梅仕事も山場

梅雨が明け、かっと暑くなりました。6月からこちら、あちこちから集め、少しずつ漬けてきた梅をいよいよ干しています。ここまで長かった・・・。カビ生えそうになって入院(消毒したり煮沸したり冷蔵したりをこう呼んでいます)していた人たちもいましたし。



f0367170_00083531.jpg


私自身も入院はしないが今日は通院で、その間にお殿様がこつこつとすっかり並べてくれました。帰ってきたら、この壮観。
出所はさまざまです。まず棲んでいる家の庭の古木からわずかに獲れたもの、ご近所の友人のお庭から獲れたもの、自由農園という素敵な農園へ自転車で買いに行ったもの、それでも足りなくてスーパーで買ったもの。熟し方がいろいろなので、分けて漬けてゆきました。
美味しい梅干しの条件は、品種以前に「どこまで木の上で熟したか」だと思っています。ぽとりと自然に落ちたものを順に漬けてゆけば、それが理想。しかし、それはなかなかかないませんから、追熟しつつ塩梅して。
黄色くいい匂いのしてきた「樹上完熟」の梅は、輸送には向きません。すると自然、地産の梅を使うことになります。
仕事で「地木(じぼく)」ということを教わりました。地元で獲れた木材をその地で使うという、ベーシックな適材適所の考え方。梅にも、そんな面があるかもしれないな、なんて思っています。ブランドにこだわりすぎず、良いもの、フィットしたものを選ぶ感覚を持ちたいです。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-31 00:22 | 料理 | Comments(0)

季節の味

訪ねてくださる方があり、大したものもできないが、今だけのものをと「自家製ガリ」を作りました。


f0367170_13301255.jpg

今時分お店に並んでいる「近江生姜(新生姜)」を、皮をスプーンでこそげ、スライスして沸騰したお湯で茹でます。お湯を切ったら熱いうちに、梅酢で作った少し甘い漬け汁に漬けこみます。きっちり封をするので、差し上げたくせに味見をできない…。夜になってから自宅用のを食べてみたら、まぁまぁ大丈夫でした。
お寿司屋さんのガリよりは、甘さを控えて作ります。イメージとしては岩○の新生姜と中間くらいの味。漬け汁に使う梅酢は昨年梅干しを漬けた時にできたもの。今年のはやっと梅雨明けしたので、今日から干しています。

梅関連で、昨日はもう一つ。梅酒の梅パウンドケーキも焼きました。

f0367170_13355332.jpg

梅酒から引きあげた梅の実、そのまま召し上がる方もおいでですが、刻んでケーキに入れると美味しい。生地に混ぜて焼くと、最初はややカリッと固かった実がソフトになって柔らかなドライフルーツのような食感に。焼きあがったら梅酒とブランデーとキビ砂糖などで作ったシロップを塗ってしみこませます。しっとりとして、梅の香りが楽しいパウンドケーキです。これをどこで覚えたんだろう、とかんがえるに、なんと、子どもの頃に読んだ「すてきなあなたに」の中の文章でした。今や朝ドラのモデルとして人気の大橋さんの書かれたもの。何十年も経ってドラマを感慨深く見、その頃の憧れのケーキ(←子どもだったから)を焼いているわけです。
パウンドケーキとガリ、ってのもすごい組み合わせだが、お客様のお口に合ったかなぁ。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-29 13:47 | 料理 | Comments(2)

きれいな梱包テープ

梱包用の箱や封筒、使える限り、何度も、どこまでも、リユースします。シールを貼ったり、切って整えたり、いろいろして。なので、それに使えそうなものを百円屋さんで見つけると買ってきます。こんなテープがありました。


f0367170_18094789.jpg

夜の街並みの幅広セロテープ。なんか、イイ…。そもそも「風景柄」に弱い。傘で星空のとかあるでしょう、欲しいとうっかり思ってしまう。スカートの裾模様が景色になっていたりすると、似合いもしないのに欲しくなる。そういえば、鈴木慶一とムーンライダーズの名盤「火の玉ボーイ」のジャケットも街並みだ。イギリスの旧い陶器の「庭模様」のとかも、わしづかまれです。買えないけど。まあ、テープくらいなら良かろう。100円だし。

写真は、ヤフオクで落札してもらったものを送るのに、貼ったところ。ヤフオクなどのやり取りって割と事務的です。荷物も無言。たくさん取引をされる方は、いちいち大変でしょうからね。昔の人の私などは、買う時なども、けっこう交流したくなってしまうのですが、綺麗にスルーされています(笑)。自分が買ってもらったときは、すごーく嬉しいので、なるべく丁寧に包んで、お手紙を付けて送っています。これもご縁ですから。街並みテープの荷物が届いて、開けて、喜んでくれるといいなぁ、なんて思っています。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-27 18:28 | ちょっといい | Comments(0)

続・猫たちの首輪

猫用の手作り首輪のことを先日書きました。写真の整理をしていたら過去作品をいくつか見つけたので、記録用に載せてみます。


f0367170_23402921.jpg

これは昨年の夏の丁(名前です)用。上がボロボロになったもの(市販)。こうなってしまうんですよね、でも留め具はまだ使えます。で、その前の留め具(とってある)を使って、下のが新品(ベルト部分だけ)。マドラスチェックです。
この時のマキヲ(名前です)用が、色違いのマドラスチェックでした。↓


f0367170_23431935.jpg

どちらも服などを縫った残り。そこはないものあるもの精神ですから。マドラスチェックですと生地自体は薄いですが、芯を貼ると大抵の生地で縫えます。ただし、耐久性はやはりやや落ちます。
留め具だけ残ってしまう、という方はやはりいらして、↓この3本はご依頼でお作りしました。


f0367170_23454677.jpg

とっておかれてた留め具をお預かりして、その幅に合わせ、首のサイズにおおよそ合わせて。そして、お三方おいでになるので、それぞれの方の毛色に合わせて。ちなみに猫の首輪の留め具はどこかに引っかかったら、一定以上の荷重で外れるようになっています。首を絞めてしまうことを防ぐ仕様です。安全を期して、選ぶならこのタイプを、と思います。

↓これはオマケ。丁が今着けている物ですが、縫いあがって、「さ、できたよ」と呼んだら、何を思ったか「ガッ」と手が出ました。


f0367170_23501687.jpg

「はやくよこせ」なのか、「こんなもんつけるかいっ」なのか、よくわかりませんが、装着していただきました。旧いかのこのちりめんと藍色のグログランリボンのコンビ。今日もしています。






[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-21 23:55 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

これも自家製

私自身が買ったきゅうり種まキットは、とうとう芽が出なかったのですが(里子にあげたさきでは元気に出たからよし)、庭に殿様が植えた四川きゅうりは元気で、もう5、6本も獲れました。


f0367170_00013331.jpg


このきゅうりは実がしっかりとつまって固く、香りが良いのが特長だと思います。生でも美味しいですが、炒め物にも向きます。庭の草取りを少しして茗荷も獲れたので、これと一緒に豚肉と炒めました。ミニトマトもどんどん獲れて、食卓が夏らしくなっています。お弁当にも入れて。


f0367170_10482321.jpg

植物は凄い、といつも思います。無言なので目立ちませんが、何もないところから魔法のように花を咲かせ、実を生らす。大きな木々は何十年も、何百年もじっとそこに生きる。今年も庭の老木の梅を獲って(ほんのわずかでした)梅干しを仕込みましたが、この木にはほんとうに頭が下がります。くまんばちが棲んでいて、さるのこしかけができて、みんなを養いつつ、じっと生きています。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-20 00:09 | 植物 | Comments(0)

猫たちの首輪

拙宅の猫たちはふたりともマイクロチップを入れています。でも、伝統として、浅草で作る迷子札も着けています。お守りですから。それで、カラー(首輪)をするわけですが、けっこう傷みます。それも、留め具は無傷でベルト部分が擦り切れてしまう。もったいないので、「ないものあるもの精神」を発動して縫っています。きれはその時々にあまり布を使って。芯を貼ってボディを作り、それにリボンをたたいて仕上げるのですが、リボンの在庫がちょっとさびしくなっていたので、補充しました。

f0367170_22370999.jpg

なかなか5~6ミリのリボンは少ないので、今回は北海道のリボンやさんから。♪はーるばる来たぜリボンたち
それを縫いつけて、

f0367170_22392892.jpg



ベルト部分が縫いあがったら、留め具をリユースして、こんな感じに。


f0367170_22400533.jpg 

f0367170_22403370.jpg

夏なので、デニムの生地を使い、チェックのリボンにしてみました。革などに比べて肌当たりも柔らかいので、ストレスが少ないかな、と思っています。これでこの夏を過ごしてもらいます。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-17 22:44 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

蒸篭のススメ

料理サイトにも投稿したのですが、何しろ蒸篭が好きなのです。周囲にも熱く勧めるのですが、みな「置いとく場所がね」とか「めんどうくさい」とか言われてしまって!布教が一向に進みません(哀)。
それで、とうとう、全世界に向かって(大げさな)叫んでみることに。蒸篭はイイ!! 野菜が好きですが、蒸篭が一個あれば本当に美味しい蒸し野菜ができるのです。写真のこれは夏野菜いろいろですが、何でも美味しいのです。蕪とか小松菜とか白菜とかの葉物を冬は蒸して。もちろん、茶碗蒸しとか、肉まんあっためとか、お肉もお魚も何でも素材らしさを活かして調理できます。しかも、こうして蒸篭のまま食卓にも出せて、食器としても活躍してくれるんです!


f0367170_00434293.jpg


消耗品なので、もう何代目かのを使っていますが、最初に買ったのが横浜中華街の「照宝」さんだったので、その後も新調するたびに買いに行っています。「傷んじゃったので…」と買いに行くと必ず、「洗ったでしょ」ととがめられます。いや、まぁ…わかってますけど、やっぱりね、ウインナ↑とか入れますしね…となるのですが、お店の方は「洗っちゃダメ」なんです。洗うと傷む、と。要するに「水に浸けるな」ってことなんですよね。しかしなぁ…、日本人の感覚ですと、やっぱりさっとでも洗いたくなりますよね、で、ついつい。
湿っているとカビ生えたりもしますんで、わざときっちり重ねず、大雑把に積んで置いてあります。季節拘わらず夏も大活躍です。これからの季節はトウモロコシです。茹でたらお湯に溶け出てしまう旨みも、蒸しならまったく損なわれません。本当に美味しいんですよ!! 蒸篭は良いですよ!!←必死



[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-15 00:53 | 料理 | Comments(0)

着古した服は、好きだからこそ、もう少し着たい。そのお手伝いをさせてもらっています。洋服は全体に傷んでゆきますが、どうしても「当たる部分」というのはあって、そこだけ手当てをすれば、寿命が延びます。
過去例を。お仕事の先輩からのご依頼のシャツの手当てです。襟腰の部分が擦り切れてしまったシャツ、でも好きなので着たい、何とかなりませんか。と。シャツの襟は上に来ている表側がどうしても傷みます。しかし、襟はたいていの場合二重の袋になっていて、下になる裏側は無傷のことが多い。そこで、いったん襟を台襟からはずし、今まで裏側になっていたのをひっくり返して表として使い、裏は別の布にする、という方法をとりました。で、「古い襟の裏だったもの(おもて)+新しい布(うら)」で作りなおした襟を、再び台襟に付け直します。こんな感じになりました。

f0367170_19462168.jpg


おもてがギンガム的チェックでしたから、裏もギンガムに。ただし、細かなピンクにしました。そして、本来メンズのシャツでしたから普通のシャツ襟だったものを、角丸めの形にしています。実は襟の角がだいぶ擦り切れてしまっていたためです。そこを使えなくなったことを逆手にとって、ほんのり女性的に。


f0367170_19463651.jpg

こういうことになりました。全体に薄くなってはいますが、またいくつかの夏を一緒に過ごしていただいています。うれしい・・・と私が喜んでいます。(写真はこの時撮り忘れてしまって、持ち主さんが撮ってくださったものを拝借。)

直す(本来はこの漢字)ことが好きです。ただし、頼まれるものはすべてがいわば一点ものですから、時にはどうしたらいいか、と夜お布団に入ってもかんがえていたりします。手持ちのきれや材料、糸、それらをどう使うか、総動員して、無い知恵を絞ります。そして、思いついたときが気持ちがいい。物がきれいに直った時のなんといいましょうか達成感がいいのです。そして、元通りにはならなくても、少し別の魅力が加わるといい。そこのさじ加減が勝負どころです。
色々障害はある身ですが、手仕事がてきるうちは誰かの好きなものを「治し」て、寿命を延ばしていたい、と思っています。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-10 20:02 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

夏は「毬まる」ソフト

先日、急に暑い日があって、自転車に乗って尾山台まで。お目当ては毬まるのお砂糖を使っていないソフトクリームです。いつもはノーマルのを食べているのですが、同行者がこんなのを。

f0367170_14171636.jpg

ソフトクリームの下にあるのは、あんこ(メニュー上は「ぜんざい」)。栗一粒がアクセント。そして、黒蜜をかけて(画像かかり済み)頂きます。あんこを一口食べましたら、すごく美味しく炊けたあんこでした。ので、「自家製ですね」とお店の方に申しましたら、特別な小豆を取り寄せて炊かれているとのこと。そうでないと、ソフトの力に負けてしまうんだそうでした。納得。
この夏ふたたび食べたいくらい美味しかったのですが、問題がひとつ・・・。このメニュ、名前が「風のゆりかご」。いえ、とても素敵なネーミングだと思います。しかしながら、わたくしがいかついおっさんなので、これを口にするとすごく似合わない・・・。もごもご言ってごまかすか、あとは「あんこにのったのください」と言う(スターバックスで「いちばんちっちゃいの!」と堂々と言う方式応用)か、かなー。


[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-07 14:27 | 美味しいもの | Comments(0)

ウォールポケット

浴室の前の壁の前に洗濯物用のかごを置いていたら、そのかごで壁に傷が。何とか保護できないか、とかんがえ、最初は今流行の「リメイクシート」を貼るかな、と思ったけれど、どうも踏ん切りがつかず。面白いとは思うのだが、すごく好きか、と言われると、うー・・・ん、だった。そこで、「何か布をカーテンのように下げるか」と思いつき、さらに、それならちょっとだけ何か入れられるようにするか、と。

f0367170_23352475.jpg


上下は百円やさんで買った突っ張り棒です。ベースの布は生成りの綿キャンバスみたいな生地。そこへ枕カバーを縫ったはぎれでポケットを。あまり考え込まず、フリーハンドで縫って。たくさんのポケットを付けてしまうと形も崩れるし、どうしてもごちゃごちゃするので、ここでストップ。

f0367170_23353818.jpg

最初から想定していたのは「入浴剤(袋の)」。あとは、お風呂周りで使う小さなものをちょこっと仕舞っています。壁の保護と、ちょっとした収納と、なかなか便利。洗濯も利くし、どんなお宅でも使えるかな、とアップしてみました。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-07-06 23:42 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)