木枯らし紋次郎

お世話になっている先輩と小冊子を作っています。「しる・みる・つくる」といって、その名の通り、身近な発見や「こさえること」をコンテンツとしています。もともとは、グラフィックデザインと文章の「制作見本誌」で、営業(お仕事くださいね)に使うツールです。時々しか出せませんから、ブログ版「しる・みる・つくる」(←飛びます)を設けています。ブログ自体のリンクもしました。
小冊子の最新の号外で、わたくしがここで記録している縫い物に関連して書かせてもらいました。その記事の中に、南米の楽器「ケーナ」の袋を載せています。遠くの音楽家の友人からの依頼品です。オーダーを受ける時は、どう使うのか、どんな感じがいいか、なるべく丁寧にお伺いします。発注者の音楽家がおっしゃるには、「南米の楽器なのに、篠笛が入っているのかな?というような袋がいい」と。持ち歩くものなので、少しクッション性が欲しい。とのことでした。つまり、股旅のマント(違)みたいなのかな、という話になり、そうそう!木枯らし紋次郎みたいなの、となりました。オーダー!木枯らし紋次郎のような笛袋!
さて、問題はサイズです。遠方なので笛をあずかることができません。そこで、例によってまず、手持ちのものでプロトタイプを作りました。

f0367170_16523052.jpg

古い着物のはぎれと裏地、在庫していた紐、そして、この笹留めのような留め具に至っては、かまぼこの板から削りだしました。我ながらあほちゃうの、と思います。

f0367170_17313842.jpg

削ったの図↑ 爪磨きで研磨中。
でもこれ、のちに大きすぎると判明し、本番は「しる・みる・つくる」の方に書いた、沖縄から来た笹こはぜが付いています。で、このプロトタイプ本体は、細すぎました。入ることは入るけれど、スキニースリムだとの連絡。それでこそ仮縫いの意味があるというもの、これを踏まえて本番にかかりました。
せっかくの木枯らし紋次郎なので、おもて生地は「三河木綿」を愛知県から。裏地はここはちょっとひねってハイカラにソレイアード風、形は研究の結果、昔ながらの、それこそ篠笛などの袋の仕立て方に倣い、裏と表の間に薄いキルト芯がクッションとして入っています。

f0367170_16523877.jpg

f0367170_16525696.jpg

紐はMURUMIZUGUMIさんで見つけた綺麗な色のゴムの物。同店で求めた笹こはぜは沖縄から来たテリハボクを手作業で削りだした物。「日本の手仕事」を集めた構成となっております。
裏側にちょっと引っかけられるループを付け、ゴムとループを付けた場所を時代劇の馬乗り袴のスリット部分みたいな布で隠しました。自分で作った紙の笛(貰ったサイズで筒を作って試着用に使いました)を出し入れしてみて、大丈夫、と確認した上で、完成です。

f0367170_16530641.jpg

閉めちゃうと地味ですが。中が見えるとなかなか派手渋いです。苦労したのはセンターの縫い目。普通、袋物は目立たない脇などに剥ぎが来るものです。しかし、真ん中のスリットを作る関係で、あえて正面に縫い目が来ました。プリントならごまかしが利いて良かったのですか、なぜ縞を選んでしまったんだ>自分。というか、紋次郎だからしょうがないか…。曲がると一目瞭然なのでした。いや、曲がっています、すみません。二度縫い直しましたが見えない眼では限界でした。

出来上がった紋次郎は、西へと旅をして「手前生国と発しますところ…」と音楽家の手に渡りました。プロトタイプは返していいですよ、と言ったのですが、そこは音楽家、他に合う笛があるので、このまま頂きます、とおっしゃってくださいました。かまぼこなのに。
前のバッグの話にも書きましたが、問題は使い勝手と耐久性。今年の新春に納品しましたから、一年が経過。どんなかな、と思っています。そして、まだ人生に先があるなら、音楽家の吹くケーナの音色をいつか又拝聴したいと思っています。
どなたかの手に縫ったものが渡るのは嬉しいことです。特に今回のようにイベントとして愉しかったものは。ただ、そこに当然、責任も発生します。最近、そういう体験をして、いろいろと考えさせられました。

今回はB先輩のご厚意を得て、「しる・みる・つくる」とリンクさせていただいた御礼も兼ねて、これを書かせていただきました。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-12-27 17:40 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

バッグのリメイク

お仕立てご依頼の中で緊張するものに「リメイク」があります。修理ももちろん緊張しますが、何かを丸ごと使って別の物にする場合、当然、当初の物は壊して使うことになります。一点しかないものですから、取り返しがつきません。念には念を入れ、なるべく安全に準備工夫をし、途中で何度も確認して作業を進めます。

今回はずっと以前に使われていたという藍染めのリュックを、もっと気軽に使えるようなバッグにしてほしいというご依頼でした。
そこで、まず 試作品(←を作った記事に飛びます) を作り、それを確認していただいて、本番にかかります。
失敗を防ぐため、ただの四角いものですが型紙を作りました。そして、裏地の作業から進めていきます。猫とモノトーンでまとめるので、裏は可愛いキャンバス地を。

f0367170_13170632.jpg


カバンものは使いやすくてなんぼ、と考えているので、ポケットなど、裏側にかなり時間がかかります。上の写真はポケットを付けたら偶々猫がこんにちはしたの図。(孤独な縫い物屋、独り微笑む)
裏側やショルダーストラップなど「外堀から」攻めて行って、いよいよ本体を切りだしますが、ここでまた新たな型紙を作りました。柄の出方を確認するための、「ネガポジ型紙」です。


f0367170_13170535.jpg

窓になっていて、形が確認できるもの。これで位置を正確に決めて、それからおもむろに普通の型紙を当てて、裁ち出しました。手間はかかりますが、こういうことでひとつひとつ安心して進められるので。表生地には芯地を貼りました。旧いものなので柔らかい風合いで良いのですが、バッグにはちょっと足りないので。

後は成形です。じつは、ここからは一つ一つの作業を丁寧に進めるだけなので、気持ちはかなり楽になっています。洋服を作る時も裁ってしまえれば後は楽なのです。

f0367170_13170600.jpg

口にはマグホックを。それから、ショルダーストラップを付ける金具を付けて、ちょっと手で持てる(これは肩から下げたのを外している時、ひょいと持てると楽なので)革の持ち手を付けて…、細かな作業が続きます。

f0367170_13170740.jpg

最後に、Yせんせいが浅草の革やさんで貰ったという黒猫の革モチーフに目打ちで穴を空け、持ち手に掛けました。Yせんせいにも完成形をお見せしたくて、この記事を書いています。せんせいありがとう。
完成はこんな感じ。


f0367170_13170726.jpg

ストラップは取りはずし可。斜め掛けにも手持ちでも。中にはポケットが二つ、ひとつは仕切り付き。お納めする前に記念撮影しました。
大きな失敗がなくて良かった。新規のものは、極端に言えば、失敗してもまた材料を揃えてやりなおすという道があります。でも、リメイクはそれが不可能なので、本当に心してかかります。
ただし、バッグは「ここから」です。どんなに見た目が素敵でも、使い勝手が悪いものはどうしようもない、と思っています。力のかかる場所、ものを出し入れするときの具合い、使いやすいといい、と心から祈っています。
お役にたちますように。手も眼も不自由で、なかなか着々とはできないけれど、ひとつひとつ、何かを整えて、こしらえて、少しでも役に立ちたいと思っています。




[PR]
by tsunojirushi | 2016-12-21 13:52 | 縫いもの・拵えもの | Comments(4)

For Dear ムーンライダーズ

前項の楓が載っていたベレー帽。刺繍、できました。

f0367170_16404826.jpg

今日はこれをかぶって中野サンプラザでのライブに行ってきます。
「Don't trust over thirty」にクレジットされているmoonridersのアナグラム、E.D morrison。つづりが間違っていないといいが(汗)
元気がなくて、その前の眼科は挫折。いろんなことが辛い。でも、音楽(と猫)だけはこころの栄養。がんばって行ってきます。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-12-15 16:45 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

九品仏もみじ狩

笛袋のことを書こう書こうと思うのだが、しかし、これはたのしかったので書いておきたい。「しる・みる・つくる」という小冊子を一緒に作らせていただいているB先輩と、社員旅行(編集部二名・笑)として、九品仏の紅葉を観に行きました。
九品仏は世田谷の片田舎にあるお寺なのですが、けっこう古刹で、近年は紅葉の美しいお寺として人気があります。行ってみたらひとがいっぱいいて驚いた。でもね、


f0367170_13423438.jpg

f0367170_13423326.jpg

f0367170_13423537.jpg

綺麗でした。説明要りませんね、賑わってはいたけれど、木々はそんなことと関係なく冬空の中へ立っていて、静かに葉を揺らしていました。


f0367170_13464716.jpg

樹齢ン百年(←調べなさい)の大銀杏の木。もう終わり掛けでしたが、もうちょっと早く行くと。銀杏が拾えます。大好物。喘息出るのでちょっとしか食べませんが。
錦秋、と言いますが、ほんとうに。

f0367170_13423503.jpg

きれいでした。トンネルみたいになって。
皆さんは、遠くまでいろいろな紅葉を訪ねてゆかれるのかな。わたしは動きづらい事情がいろいろあるので、こんな風に近くで。でも、B先輩はすごく遠くからいらしてくださったので、まー、こんな世田谷くんだりまで…と感謝しております。
見終えて、D&Departmentstore 綴りがあってるかな へ行ってお茶飲みました。すんごい久しぶりに行きましたが、ちゃんとありました。←当たり前か

家のかえでも紅葉していて、毎日たくさん葉っぱが落ちます。日々、今年から導入した新兵器「捨楽」で掃除中。これね、指定ゴミ袋を取りつけて使えるちりとりのようなものなのですが、便利です(余談)。
掃除中、綺麗な葉っぱを見つけると、持ち帰って眺めています。撮ってみた。

f0367170_13423669.jpg

グラデーションが美しいです。下のグレイは、来週のムーンライダーズコンサートにかぶるため、これから刺繍する予定のベレー帽。こやぶ先生の言う「ベレー帽かぶってカプチーノ撮る女子」になってやるw

身近なちいさな紅葉も、いいものです。





[PR]
by tsunojirushi | 2016-12-10 13:57 | 日々の出来事 | Comments(2)

スイカペンギン修繕

リール式のパスケースは便利なのだが、そのリール部分が壊れます。愛用のペンギン、プチっと切れた糸がしゅるしゅると巻き込まれてなくなって、そして、ただのパスケースになった…。
そこで。思うんですね、やはり。いつものヤツを。
「これ、直らないかな…」
数年前、同様のご相談を受けたのですが、ひとさまのは、自信がなかったんです、その点、自分のなら失敗しても、まあ、諦めがつきます。
試しにやってみました。まず、なるべくピンポイントで当該部位を開腹し、内蔵されているリールを取り出す。

f0367170_19494082.jpg

開けてみたら仕組みがわかり、なんとかなりそうです。
そして、百円やさんで新しいリールを買ってきて埋め込む。百円やさんありがとう。新しい方がちょっと小ぶりですね。

f0367170_19494127.jpg

埋め込んだら、開腹した部分を針と糸で丁寧にかがって閉じる。このあたり、「わたし、失敗しないので」の気分でいます。そして、オペが終了すると、

f0367170_19494249.jpg

ちゃんと直った気がする。多少の傷みは仕方ない。私自身のあちこちのオペだって、どれも傷は少しは残っています。でも、多少なりとも機能が回復するならば。
機能。↓

f0367170_19494103.jpg

ちゃんと引っ張れます。そして、しゅるっと収まります。
メンテナンスして直せるところは直す。大事に使う。もとどおりにはならなくても、修理して工夫して使う。これでまた生きられる、ということが大事。と思っています。私もそうして生きています。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-12-07 20:02 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

冬のジャム

冬の入口は「りんごバタージャム」を作っていました。もともとは長野などの贅沢なジャム、でも、お高いので自作を試みる。
りんごは紅玉などのすっぱめ、堅めのものが良いけれど、何でも大丈夫。バターをひとかけ、お砂糖(何でもいい。グラニュー糖だと綺麗)、レモン汁少々で煮てゆくだけです。そこへ少し優しい味にするため、さつまいもを入れます。茨城のシルクスイートなんかですと最高です。

f0367170_23501892.jpg



f0367170_23501871.jpg


f0367170_23501194.jpg


詳しい作り方はクックパッド↓に上げましたらば、皆さんがご覧くださって、好きな方おいでなのだな、と思っています。日持ちはしませんが美味しいです。
→→→クックパッドに書いたレシピ

さて、本格的に寒くなると、今度は柚子のマーマレードをこしらえます。先週、丁(拙宅の猫)の故郷(お向かいのおうち。ここの縁の下に居た)のお宅が柚子を伐ってしまわれるとのことで、最後の実りをくださいました。

f0367170_23501933.jpg

立派な柚子。これを皮と袋と実と種に分けます。そして、皮は刻んで何回かゆでこぼして苦みを抜き、実(果汁)とお茶パックに入れた種と一緒に煮てゆきます。袋は今回は使いませんでした。最初の下処理がもっとも大変ですが、それができてしまえば、煮るのは簡単です。もとの柚自体には甘みがないので、好きな量のお砂糖で甘みを付けます。

f0367170_23501995.jpg

黄金色のマーマレードに。夏に拵える夏みかんや日向夏のマーマレードも美味しいですが、この柚子のマーマレードは何より香りが素敵です。完成したら、アツアツを煮沸した瓶に詰め、即座にひっくり返します。


f0367170_23501997.jpg

ここがジャム詰めの肝ですね。これをさらに瓶ごと煮沸すると完璧ですが、この方式でもほぼ大丈夫。冷蔵庫に入れなくてもかなりもちます。
柚子などジャム作りの愉しみは、最後にお鍋を洗ってそのお湯を飲むとき。ホット柚子をふうふう飲んでお疲れ様とします。あ、この瓶詰め三本分は、もとの柚で四つ分でした。けっこうできます。
ジャムなんて買ったらいいんじゃ?とは、贅沢なジャムを買える方の発想。自分で作るジャムのようなものを買おうとすると、べらぼうなお値段クラスになりますのでな…。果物の味がちゃんとするおいしいのを食べたい(しかもお金持ちでない)場合は、作るしかないのです。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-12-02 00:19 | 料理 | Comments(0)