カテゴリ:音楽( 1 )

遠きにありて

台風や地震で生命や暮らしが失われたり、誰かが理不尽な目に遭っている事件や。ニュースのヘッドラインを見ると、実際はわりに追い詰められているとしても自分はまだ呑気なのだ、と思います。特にここに書くのは「辛うじて出来たこと」のみ。だから、猶更ですね。今は北海道が大変ですが、さきの熊本の地震で友人が被災しました。ご本人はご無事ですが、家は修理補強をしないとならず、順番を待って今直しているところだそうです。
わたくしなどは、何もしない薄情な知り合いで、それでも何かできないかと訊いたら、拙宅の猫たちの姿を見たいと言ってもらえました。これはもちろん、私に能力が乏しいことを慮って、こちらの気持ちを楽にしてくださる配慮だったでしょう。メールを送りつけるのはうるさいでしょうからと、生涯初のブログ(猫版)を四苦八苦してアップしました。そして、それが、こちらのブログを作る手掛かりにもなりました。結果的に私は助けてもらっただけのような気がしています。
その友人に頂きものをしたので、返礼に私の美味しいと思うレトルトカレーを一個(え)送り、それだけではなんですから、ひとつ、オマケを作りました。


f0367170_13254598.jpg

見よ、枕カバー以外もできるのだぞ。とこれっぽっちで威張っていますが、既に反省点もあり。ブレスレットは着けにくいのでマグネットクラスプを使ったのですが、テグスに直に付けるのも、とボールチップをかましたんですね。そしたらボールチップを引き付けてしまうんです、マグネットが。で、金具部分がヨロッとした形になってしまう。これ皆さんどうしているんだろう、ググったけれどわからなかったです。うーん…。と言いつつ送ったんですけども。左は自分用に作った試作品。右のピンクでかわいいのが熊本に行ったもの。遠くに行ってしまうので、手元にあるうちに記念撮影。もうじき届くかな…。

下に置いたCDは、高校時代にもっともよく聴いたアルバム。老人ですからもちろん当時はLP。このアルバムでハーモニカの魔術師、トゥーツ・シールマンスを知りました。素晴らしいソロが収められています。亡くなられた報を聞き、独り追悼でこれを聴いていて近くにあったのです。今回計算してみたら、この時トゥーツ氏50代。そこから更につい先年まで現役で活躍しておられたのですから、すごい息の長さです。初めて耳にする曲でも、彼の演奏は判ります。何かが決定的に違う。ムーンライダーズ武川氏のバイオリンもそうですが、誰と演奏していても「おや」と心惹かれるのです。それは何でしょうね、魅力的な「語り口」とでもいうのか。楽器で語るその口調がそのひと、なんですよね。
人もすべての生き物も必ず死ぬけれど、奏でたメロディはずっと残る。それは宝石のようだな…、と、眩しく思います。遠く離れた国にであっても、トゥーツ氏が同じ時代に生きていてくれたことに感謝。

<追記>
こんな↑ことを書いていて夜になって、そしたらちょうど熊本から「ありがとー」と連絡が来てLINEでお話している最中にあちらに大きな地震が来ました。油断できない。やっぱりまだまだ大変なんだよ、とつくづく思っています。大過ありませんように(祈)。



[PR]
by tsunojirushi | 2016-08-31 13:44 | 音楽 | Comments(0)