横浜中華街

蒸篭、せいろと読みます。以前ここでも蒸篭普及記事を書いたのですが、さほど反応もなく。と申しますか、ブログ自体にさほど反応もなく。いえ、いいのです、どれかの記事を誰かが見つけ、微かに役に立ったなら…と書いていますので。のっけから脱線しますが、このブログを作った動機がそれです。今まで何か困った時、例えば、調理法のわからん食材が手に入ったとか、身の周りで「これ、どうしたらいいんだろう?」という時、助けになってくれたのは、「さまざまな方が書かれたブログ」だったから。いえ、私の知識や経験など取るに足らず、お世話になった方々には遠く及ばない。でも、それなりに経験することもある。こうして上げておけば、いつか誰かがそれを、私がそうであったように、参考になさるかもしれない。そう思ってのことでした。そうだといいなぁ。
脱線から戻る。
それでその、大好きで何十年も使っている「蒸篭(せいろ)」ですが、もう何代目かになります。お鍋は同じですが、春夏秋冬使う蒸篭は傷みます。で、ここのところ、使用中の二段ともだいぶおんぼろになったので、横浜中華街へ。ここの「照宝」さんという中華厨房器具やさんというのかな、で買っています。今はとこにでもあると思うのですが、最初にここで買ったので。サイズは18センチ。一番安いもの。お店には大小さまざま、ランク(材質が杉、ヒノキとお高くなってゆく)もさまざまな蒸篭がたくさん積まれています。いろいろとお店の人にお話を聞くのも楽しい。折しも連休で中華街はすごい人でした。が、調理器具を買う人はそんなにいないので、お店の中は比較的落ち着いていました。中華街、人が戻ってきたなー、という印象です。食べ物の安全性などが問題になった一時期、閑散としたことがありました。休日でも人がいなかった。今は信頼を取り戻し、にぎやかになりました。
照宝さんから、寄り道は「泰和商事」さんへ。台湾のお茶屋さんです。ここに、その昔、有名な看板猫さんが居ました。三毛の美人で23歳まで(私が知る限り)お店に居て、そのひとに会いたさに最初は行ったのです。ご高齢でストーブの前に寝ているか、或いは棚の奥に居るか、そんな風だったけど、会えるとうれしかった。写真を探してみよう。

f0367170_13071006.jpg

あった。暗いけど、箱に載っているメアリさん。最晩年の姿。撮影2013年でした。懐かしい…。
以来、彼女はもう亡くなったのですが、中華街にゆくと立ち寄ります。今回伺ったら、お店が模様替えされていて、こんな美味しそうなものが店頭にありました。

f0367170_12292130.jpg

おおお、これは飲んでみたい。買いました。台湾のデザート、愛玉子と書いておーぎょーちー、台湾に自生する植物の種から取り出す天然ペクチンですが、そのゼリー状の物を刻んで、レモンジュースに入れてあります。ぶっといストローで飲む。タピオカココナツ的な構造です。すんごく旨かった。手作りでおいしいんだ。おじさんがお店でせっせと作っておられました。写真撮っていいですか?とお尋ねして、お話を聞いたら(つい習い性で取材する)、この夏始めたのだそうで「大人気」とのこと。素晴らしい。どんどん宣伝してくださいとのことでしたので、誰も読まないブログですがwあげてみる。涼しくなったら終わっちゃうかなー、おススメです。是非。

買ってきた蒸篭。

f0367170_12371924.jpg

新品。蓋まで新調しちゃった。これでまた秋の食材、冬に向かって肉まんとか、たくさん蒸します。(後ろに写ったバッチいのが傷んだ先代)

チャイナタウン、子どもの頃から歩いている横浜の町は、なんとなく懐かしく、とくに中華街はあまり様子が変わらないので(横浜のそのほかは面影ゼロです)、ほっとします。メアリさんと一緒の国に逝ってしまったディヴィッド・ボウイの「チャイナ・ガール」も、この町となんとなく重ねて聴いたことを思い出します。昔は超絶技巧の布製品の宝庫でしたが、今は残念ながら技術の衰退を実感します。かつては、高価なものでなくても、パジャマの刺繍ひとつ、ビーズのカーディガンとか、そういうものまで凄かった。値段に見合わぬ正確さ、丁寧な手仕事でした。今は、汕頭の技術者がいないと聞きますが、さもありなん…と思うのです。中華街から「手仕事」は明らかに消えました。
経済経済、効率効率と言うけれど、ゆきすぎると文化が衰退する。そういうことに気付く人も少しずつ増えている昨今だとは思っていますが。
とまたしても脱線して終わる。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-09-26 13:08 | 美味しいもの | Comments(0)

地デジと蜂

今日はあれです、ハンドメイド・拵えもの一切関係なしです。でも、書いておきたいてんやわんや(死語)があって、ここに書くっ。
ここのところ、仕事が続き、さらに風邪気味なので、今日は丁とまったりしていようと思ったのに、(↓参考画像=「丁」)

f0367170_16113340.jpg

ピンポーンて作業着のおじさんがチームでやってきた。しかも、クレーン車みたいな車で。で、実は今日は庭の柿の木の「アシナガバチの巣」を撤去しに来ることになっていたので、それかと出たら、
「テレビのアナログアンテナ線を撤去に来ました」という。・・・聞いていない。でも、一応拙宅も地デジ対応はしている(と言ってもブラウン管テレビが使いたくて、レコーダで受信しているが)から、「了解しました。どうぞ。ただし蜂がいますから気を付けて」と取ってもらった。庭の真ん中を横切っていた線が無くなった。エナガが掴まってぷらんぷらんしていたからそれはちょっと残念。でもまぁ、すっきりした。
すっきりしたは良いが、おじさんに「テレビ映りますか~」と訊かれて点けたら、映らないっっっ。さー、大変だ。そして、おじさんたちから聞かされた経緯が以下。

その昔、この家の近所にマンションが建つことになった。それが東京タワーから来ていたテレビの電波を遮ることが分かったので、「建ててもいいけど、てっぺんにテレビアンテナを付けて、その受信をケーブルで電波の陰になる家々に流してね」ということにしたらしい。時は流れ――、陰になった家々の村人たち(お金持ち)は次第にケーブルテレビに入るやら、地デジ用のアンテナを建てるやら、一人また一人と、いつしかその「マンションが受信を分けてくれるケーブル=マンション線」に頼らなくなっていったとさ。しかしーー。
地デジから5年が経った今日、作業のおじさんたちは、まずマンションのアンテナを取り外した。そして、そこに繋がっている家々の「マンション線やアナログ線」を取って歩いたが、どこも問題はなかった。しかし、たった一軒、昭和そのものの平屋のこの家だけは、その「マンション線」にまだ頼っていたのだった・・・。
さて、困った。おじさんたちは思案した。一旦「明日アンテナ持ってきてあげるから、今日は地デジは諦めてちょ」と言われたのだが、その後、誰かがひらめいたらしい。「マンションで外してきたアンテナがここにある。これが使えるかもしれんっ」。

f0367170_16115027.jpg

彼らは再び動いた。そして、お古のアンテナを家庭用のポールに何とか無理やり取りつけた。「ちょっとテレビ点けてみてくださーい」 スイッチ・オン! おお、電波が!電波が届いたぞ!!
というわけで、総務省はああ言っているが、実は山間の地でなくても、地デジは映らない、ということが証明された事件でした。

そして、一時間後、やっと本番の「蜂駆除隊」が。でも、こちらは何だか天本英世さんをちっちゃくしたようなお爺さんで、どれですか、ああ、これですね、5分で取れます、これ(ちゃんと取れました書類)にサインしといて、じゃ、取りますから。って、脚立に乗って軍手の手でバリッと取って、終わりでした。えっ、終わり?
私「あの、蜂は…?」
ひでよ「いませんね」
この巣、そもそも私は全然知らず、登下校の小学生が見つけて意気揚々と先生に語り、先生は泡を食って区役所に「通報」という代物。住民そっちのけで、あれよあれよと駆除されることに。私は生き物が好きなので、蜂たちに避難勧告をしたい…とおもっていたくらいなので、いない(通報の時は居た。やはりテレパシーで危険を察知)と聞いて少しホッとしました。でも、ひでよがくださったパンフレットには、

f0367170_16125897.jpg

臭いが付いているとまた作る、と書いてある。軍手で取ってパンパンて払っただけでいいのかな・・・。しかも、パンフ渡しつつ、ひでよ「予防策これね。まぁ、あんまり効果ないですけどね」って、ひでよぉぉぉぉ。
拍子抜けするほど一瞬で蜂の巣取りが終わった雨の夕方、下校の小学生がさっき通って、
「どれどれ、蜂の巣の具合いを見て・・・」という声が聞こえたので、どうするかな、と耳をそばだてていたら、「あっ、ないっ。取られてるっ」って、だって君たちが先生に自慢したから取ることになったんだよ、君たちを刺したら困るから。だいたい「具合い」ってさw
子どもたちって、そんななんだよね。いいなぁ。

という、大変な今日でした。やっと落ち着いてコーヒーが飲めます。お客さんが怖い丁も、隠れ家(家内の某所)に入ったり出たりを繰り返していましたが、今はこれを書いているPCの前で一緒に居ます。丁、くたびれたねぇ…。はーー。

[PR]
by tsunojirushi | 2016-09-23 16:47 | 日々の出来事 | Comments(0)

辰巳レシピの紅生姜

書こう書こうとしていて遅れましたが紅生姜。新生姜の出ている時期、かつ、梅干しを干して梅酢ができた時期、につくる保存食です。名著「手しおにかけた私の料理」の中に書かれた作り方を参考にしています。皇太子さまが小さい頃にお気に入りで、皇后さまが作り方を尋ねられたというエピソードがあるらしい。すごい。というか、小さいのに味覚が渋くていらっしゃる。
さて、まず新生姜です。近江生姜といって売っていたりします。それをスプーンで皮をこそげます。まぁ、ある程度でOK。

f0367170_15141734.jpg

そしたら、切ってお塩を薄くまぶし、半日ほど陰干しに。途中一度、裏返しをします。これで少し水分が抜けます。

f0367170_15172500.jpg

外側の水分をペーパータオルなどで拭い、梅干しを漬けた時に出る梅酢に漬けます。「紅」生姜ですから、赤梅酢です。紫蘇を入れたもの。容器はかさばるのでジップロックなどでも大丈夫。そのまま、冷蔵庫で1週間から10日漬けこみます。
10日経ったら取り出して、今度は天日に干します。丸1日くらい。これも、裏返しをして、全体をお日様に当てます。

f0367170_15170041.jpg

この工程をあと一回くらい繰り返して、完成です。ものすごく丁寧にやりたい方は、先達がいろいろ書いてくださっているので、検索などかけてみてください。ただ、何しろ梅酢ひとつとっても、その方の漬ける梅干しの塩分などが違うので、しょっぱさがいろいろてす。どれが正解、ということではなく、こういうものは何度かやってみて、自分の好きな塩梅を見つけると申しますか、食材の様子を見て、味わってみて、いい具合のところを見つけていくという感じかと思います。少なくとも、材料が材料ですから、傷んだりすることはまずありませんし。(一応、作業の時は、器具と私の手をホワイトリカーで殺菌しますが)

最終、干しあがったら赤紫蘇と交互に瓶に詰めて保管します。食べる時は、紫蘇と一緒に(ここがこの紅生姜の美味しいポイントです)刻んで頂きます。

f0367170_15182656.jpg

ご飯がべらぼうに進みます。お弁当やお茶漬けや、お料理のアクセントにとても役立ちます。手間はかかりますが、ほんものの旨さです。

生姜を干した後の「生姜風味梅酢」は、ここは我流ですが、もったいないのでもう一回使います。大根を切って、漬けこんださくら大根。

f0367170_15185122.jpg

あと、↓これは今年やってみて美味しかった組み立て。釜揚げしらす丼ですが、大根おろしにこの紅生姜を混ぜ、それを味付けにのメインに。+お醤油をひとたらし。

f0367170_15192128.jpg


さっぱりしてとても美味しかったので。全材料は、下から、ごはん、バラ海苔、万能ねぎと青シソ刻み、釜揚げしらす、そして、この紅生姜おろし、です。
前述の本もそうですが、辰巳先生の美味しい手仕事はとても丁寧で手間がかかります。ここまではなかなかできない。でも、少しでも何か手作りをすることで得るものは大きいんじゃないかなぁ、と思っています。下ごしらえをこつこつやり、天気を睨み、ある道具で工夫をし、無い知恵を絞り、でも思い通りにはいかなかったりして、時間はかかるけど、脳みそをいろいろ使い、多くを学べる気がします、手仕事すると。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-09-19 15:30 | 料理 | Comments(0)

小さいバッグ試作

バッグのお仕立てのご依頼をだいぶ前に受けたのですが、元になる素材をお預かりしたのがプレッシャーになって(一点ものリユースのためゆめゆめ失敗できない)、なかなか進まずにいました。そこで「そうか!プロトタイプを作ればいいんだ!」と、作ってみました。「こんな形でいかがでしょう」という試作品・サンプルです。以前、笛の袋を縫わせていただいたときも、先に一つ作り、試着(笛が)してもらって微調整して本番(安心して縫える)を縫い、結局二つとも納品したんでした。

プロトタイプですから、基本的に在庫の生地などでまかなうのですが、まずはバッグのかなめ(と思っている)裏側を作ります。

f0367170_22452348.jpg

あまり布のデニムを裏づかい。そこへ、クッションカバーご依頼品の残り布でポケットをつけ、幅広ゴムでペン差しを付けます。反対側にはケータイポケットが二つ付いています。外側は黒に黒でプリントがしてある帆布みたいな生地です。これはワゴンセールの端切れを買いました。それに芯を貼って。表裏仕上げて成形したものがこれ。

f0367170_22511275.jpg

今回の試みとして、「小さいショルダーバッグだけど持ち手が付いている」という形にしたいので、しかし試作ですから百円屋さんで、小さなパチンと留める持ち手を買いました。それを付けて。本番はちゃんと革を縫い付けにする予定。


f0367170_22514313.jpg

ショルダーはこれは別のバッグ(トルコのお土産・左)用に作ったものを共用。Dカンだけ付けました。なのですが、どうもサイズの計算を間違えた。マチ巾を少し大きくした時に横幅を増やすのを忘れた…。ために、縦長になった。うーむ。正方形っぽいイメージだったのに。プロトタイプやり直しか。

裏側は、写真見えにくいですが、こんな感じ。

f0367170_22515804.jpg

バッグを作る時、この内側を計測して設計して作るのに実は一番時間がかかりますw ごちゃごちゃしない、ものが探しやすいカバンにしたいから。最近はケータイ、スイカ、とか、あとiPadとかですね、サイズを工夫します。オレンジの布にしたのはちょっとしたお守り気分。どこかがひっそりお揃い、って良いものですから。
それはいいけれど、サイズだよなぁ。うーむ、修正して、プロト第二号を作るかなぁ…。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-09-12 23:04 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

いちじくジャムの色

いちじくが庭でたくさん生りました。ちっちゃい実が少し大きくなって美味しそうになってくると、なななんと、ハクビシンが来ます。今年も来ました…。そこで慌てて収穫し(実を食べられることもですが、木を枯らしてしまうのです、乱暴なので)ジャムを煮ました(殿様が)。

f0367170_00235336.jpg


さて、この写真、左は頂きものなのです。先輩の旦那様が煮られたコンフィチュール。右が庭の無花果で作ったジャム。二つを見ていて「あれ」と思いました。色が違う。そういえば、昔から市販のにも、シックな色と赤いのとある。殿様調べによると、それはどうも、酸を加えるかどうか、らしいのでした。
なるほど。いちじくは、酸味のないジャムになります。それも美味しいのですが、パンにつけるにはちょっと酸味があった方が美味しい。そこで、ジャムを煮る時にレモン汁やクエン酸を入れています。クエン酸は匂いがないので、果物の香りを邪魔しません。それらがいちじくジャムを赤くしていたのですね。


f0367170_00240947.jpg


ふむ。ひとつ勉強。
頂いたほうはヨーグルトにぴったり、美味しかったです。ジャムは少し収穫しては作り、毎日朝ごはんに食べています。生の無花果はあんまり好きじゃないが、ジャムは好き。ジャムの中で好きな方に入るほど。年間通して、ジャムは自家製が多くて、冬はリンゴとさつまいも、レモンカード、春になると苺、日向夏や夏みかんのマーマレード、初夏からは梅ジャム、そして、この無花果。自家製のものを食べてしまうと、普通に売っているものは果物の風味が希薄な印象で物足りないのです。なるべく切らさないように何かしらをいつもグツグツしていますw

そうだ、もう一つ、切れると寂しい「パンのお供」はこれ。


f0367170_00443313.jpg


千葉県特産。もう、これを食べてしまうと、んもー、他のピーナッツバターじゃダメですーー。というくらい美味しいのです。これは現地の方からの頂きものです。私の病気の薬でもあり、ほんとうに有難い。心より感謝。ご馳走様です。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-09-09 00:47 | 料理 | Comments(0)

少し贅沢な食材いろいろ

京都のお土産頂きました。いつつじ(と読むのですね)のこぶ。京都の名店なんですね。調べました。

f0367170_01165797.jpg

すごい。いきなり紙袋。なんと美しい。先日の諏訪の塩羊羹といい。でも、実利としてもこの方が通気性良くて保存がきくのかも。これと一緒に長野県のお土産もいただきました。それが、先日自らが諏訪に行ったときに「欲しいな」と思い、しかし今家にいろいろと七味があるので我慢したもので、でも、これらいろいろをくださった方にはお土産として買ったんです。賢者の贈り物ののおはなしみたいにかぶりました。

f0367170_01171883.jpg

右のゆず七味です。ご存じ八幡屋礒五郎の。嬉しいなぁ。現地で見た缶のデザインもきれいでした。左はこれも初めてです。産地は諏訪と書いてある。どうやっていただくと美味しいのかな。
上のこぶは、せっかくなので水出しで出汁をとってから、山椒(春に収穫して茹で、冷凍しておいたもの)と炊きましたが、大変旨かった。昆布って善し悪しがあるのだ、と実感、おいしいこぶはお出汁具合もすごいが香りがまず違うんですねぇ。

もう一つ、数年来憧れていて、どうしても首都圏では買えなくて、最近とうとう枕崎から取り寄せた食材があります。

f0367170_01175095.jpg

新さつま節といって、なんといいましょう、乾ききっていない鰹節とでも言ったらいいでしょうか。ほぼ鰹節なのですが、ピーラーなどで削れるんです。知人から聞いて「食べてみたい」と数年来憧れていました。やっと食べてみた。


f0367170_01182523.jpg

これは真白という辛くない玉ねぎのオニオンスライスに載せたもの。どっちがメインだかわからんことになっていますが。この際、新さつま様がメインでOK。
美味しいです。カビ付けで出る旨みはないけれど、鰹自身の旨みと香りは十分。お魚を食べているようです。ピーマンを炒める時に入れたのも美味しかった。ベーコンのような感覚。簡易削り器で削りつつ、いろいろのっけて食べています。冷奴も旨い。
遠くの地から来た美味しいものを食べると、「北前船」を思い出します、北海道から美味しいものを満載して、とくに昆布なんかそうですね、金沢とか食いしん坊の国へ立ち寄って食文化を育てて行った。今は船でなくっても、こうしてお土産に頂いたり、楽天でぽちっとして食べられる。そして、いつかその地に行って食べてみたいなぁ、と夢想したりするのです。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-09-03 01:41 | 美味しいもの | Comments(2)