ストーブ始めました

B先輩が仏壇スイーツ持ってお見舞いくださった日は、
小康だったのに、また寝ました・・・。
今日はまあまあ。
なので縦になってすこしずついろいろやっています。

ずいぶん寒くなったので、ストーブ出しました。

f0367170_14204606.jpg



これはうちの大きい方。東北の震災後買いました。
それまでは、ファンヒータだったけれど、電気が要る。
風が出るのも苦手でした。(頭洗ったときドライヤーにできるけど)
それでストーブに。メーカの建前では「お鍋など載せてはダメ」
なのだけど。明らかに建前な気がする・・・。
さっそく、リンゴジャムを煮ているの図です。
(普段は下に下ろしてある薬缶がかかっています)
ストーブはやっぱりあったかいですねぇ。
ぐわいわるいので、あったかくした部屋で寝ていました。

手の腫れや痛みと相談しつつ、こんなのを編む。

f0367170_14204615.jpg



どんぐり帽子のてっぺん、まだスタートしたばかり(汗)。
むうさんとコメントでお話していて「やってみよう」
となったのに、お上手なのでとっくにいくつも編まれてた!
しかも可愛かった! 
翻って私は、片目をしょぼしょぼさせつつ、
えーと…とか言いつつ、
ちみちみと進んでいます。これがわたくしの大きな頭を
覆えるようになるのは、いつなのか・・・?
(OLのか…??)


[PR]
# by tsunojirushi | 2017-11-24 14:31 | 日々の出来事 | Comments(2)

お茶菓子

B先輩がお見舞いに(リフォーム依頼のおズボーンも持って)
いらしてくださいました。お土産は、

仏壇スイーツ!

f0367170_15182749.jpg



熊本のお友達から教わったネーミング(概念)なのですが、
つまり、
「おばあちゃんちで仏間のお炬燵の上に用意されてそうなお菓子」
ということになりましょうか。面白いです。
今回のはその中でも少し渋め。先輩曰く、
「ルマンドとかホワイトロリータも買いたかったけど見つからなくて」
先輩、それは今日び、ひゃくえんやさんにあるのです…。
猫ブログの方に書きましたが、熊本からも、現地名物の
「奉天(梅鉢)」とか、「くろぼう」とか、送っていただきました。
熊本ではチロリアンなんかも仏壇カテゴリらしいですw
東京だと、雷おこしとか、ゴーフルとかかな。

返礼に、殿様事務所のSちゃんが、
「清水ジャンプで本門寺で買った」(どこなんだ・笑)
という贅沢な羊羹を「薄く」切って(ケチ)お出ししました。

f0367170_15182848.jpg


f0367170_15182883.jpg



テレビなどで観ていましたが、初めていただきました。
改めて調べましたら、ひと棹・2しぇんえんもするぅぅぅぅ。
ラム酒の香り、フルーツがしっとりと柔らかく薫り高く、
これ、おいしいんです。わたしはかなり好きでした。
お茶よりはコーヒーが合うお味です。
滅多に頂けない都会の高級品の味だなー。

皆さまのご厚情、誠にご馳走様です。先輩、遠くからすみません。

↓これはおまけ。こないだうち、殿様がくれた大福。

f0367170_15182872.jpg



箱が綺麗だったので撮影しました。
夕方になると、ちゃんと固くなる大福でした。無添加ですね。
あんこはうちのスイーツ男子・丁にあげました。

子供の頃はおかずの甘酢あんの「甘」すら嫌で、
何しろ甘いものが苦手でした。今もそんなに好きではないけれど、
↑これら、甘いものを愉しめるようになったのは、年取ってからです。
かくて、このようなデブになりました・・・。





[PR]
# by tsunojirushi | 2017-11-22 15:41 | 美味しいもの | Comments(3)

看護猫

どうもすっきりしないまま、しかし、仕事は〆切で、
頑張ってPC前に座るのに、爪を切ってみたり、
ブログ書いてみたり、・・・という・・・。
(これから書きます・・・)←ちっちゃい声

寝てばかりいた先週は、丁も看病。

f0367170_13255678.jpg



見守り。(見下してるけど)
つくづくおもしろい柄だけどさ。病床の慰安だね。
(布団の中から撮りました)

お布団に入って、せめて、と仕事の本を読んでいると

f0367170_13255647.jpg



f0367170_13255602.jpg



「ボキがあっためてあげましょう」と
横に入ってゴォォォォーって体温カイロしてくれます。
いや、自分があたたまっています。寒がりなんで。
お年寄りならケアが必要ですが、まだ彼はちゃんちゃいなので、
そんなには甘やかしません。中性脂肪高めなんだし。
代謝を上げるとか、自前の皮下脂肪でもって、
寒さを乗り切ってください。

とはいえ、急に寒くなったんです、東京。
今朝、3℃でした。年末並です。
いや、北国の方々はもっとですよね、恐縮です。



(追記)
今書き終わって、
あっちのブログとこっちと今日は
丁特集だな、とおもっていたら、
本猫が来た! 野生の勘だね。




[PR]
# by tsunojirushi | 2017-11-20 13:35 | | Comments(0)

まだ一進一退しています。風邪ではあるようなのですが。むむ。

寒くなってきたので、昨年はあまり使わなかったマフラ、
出して巻きました(出やすいところにあった)。

f0367170_15551958.jpg



すごい安物なのですが、写真で気に入り、ネットで買ったら

f0367170_15551986.jpg


届いた送り状が、ば、バルセロナ!?

f0367170_16163004.jpg



地球の裏側から来たんですよ。え、そのお代は??
繰り返しますが、アクリルの安物です。
虫が食わなくって、鼻垂らしても洗えて、気軽でいいです。
しかし、流通って、過剰に進化していないでしょうか…。
昔々、LLBEANをメイン州から買うと、延々
数か月かかって船で来ました。でも、それで良かった。
生命にかかわるような急ぐものと、そうでないものを
区別する必要があるのではないか、とかんがえます。

巻きもの好きです。コートなど大きなものは簡単には
買い替えられないから、何十年も着ますが、巻きものくらいは。
数年前に、横須賀のダイソーで出来心で買ったウールの糸。

f0367170_15562345.jpg


なんとなく編んでみたら、一目ゴム編み・幅20センチで、
ひと玉でたった10センチというべらぼうな燃費の悪さ!
しかし、編みたくなったので方々の店を探す。
そして、とうとう、別注で取り寄せる。
ダイソー様って、大量だと取り寄せてくれます。

f0367170_15562404.jpg


こんなしてお店に来ました(記念撮影)。
三串村では書いたので、ご存じの方もおいでなのですが。
一目ゴム編みで編んで、問題は、ゴム編み止めだ…。
子供の頃から、こいつが致命的に下手なのです。
どうしても、構造を理解できない。そこで、
キンドル君(初代だ…懐かしい)で止め方を調べ、

f0367170_15562451.jpg



首っ引きで何とか止める。お裁縫や編み物については、
インターネットの恩恵って凄いです。本当に助けになる。
世界中の達人が教えてくれるんですからね。

f0367170_15562381.jpg


燃費が悪いだけあって、ものすごくあったかいマフラが
編みあがりました。これは昨年です。
屋内で外したとき用に「収納用バッグ」が要る感じです。
今年も巻きます。



[PR]
# by tsunojirushi | 2017-11-19 16:22 | 縫いもの・拵えもの | Comments(0)

キタノカオリでパンを

ポリパンの存在を人気ブロガーさまの記事で知り、
真似して焼いたのですが、一回目は失敗。
どうも、今までずっと高加水の生地しか扱っていないので、
固い生地が(とりわけ)下手なのです。
二度目は、親しんでいる水の量にして、
リュスティック風「搗きたて餅」状態の生地にしたら、
なんとかなりました。

f0367170_20371754.jpg



二次発酵の段階。切れ目は「これにぶどう入れた」の目印のはずが、
間違える…(意味なし)。おかしいなぁ…。
組み立ては、
キタノカオリ130g(2g程度の花藻塩)、
牛乳とお湯で「ぬるま水分約90cc(ここに2tspの花見糖、2.5gのサフを溶かす)」、
これで若干こねて、今回は寒いので炊飯器(パン発酵モード)で一次発酵、
2時間くらい(2度ほどパンチを入れて)かけました。
ペンチタイムを少々取り、4つに切って半分にぶどうを入れて丸めたのが上の状態。
これで、3~40分二次発酵。
230度で予熱したオーブンで、200度(水分が多いので高め)で14、5分焼きました。
自分メモです。


f0367170_20371744.jpg



焼き上がり。中までちゃんと焼けて(小さく丸める効能を実感)
ふんわりとは焼けました。でも…、あまり焼き伸びはしなかった。


f0367170_20371778.jpg


こんな感じ。ちゃんとある程度こねたパンって、きめ細かくなりますね。
(切り込み入りなのにぶどうがいないことにご注目を)

f0367170_20371772.jpg


おいしくないことはないのです。でも、なんというか、
せっかく自分で作るのに、つまんないパンなんですよね…。うまく言えないのですが。
キタノカオリはこれで、全部焼いたことになります。500g買いました。

ちなみに、今までは、大きく焼いていたので、

f0367170_20371249.jpg


こんなのとか。切ると、↓こんな感じ。

f0367170_20371264.jpg


↑これはちょっと、内部の焼成が足りない。
またある時は、

f0367170_20371200.jpg



こんな。へんなとこがバックリ来て奇妙な形に…。
理想はライ麦を混ぜて、高加水、大きな気泡でばっくり、
焦げていて、割るともっちり、というパンなのですが、
なかなか思い通りに焼けません。
今までも、準強力粉にしたり、モルトを入れたり
ビタミンCを入れたり、あれこれ工夫をしたのですが。
また、粉を替えてみたりして、もっと
精進したいと思っています。

ポリパンの正しい配合も、コメントで教えて頂いたので、
次はそれもやってみようと思っています。
普段、油を入れたパンを焼かないので、それも挑戦です。
ご教授をありがとうございます。






[PR]
# by tsunojirushi | 2017-11-17 21:07 | 料理 | Comments(4)