歳なのに、脚立に乗られて、降りる時だけ「ちょっと手を貸してください」というからお貸ししたら柔らかな御手でした。わたし、万が一80歳まで生きたとして(ないない)、脚立に乗れるかな、凄いよね。
お手伝いのお駄賃に、立派な梅をくださいました。こちらのは白い花の梅で、白加賀っぽい品種。おおきくてしっかりした個性の実です。


f0367170_22451777.jpg


梅酒にいちばん合いますが、追熟してジャムにしようかと殿様が。部屋じゅういい匂い。この匂いをかぐと、6月だなぁ、と思います。「梅雨(ばいう)」とはよく言ったものです。

マクラスキーさんちのあじさいは綺麗なブルーなので、一枝ください、とこれも頂いてきました。


f0367170_22451725.jpg


先日のメイソンの紅茶壺(右)に続き、今度は中国のお酒の瓶に活ける。

手前に置いたのは、うちの庭の超古木の梅が、やっと命をつないで、たった一つ実らせた「奇跡の梅」です。うつくしい。この10年、獲りきれないくらいたわわに実らせて、梅干し作りの幸せを与えてくれた木。実は生らなくても、少しでも長生きしてほしいと祈っています。


あ、チビミケは元気にしています。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-19 23:03 | 植物 | Comments(0)

ケージの住民

前の記事のview数が多いのは、kindle くん人気・・・ではなくてたぶん、「子猫」というタグなんだろうなぁ、と思い、せっかく見に来てくださったのに、アマゾンPOSの写真とへんなおばさんの写真でがっかりしてお帰りになったのだろうと申し訳なく、チビミケの写真を載せてみようかとこれを書いています。
捕まったのは、前の記事を書いた深夜、ごはんで室外機の上に(うちにくるひとはみんなここ経由)おびき寄せて、殿様が軍手でガッて。まあしかし、獣医さんにわざわざ捕獲器を借り、他所のお宅の庭までお迎えに上がらなければならなかった丁坊に比べればたやすい。二晩怒っていましたが、美味しいご飯の食べ過ぎでお腹を壊し、昨日の朝、急遽獣医さんへ。駆虫、整腸下痢止めのお薬処方。夜までには元気になって、また腹ペコ。キタナクテクサイ問題は、獣医さんついでに全体をざっと拭いたので若干改善。ついでにいろいろいじられたので、人間にもやや慣れた。 二週間は隔離(ウィルスなどのスクリーニングがまだ)なので、玄関に置いたケージに逗留。みんな最初ここにいるね。刑事姫。そういえば、このケージをゲージという人が割といらして気になる。ゲージは編み物だとおもうんだけどなぁ。

で、写真を撮るのだが、


f0367170_12311575.jpg


まあ、やせっぽちだが、そう器量は悪くない。

なんだけど、カメラを向けて「お、かわいいね」とピントが合うと、


f0367170_12311536.jpg


突然あくびをしたり、あ、失敗失敗、と再びカメラを構え、「おっ」と、ピントが合うと


f0367170_12311518.jpg


急にヘンな顔をするのはどうしたことか。せっかく釣書用にとびきり可愛く写したろうと思っているのに。刑事姫、フォトジェニック失格。なんだよ、そのお顔w

ともかくも、ウィルスや病気の問題をクリアしない事には話が始まりません。もう一度、獣医さんに連れてゆく(今回は、「あら、かわいい」/「三毛にしてはとてもおとなしい(原文ママ)」/「綺麗な柄ね、錦鯉みたいね」との講評。体重880グラム。推定2か月歳。)のを当面の目標としています。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-17 13:27 | 日々の出来事 | Comments(2)

スーパーハードDAY

あまりにも今日という日が大変過ぎたので、叫んでいいですか記事です。

今朝、いきなり、愛用の kindle Fire 7 第4世代 くんが立ち上がらなくなり、こいつはアマゾンPOSですから、お電話いたしました。そこからいろいろと復旧を試みるも (中略) ・・・・壊れました。もう直らないそうです。2014年のクリスマスに買ってもらいました。まだそんなに経っていないのに、なんということでしょう。ショックで切ない。

在りし日の姿。

f0367170_13003529.jpg


これでほんとにいろんなことをしました。ゲーム(ねこあつめとか)のデータは全滅ですが、幸い、一部の写真はクラウドに残りました。それだけが救いです。仕事は詰まっていて、体調は前記事に書いた通り最悪。アマゾンさんと話していて、お昼も食べなかった。なのに、夜もまだ食べていません。
なぜならば。
kindle 他界のショックも冷めやらぬ夕方、今度はこの世でもっとも恐ろしいものを聞きました。子猫の声です。

・・・・・

ここも中略。
大変でした。結論だけ書きますと、夜になって、とうとう姿を見、誘導して、ご飯を少し食べさせることに成功しました!! 5時間かかりました。でも、これで今日は死なないで済む。何とか保護して縁付けられるよう、頑張ってみます。という目標です。現在、わたしがが腹ペコで死にそうです。いえ、死にません、備蓄がありますから!!
あんまり大変だったので、んもーー、どうしても誰かに言いたくて書きました。何か食べてきます。

これは今日遠くに行っちゃったkindleくんで、最初に撮った写真(殿様が。←スポンサー)。マキヲをかまっている。丁(の時を思い出す。今日のあの子を見ていると。すごく小さい。)は、どこにいたのかな、もういたはずなんですが。

f0367170_23044971.jpg

何か食べよう。今日は誤字あっても大目に見てやってください。後で直します。
チビミケはまだ庭にいます。




[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-14 23:37 | 日々の出来事 | Comments(8)

天然のあんず

梅雨です。リウマチ、頸に来まして大変です。しかし、お仕事はあるのです。毎日書く。なのに、息抜きにこれを書いたりしていて、自分でもバカなのかも、って思います(笑)。大きな関節に来ると日常生活のストレスが増大します。何をしても痛いから。寝ていても痛い。首に来るほどひどい時は当然他の箇所も腫れて痛い。おんなじ病気の方はお分かりになるだろうなぁ、っておもいます。今の季節はダメです。しんどいですねぇ。

さて、しんどいながら、できることはする。
秘密のT邸から「あんずが実りました」とのご連絡しかも、「とても足が速いのです」とおっしゃる。はやく獲って料らねばならん。殿様に行って獲ってもらいました。少ししかないとおっしゃるから、まぁ、10個程度ならば不調でも作業できるかな、と思っていたら、意外にたくさんで、しかも急ぎ。
実はあんず、見るのも触るのも初めてです。もちろん、加工したものは知っているし好きです。シウマイ弁当の干しあんず、なくてはならないです。しかし、生は。東京ではほとんど売っていません。プラムとかソルダムなんかはあっても。理由は今回触ってみて解りました。とにかく傷みやすく、熟す進行も早いのです。輸送や販売に向きません。なるほど。


f0367170_13445812.jpg

まずは果物自体を知るために、生で頂いてみました。食感は枇杷みたいな感じ。そして杏の味(当たり前だ)。そのままではもちませんから、なるべく持ち味を活かしたかたちにしようと、ネットで調べて(皆さま有難う)コンポートに煮てみました。


f0367170_13445863.jpg


あんずは洗って、くぼみにぐるっとナイフを入れ、アボカドの要領でひねり、種を外します。
お鍋にはお砂糖とお水、香りづけの代わりにブランデー梅酒を少したらし、酸味にレモン汁を。沸騰させてから上記二つ割りの杏を入れて、しずかに数分煮て完成です。
熱いうちに、煮沸した瓶に詰めました。


f0367170_13445907.jpg


これはジャムでもおなじみの光景。


f0367170_13445994.jpg

お約束の逆立ち。(殺菌のため)

ただ、これだけです。冷えてから味見をしました。とても美味しかった。杏がいいのだと思います。何しろ樹上完熟の獲れたてです。なかなかないコンディション。
そのまま食べても、ヨーグルトに載せてもいいのですが。シロップが残る。そこで、こんなことをしてみました。


f0367170_13450027.jpg


コップにシロップごと入れて、炭酸水をしゅわしゅわしゅわ・・・。少し混ぜながら飲むと、とっても旨い。ご馳走だなー、と思いました。
その後、ジャムにも煮ました。二つ割りまではおんなじで、お砂糖をかけてしばし置いて水を出し、とろ火で煮てゆくだけです。毎年、梅のジャムを作るのですが、それに比べたら簡単です。いちごジャムとおんなじような工程ですね。
そして、種。とってあります(笑)。これで、杏仁豆腐ができるらしい。原稿と縫い物作業が一段落したら、やってみようと思っています。

生きていることが辛いと思うことは多いです、毎日痛いし耳も眼もダメになっていて。どこへも行けないし、楽しいこともあまりできない。でも、今日まで生きたから、杏を知ることができたのであって、生きていて手に入ることもある。そうできなかった人たちを想い、生きられることを幸運だとかんがえなくてはいけない、とおもっています。




[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-13 14:07 | 料理 | Comments(2)

紫陽花採取



美しいあじさい&6月のイメージショット!

・・・すごく派手なバナーっすね・・・。いや、これでちょっと書こうかと。(…思って書いたのですが誤字脱字てんこ盛りで修正してうっかり投稿にチェック入れて複数になりましたすみません…もうしません)


通常引きこもりですが、仕事や通院に出かけた先で、紫陽花を撮ってみました。まず、尾山台のお蕎麦屋さんに取材に伺い、お店の前に咲いていたのをパチリ。

f0367170_14152405.jpg

ちょっと面白い形の花。お蕎麦屋さん(久寿屋さん)のお話もとても面白かった。心にしみました。


次は、これも取材をさせていただいた山野草専門店にあったもの。商品です。山アジサイ。園芸種でないあじさいですね。

f0367170_14152525.jpg

風の強い日で、ぶいってなりましたが、何ともたおやかな風情。こちら「早蕨」さんのお話もこれまた大変興味深く、素敵なお店でした。


次は東大。一個前の記事に書いた難聴外来で行ったときのもの。構内に咲いていました。

f0367170_14152595.jpg

プルーの紫陽花好きです。住んでいる家のお庭には。ピンクが多くて。ブルーは涼やかでいいな。


それから、東大の周辺、本郷の町にあったもの。すごくないですか、これ。縁取り付き。そしてこの色彩。なんていう種類だろう。

f0367170_14152545.jpg

和菓子の扇屋さん(ここ、美味しそうだったのだ、こんど行きたいのだ)の近くに咲いていました。



そして、あとはそのピンク主流のわたしのねぐらの庭のもの。主に今はこの二種類。


f0367170_14152653.jpg


この花瓶、昔の会社の引越しの時に、ゴミに出ていたもの。拾った。紅茶の壺です。本来は蓋がある。これがものすごーーーく好きで、紫陽花の時期になると出して、活けます。この東洋的な(わたしはパタリロ柄と呼んでいる。魔夜先生の画に似ているから)柄の陶器が大好物。
そしたら(余談)、昨年「とと姉ちゃん」観ていたら、とと姉ちゃんの社長デスクの上に同じものがあり、ペン立てになっていた。いたく感激した。アンティークとして、高価なものもあるんですよ、昔の紅茶壺って。これは安いと思いますが。余談終わり。


この紫陽花の咲いている庭に、可愛い黒猫が遊びにやってきました。うちのふたりは大騒ぎ。顛末は、猫ブログ→巻亭日乗 に書いたのですが、そこに貼った写真をここにも。
黒猫さんの写真撮っていたら、「なんか、この画、見たことあるな・・・」と。しばし黙考・・・。 ピンと来た時、自分が笑いました。


f0367170_14152688.jpg

でしたww
素晴らしい構図。いや、クロちゃんの座った場所がw  屏風にできるかな(できません)。

ほんとは鎌倉とか行きたいなぁ。箱根とかもいいなぁ。ローカル線で紫陽花の見どころを作っているとこも多いですよね。元気なら、行きたいのになぁ。



[PR]
by tsunojirushi | 2017-06-11 14:38 | 植物 | Comments(0)