お届けと自家製おせち

30日に母からのギフト、お届けおせちが来る。

f0367170_20021716.jpg


おおお。
開けますと、

f0367170_20021730.jpg


40×30くらいの重箱様のものに詰まっている。
三越で頼んだらしい。

f0367170_20021738.jpg



すべてが、しんごじらのように凍り付いている(再)。
「室温で16時間かけて解凍すべし」とのこと。
玄関の10℃くらいのとこへ置いておいた。
(うちの極小冷蔵庫には入らないので他の選択肢なし)

元旦。

f0367170_20021810.jpg



(蓋を)あけましておめでとうございます。
いろいろ詰まっているなぁ。なま物から煮ものまで。
ひとつひとつ勉強しつつ食べました。
かんがえてみたら、母と私の作以外のおせちを
食べたことがない。
ただ、冷凍ってやはり、向かないものもあって、
そこが「お届け」の限界のようにも思いました。
近所のお店から、とかがいいのかもしれないですね。
でも、親の愛なので、有難くいただきました。

例年のお雑煮と、好きなものだけ作ったのを
例年のきりだめに詰めて。一番チビを1個だけ。

f0367170_20021645.jpg



こぶまきは生協さん。これ美味しかった。
赤いぐるぐる蒲鉾は、秘密のT邸のTさんがくれた。
金沢の。そうそう、これ、金沢でお蕎麦食べると
とろろこぶと一緒に入ってるよね。

お返しに、今年もTさんへ少しずつ詰めて、

f0367170_20021756.jpg


お届けに行きました。年始のご挨拶。
元気がなくて、使い過ぎて手も痛いので、
今日はそれだけ。テレビ観てました。
「ハルさん」、「池の水」、「Youは何しに」
と観て、夜は「相棒」観るぞ。

今年も
宜しくお願いいたします。












第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
Commented by nen at 2018-01-03 09:39 x
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
さっきNHKで、東京医科歯科大でリウマチに効果的な注射があると、タモリの番組でやってました。
Commented by tsunojirushi at 2018-01-03 15:00
> nenさん。
明けましておめでとうございます。手帳ありがとうございました。

おお。見ていませんが、気になります。ちょっと調べてみます。
お気に掛けてくださってありがとうございます。

Commented by nen at 2018-01-03 15:53 x
アドレスを貼ろうとしたら、禁止されてる項目があって、こちらに貼れませんでした。
NHK、タモリ、リウマチ、特効薬で出てきますよ。

Commented by tsunojirushi at 2018-01-03 18:11
> nenさん。
度々、ありがとうございます。感謝感謝。
探してみますね。
Commented by tsunojirushi at 2018-01-03 19:17
> nenさん。
再び。
検索したところ、昨年9月30日の番組らしきものが出ました。これに出てくる生物学的製剤のことでしょうか。私が使っているエンブレルもこれに含まれますが、確かにこれで私は救われました。今や、その生物学的製剤にも7~8種類の選択肢がある状況になりました。10年前とは劇的に変化しましたね。ひとつが効かなくなった場合、別の生物学的製剤へ移行する人も多いです。

なかなかステロイドと縁が切れず、そのために私は片目になりました。もっと早く、新薬を使っていたら違ったのか、指の関節も捨てずに済んだかもしれない。いろいろ考えます。
でもねぇ、わたしなりに、その時選べることをしてきた、とも思うんです。たらればのことを云っても仕方ないですものね。もう人生はそんなに残っていない、何を直し、どう生きるのか、どう生きられるのか、日々かんがえて暮らしています。

nenさんのように、関心を寄せ、気遣ってくださる方がいてくれることは、支えになります。ひとを助けるのに、相手の身にならないであれこれしても、それは実は助けにならない。めんどうでも、相手を「知ろうとする」ことからだろうなぁ、と思い、自分もそうありたいと思います。
ありがとうございます。
Commented by nen at 2018-01-05 11:33 x
お正月に再放送のヤツを見ました。
細胞同士がネットワークで繋がっていて、1つの細胞が誤った認識すると、その情報がみんな伝わって行くそうです。
リウマチも敵と誤認識するのをやってました。
IPSの山中さんは、もともと整形外科の医者で、リウマチの患者さんに対し、無力で
何か方法はないかと、研究者になったと言ってました。
原因がわかれば対処方法もできてくる可能性が高いですよね。
Commented by tsunojirushi at 2018-01-05 12:39
> nenさん。
ありがとうございます。丁寧にコメントを。

山中さんがリウマチ医だったことは存じ上げてます。誤認の連鎖、興味深いですね。いつも、自分の身体なのに、何で間違えちゃうかなあ…って思います。

まさにおっしゃる通りです。ここ十数年でいわゆる「高度な対症療法」は進みました。でも、何しろ、大元の原因がまだ分からない。それが分からないうちはどうしても副作用の代償も大きいですし、本当の解決にはなりません。

ありがとうございます。理解のないひと、興味も持たないで頑張れという人、面倒な部分はスルーの人、いろんな人がいるけれど、
nenさんのような方もいてくださる。
私も誰かのハンディキャップや病について、その姿勢や優しさを見習いたいと思います。

今日は手の外科の診察です。応援を支えに、頑張って行ってきます。
by tsunojirushi | 2018-01-01 20:17 | 日々の出来事 | Comments(7)